バドラ


Bhadra

その他の使用法については、Bhadraを参照してください でヒンドゥー教、言葉Bhadraは(さえクリシュナの妻ではありませんスーリヤの子と混同しないように)複数の神々を参照する-の妻Kuberaを、チャンドラの娘、クリシュナの妻、山、とコンパニオン(Ashtanayika)女神ドゥルガーの。

コンテンツ
1 クベーラの妻
2 チャンドラの娘
3 クリシュナの妻
4 ヴシタズワの妻
5 参考文献

クベーラの妻

  クベーラと彼の妻、バドラ、サティに贈り物を贈る
BhadraもYakshi、Chhavi、Riddhi、Manorama、と呼ばれる Nidhi、 Sahadevi とKuberiは、半神の妻、として記述、auspiciousnessのの女神であるKubera。彼女は村という名前のアスラの娘でした。バドラとクベーラには、ナラクーバラ、マニグリバ、マユラジャという3人の息子と、ミナクシという娘がいました。後後、彼女は彼女の夫とアルカプリに移動ラーヴァナが侵入し、現在の日であるスリランカ、キャプチャスリランカを。

チャンドラの娘
別の説明では、バドラはチャンドラの娘であり、ウタシアという名の賢人と結婚していました。かつて彼女に夢中だったヴァルナ神は、ウタシアの庵から彼女を運び去り、彼女を連れ戻すために送られたナラダに彼女をあきらめませんでした。ウタシアは大いに激怒し、海を一杯飲みましたが、それでもヴァルナは彼女を手放しませんでした。ウタシアの望みで、ヴァルナの湖は干上がり、海は一掃されました。聖人はそれから国々と川に自分自身を呼びかけました:-「サラスワティ、砂漠に姿を消し、彼らによって捨てられたこの土地を不純にする」。「国が干上がった後、ヴァルナはウタシアに身を投じてバドラを連れ戻した。賢人は彼女を取り戻すことを喜んでおり、世界とヴァルナの両方を彼らの苦しみから解放した。」

クリシュナの妻
バードラ(クリシュナの妻)
バーガヴァタプラーナによれば、バドラはヒンドゥー教の神クリシュナの8人の主要な女王妃であるアシュタブハリヤの1人です。彼女はバガヴァタプラーナでクリシュナの8番目の妻であると名付けられ、彼の十字(平行ではない)いとこ(母親は父親の姉妹)であると特定されています。Vishnu PuranaとHarivamsaは、彼女を「Dhrishtaketuの娘」または「Kekeyaの王女」と呼んでいます。

ヴシタズワの妻
バドラ(またはヴァドラ)はカクシヴァトの娘であり、プル王ヴィシタスワの妻でした。彼女の夫が息子を残さずに死んだとき、彼女は死の地に彼女の夫に従うために自分自身を殺すつもりでした。しかし、この瞬間、月の8日目と14日目に夫の死体と性交するという肉体的な声が彼女に言われました。彼女は指導に従い、月経随伴性気管炎の後、死体と性交しました。その結果、7人の息子(4人のマドラスと3人のサルワス)が生まれました。

参考文献
^ Gopal、Madan(1990)。KSゴータム(編)。時代を超えたインド。インド政府情報放送省出版課。NS。 75。OCLC  500185831。 ^ 1)Bangala Bhasar Abhidhaan(ベンガル語辞書)Shishu Sahitya Samsad Pvt Ltd. 32A、APC Road、Kolakata – 700009、Volume 1、p.151。(1994年版) ^ マノラマイヤーブック(ベンガル語版)Malyala ManoramaPvt。Ltd.、32A、APC Road、Kolkata- 700 009(ed.2012)、p.153 ^ 「アーカイブされたコピー」。2012年11月7日にオリジナルからアーカイブされました。 ^ Brahmavaivarta Purana Brahma Khanda(Khanda I)第5章62節、Shantiral Nagar Parimal Publicationsによる英語翻訳リンク: https://archive.org/details/brahma-vaivarta-purana-all-four-kandas-english-translation ^ Devdutt Pattanaikの7つの神の秘密、第5章。ラクシュミの秘密Page 180 ^ Padma Purana Srishti Khanda First Canto Chapter 5.Verse 15、English translation by Motilal Bansaridas Publications Book 1 Page 41、Link: https://archive.org/details/PadmaPuranaVol05BhumiAndPatalaKhandaPages15651937ENGMotilalBanarsidass1990_201901/Padma-Purana%20Vol-01 -Khanda%20-%20pages%201-423%20ENG%20Motilal%20Banarsidass%201988 ^ ダニエルー、アラン(1964)。「富の主、クベーラ」。インドの神話と神々。内なる伝統/ベア&カンパニー。pp。135–7。 ^ Wilkins、WJ(1990)。ヒンドゥー教の神話、ヴェーダとプラーナ。神聖なテキストのアーカイブ。pp。388–93。
ISBN 1-4021-9308-4。  ^ Knapp、Stephen(2005)。ヒンドゥー教の中心:自由、エンパワーメント、イルミネーションへの東の道。iUniverse。pp。192–3。
ISBN 0-595-79779-2。  ^ 「プラーナ百科事典:叙事詩とプラーナ文献を特に参照した包括的な辞書」。1975年。
^ Dalal、Roshen(2010)。ヒンドゥー教:アルファベット順のガイド。ペンギンブックスインド。ISBN  978-0-14-341421-6。”