C-22_process

1956年にコダックによって導入された C-22は、カラーフィルムを開発するための廃止されたプロセスであり、1972年に110フィルムを発売し、1974年に他のすべてのフォーマットでC-41プロセスに取って代わられました。
フィルム材料の現像は約75°F(24°C)の温度で行われるため、このプロセスは、100°F(38°C)の温度を使用する最新のC-41プロセスと互換性がありません。C-22は、発色剤4を使用するC-41とは異なり、発色剤3を使用します。
このプロセスを必要とする最も一般的なフィルムはKodacolor-Xです。
C-22フィルムは(2020年現在)白黒で現像できます。
参考文献
^ 「コダックカメラフィルム」。 ^ 「C-22フィルムと白黒処理–アナログ研究所」。
^ 「Kodacolor-X35mmフィルムカートリッジおよびボックス」。
外部リンク
プロセスC-22を必要とする写真フィルムの処理を提供するラボ:
Ag PhotoLabバーミンガム英国。英国および国際的な注文
Rapid Photo Imaging Center Inc. International、米国
フィルムレスキューインターナショナルインターナショナル
エクスプレスフォト米国カンザスシティ
Stub icon  
この写真関連

投稿日:
カテゴリー: C