C-36_(cipher_machine)

C-35とC-36は、スウェーデンの暗号研究が設計した暗号機だったボリス・ハーゲリン1930年代に。これらは、ピンアンドラグメカニズムを備えたHagelinの最初の暗号マシンでした。同じシリーズの後のマシンであるC-38は、米国海軍によってCSP-1500に指定され、米軍によってM-209に指定されました。
ブレッチリーパーク博物館に展示されているC-36 。
1934年、フランス軍はハゲリンに印刷用のポケットサイズの暗号機を設計するよう依頼しました。Hagelinは、ポケットに収まる機械の寸法の輪郭を描くために木片を彫りました。彼は、3年前の以前の発明の1つである自動販売機で使用するために設計された追加デバイスを採用し、それを以前の暗号化マシン(B-21)の風車メカニズムと組み合わせました。フランス人は1935年に5,000を注文しました。イタリアとアメリカはマシンを拒否しましたが、どちらも後でM-209 / C-38を使用することになりました。完全に機械的なC-35マシンは、6×4.5×2インチで、重量は3ポンド未満でした。
改訂されたマシンであるC-36はC-35と似ていましたが、バーのラグの分布が異なっていました。1937年10月にテスト用に6台のC-36マシンがスウェーデン海軍によって購入されました。両方のマシンには、17、19、21、23、および25ピンの5つのピンホイールがあり、それぞれ個別に設定可能で、マシンの最大期間は3,900,225でした。C-362リビジョンには、他のいくつかの改善が含まれていました。特に、固定ではなく可動ラグが含まれていました。
1つのバリアントでは、通常のラテンアルファベットではなく、風車にタイ語のアルファベットがありました。
参考文献
TorbjörnAndersson、The Hagelin C-35 / C-36、、2005年11月15日検索。
Boris CW Hagelin、The Story of the Hagelin Cryptos、Cryptologia、18(3)、1994年7月、204〜242ページ。
David Kahn、The Codebreakers、1967年、第2版、1996年、第13章、pp426–427。
2005年にブレッチリーパーク博物館で開催されたエニグマアンドフレンズの展示にあるC-36マシンの不明な情報カード。
^ Jerry Proc、Hagelin C-362、 、
参考文献
CA Deavours、部分キーを使用したC-35テキストの解決、Cryptologia、14(2)、1990年4月pp162–168。

投稿日:
カテゴリー: C