C-41_process

 「C-41プロセス」  
C-41は、1972年にコダックによって導入された発色 カラープリントフィルム現像プロセスであり、C-22プロセスに取って代わります。C-41は、富士のCN-16、コニカのCNK-4、AGFAのAP-70とも呼ばれ、最も人気のあるフィルムプロセスであり、ほとんどの写真仕上げラボでは、この開発プロセスに少なくとも1台のマシンを使用しています。
処理されたC-41ネガは、すべてのカラーフィルムと同様に、染料で形成された画像で構成されます。染料は長期間不安定であるため、C-41ネガは時間の経過とともに色あせたり色が変化したりする可能性がこれは初期の映画では重大な問題でした。新しい映画がアーカイブであるかどうかは、いくつかの議論の対象です。
内容
1 フィルム層
2 処理する
3 増感処理
4 ネガティブ
5 黒と白の使用
5.1 C-41「発色性」白黒フィルム 5.2 伝統的な白黒フィルム
6 クロスプロセス
7 も参照してください
8 参考文献
9 外部リンク
フィルム層
Diagram of FujiColor Supreria C-41 film   FujiColor Superiaは、C-41プロセスフィルムの一例です。この図は、富士フイルムがこのフィルムに選択したレイヤーを
示しています。ハレーション防止層に注意してください C-41フィルムは、アセテートまたはポリエステルフィルムベースで構成され、その上に複数の乳剤がコーティングされています。各レイヤーは、特定の色の可視光にのみ敏感です。古典的な実例では、3つの乳剤が1つは赤に敏感で、もう1つは緑に敏感で、上部は青に敏感です。青い層の下には、染料またはコロイド銀で構成された黄色のフィルターがすべての銀ベースの写真乳剤は、他のどの色に増感されるかに関係なく、青色光に対してある程度の感度がこのフィルター層は、その下の層を露出させる青色光を除去するのに役立ちます。青に敏感な層と黄色のフィルターの下には、緑と赤の敏感な層が
上で概説した実例は、層の数に関して実際のフィルムの設計とは異なります。ほとんどすべてのC-41フィルムには、各色に敏感な複数の層が含まれています。これらの各レイヤーには異なる速度とコントラストの特性があり、フィルムをより広い範囲の照明条件で正しく露光することができます。
複数の乳剤層に加えて、実際のフィルムには、光に敏感ではない他の層が一部のフィルムは、UV遮断層または傷防止コーティングでトップコーティングされています。異なる乳剤を配置するための層、または追加のフィルター層もあり得る。
各乳剤層には、感光性コンポーネントに加えて、染料結合剤と呼ばれる化学物質が含まれています。青、緑、赤に敏感な層にあるこれらのカプラーは、現像時にそれぞれ黄色、マゼンタ、シアンの染料を生成します。
処理する
C-41プロセスは、すべてのC-41フィルムで同じですが、メーカーによって処理方法が少し異なります。
露光後、フィルムは「カラー現像液」で現像されます。現像成分は、CD-4として知られるパラフェニレンジアミンベースの化学物質です。現像液は乳剤層に銀を現像します。銀が現像されると、酸化された現像液が染料結合剤と反応し、染料が形成されます。
一貫性のある正確な結果を得るには、現像液の温度とフィルムの攪拌を制御することが重要です。温度が正しくないと、深刻なカラーシフトや、フィルムの大幅な現像不足または現像過剰が発生する可能性が
現像後、漂白剤は、金属変換銀定着液に可溶であるハロゲン化銀への発展によって生成し、。漂白後、定着液がハロゲン化銀を除去します。これに続いて洗浄し、最後の安定剤とすすぎを行ってプロセスを完了します。
開発によって生成された銀を溶解し、未開発のハロゲン化銀を除去する複合漂白剤修正(EDTA)を使用するプロセスの簡略化されたバージョンがこれらは市販のC-41プロセッサでは使用されておらず、家庭用またはフィールド用に販売されています。
増感処理
白黒フィルムプロセスと同様に、C-41プロセスを使用してフィルムをプッシュ処理することができます。フィルムの複雑さとプロセスの厳密な性質により、結果は大きく異なります。白黒ネガと同様に、このプロセスでは通常、コントラストが高く、場合によっては粒子が高いネガが生成されます。
ネガティブ
結果として得られるフィルムはネガティブです。つまり、フィルムの最も暗いスポットは、光源で最も明るい領域です。ほぼすべてのC-41フィルムには、フィルム内の染料の光学的不備を相殺するための追加のオレンジマスクも含まれています。これらのC-41ネガは、直接見るとオレンジ色に見えますが、カラー印刷材料の配合ではオレンジ色のベースが補正されます。スキャン用の一部のC-41フィルムには、このオレンジ色のベースがありません。完成したネガは、カラー印画紙を使用して印刷され、ポジ画像が生成されます。
黒と白の使用
C-41「発色性」白黒フィルム
C-41は、通常、カラープロセスであると考えられるが、イルフォードの製造二つの「発色」C-41互換白黒フィルム、独自のXP2スーパー及びフジのネオパン400CN。 コダックは以前同様のフィルムBW400CNを製造していましたが、2014年8月に製造が中止されました。(C-41ケミストリーと互換性のない通常の白黒フィルムと混同しないで)
これらのフィルムは、他のC-41フィルムと同じように機能します。現像により、乳剤中に染料が形成されます。ただし、それらの構造は異なります。それらは複数の層を持っているかもしれませんが、すべてがすべての色の光に敏感であり、黒い染料を生成するように設計されています。結果は白黒画像です。
コダックフィルムは、カラーC-41フィルムと同じオレンジ色のベースを持っています。XP2のベースはパープルで、富士フイルムはクリアです。コダックフィルムのオレンジ色のベースにより、標準のカラー印刷機で正しい黒で印刷できますが、このフィルムは、カラーフィルターを使用してコントラストが決定されるマルチグレードの白黒紙に印刷するのが難しい場合が印刷プロセス。逆に、クリアベースのイルフォードと富士のフィルムは、カラー紙にオフカラー印刷になることがありますが、他の白黒フィルムと同じように、白黒紙に光学的に印刷することができます。
これらのフィルムのプリントには粒子がないとよく言われます。粒子がないように見えるかもしれませんが、このステートメントは技術的に正しくありません。通常の白黒フィルムからの画像では、画像を形成する個々の銀粒子は粒子として見えます。ただし、C-41フィルムの画像には銀が含まれ代わりに、C-41ネガとプリントには染料の雲があり、結果として得られる画像は銀粒子の画像とは異なって見えます。
伝統的な白黒フィルム
通常の白黒フィルムはC-41化学での使用を目的としていませんが、一部の写真家はC-41現像液を使用して高コントラストの白黒フィルム(交通監視フィルムやコダックのテクニカルパンなど)を開発しています。これは、コントラストを下げるために行われます。このアプリケーションでは、銀の画像のみが形成されます。C-41プロセスのブリーチステップは、画像を破壊するため、使用されません。
クロスプロセス
C-41でE-6プロセス用のスライドフィルムをクロスプロセス することも可能です。これにより、カラーシフトとより強い彩度のネガが生成されます。(C-41フィルムはE-6で処理され、オレンジ色のマスクによって強い緑色のキャストが発生するポジティブな画像が得られます。)ブランドやフィルム感度が異なると、色の変化が異なり、明るく飽和した色と高コントラストが得られます。
C-41フィルムは、標準的な白黒化学薬品で処理して、モノクロのネガ画像を生成できます。ネガは通常、コントラストが非常に低く、曇りで、一部はオレンジ色のマスクが原因です。
も参照してください
発色性
補充(写真)
参考文献
^ 「フィルムを撮影するための基本的なガイド」。アマチュア写真家。2015年4月20日。 ^ レーガン、エリック(2014年8月21日)。「コダックプロフェッショナルBW400CNフィルムは廃止されました」。フォトグラフィーベイ。
外部リンク
コダックプロセスC-41(カラーネガ)処理マニュアルZ-131(PDF)”

投稿日:
カテゴリー: C