C-41_(rocket)

C-41は、イタリア製の2段式ロケットで、重量は75 kg(165 lb)で、外気を研究するためのプローブ搭載ロケットを開発するプログラムの一部でした。1960年7月9日にサルトディキラシリーズから最初に発売されました。プロジェクトは中佐によって管理されました。メタロ(DGAM-Direzione Generali Armi e Munitioni)およびエンジニアAngeloni(SISPRE -Societa Italiana Sviluppo Propulsione a Reazione(イタリアジェット推進学会))。 コストを削減するために、既存の兵器のC-41リサイクル部品。最初のステージは、相互接続された燃焼室を備えた4つのジェットのクラスターによって駆動されました。第2ステージを運ぶペイロードは、同じタイプの単一のエンジンによって動力を供給されました。全体として、6つのC-41が正常に起動されました。プローブ搭載ロケットの継続的な開発は、CNR(イタリア国立研究機関)内に新しく設立された宇宙研究委員会の任務でした。委員会の会長は、イタリアの宇宙工学の創設者、ルイージ・ブログリオでした。
も参照してください
イタリア宇宙機関
参考文献
^ 「SISPREロケット」。アーカイブされたオリジナルの2017年8月29日に。
参考文献
L’Aeronautica Militare e lo spazio dagli albori agli albori agli anni ’70、Rivista Aeronautica 6/2003
AA.VV:、Leattivitàspazialiitalianedal dopoguerra all’istituzione dell’Agenzia Spaziale Italiana、Agenzia Spaziale Europea
Stub icon  
このロケット記事はスタブです。

投稿日:
カテゴリー: C