C.A.I._First

CAI First SpAは、リナーテ空港のスロットを維持するために、親会社であるアリタリア航空のフライトを運航しているイタリアの 航空会社でした。このため、エアワンと合併したアリタリア航空は、当時まだアリタリア航空エクスプレスとして運営されていたCAIファーストを閉鎖しませんでした。これは、拠点持っていたフィウミチーノ空港ローマとマルペンサ空港ミラノを。 CAI Firstは解散し、2015年2月までにアリタリア航空のメインラインに統合されました。
CAIファースト IATA ICAO
コールサイン XM SMX ALIEXPRESS 設立
1997年10月1日
操業停止
2015年2月6日
営業拠点
リナーテ空港
フリークエントフライヤープログラム MilleMiglia アライアンス
スカイチーム
フリートサイズ 1 親会社
アリタリア航空
本部
フィウミチーノ、ローマ、イタリア
ウェブサイト alitalia.com CAI Firstという名前は正式な名前であり、一般には使用されていませんでした。すべてのフライトはアリタリア航空のブランドでした。
内容
1 歴史
1.1 早い時期 1.2 エアワンとアリタリア航空の合併
2 艦隊
2.1 フリートの歴史
3 も参照してください
4 参考文献
5 外部リンク
歴史
早い時期
  アリタリアエクスプレス
エンブラエル170
航空会社は1997年10月1日に設立され、運航を開始しました。これは、廃止されたAvianovaから設立されました。2003年3月、アリタリア航空は、運航を停止していたミネルバ航空の買収と、アリタリアエクスプレスのターボプロップ機のミネルバ航空への移管を検討していると報じられました。しかし、これは起こりませんでした。
エアワンとアリタリア航空の合併
2008年12月、Compagnia Aerea Italiana(CAI)がアリタリア航空(Linee AereeItalianeとAirOne)を買収し、2社を統合して「新しいアリタリア航空」を作成しました。テイクオーバーでは、CAIはまた、アリタリアExpressと受信エアワンCityLinerを。Alitalia Expressブランドは段階的に廃止され、Air One CityLinerのブランド名を変更することで、アリタリア航空の地域部門はAlitaliaCityLinerになりました。
アリタリア航空の最後の艦隊である10エンブラエル170は、2013年3月までに完全に段階的に廃止されました。スロットを維持するために、メインラインのアリタリア航空から1機のエアバスA320-200(EI-DSC)のみが艦隊に移動されました。同じ溶液を一緒に使用されていたCAIセカンドにするために使用Volareweb.com。
2015年2月6日、航空会社は解散し、その運航はアリタリア航空のメインラインに統合されました。
艦隊
2015年2月に閉鎖される前は、艦隊は次の航空機で構成されていました。
CAIファーストフリート
航空機
フリートで
乗客 J Y + Y 合計
エアバスA320-200 1 34 — 114 148 合計 1 フリートの歴史
長年にわたり、アリタリアエクスプレスは次の種類の航空機を運航してきました。
アリタリアエクスプレスヒストリカルフリート
航空機 画像 導入 引退 合計 ATR 42-300
1996年 2007年 9 ATR 72-212
1996年 2008年 5 ATR 72-500
1999年 2008年 6 エンブラエルERJ145LR
2000年 2008年 14 エンブラエル170
2004年 2012年 6 ドルニエ328
2000年 2004年
ミネルバ航空が運営する10
も参照してください
イタリアの廃止された航空会社のリスト
参考文献
^ a b “”IATA-コード-航空会社および空港のコード検索””。iata.org。IATA 。 ^ a b c http://ch-aviation.com/portal/news/36016-alitalia-cancels-cai-first-and-seconds-aocs ^ 「ディレクトリ:世界の航空会社」。フライトインターナショナル。2007年3月27日。p。73。
^ http://www.enac.gov.it/Aeroporti_e_Compagnie_Aeree/Compagnie_aeree/index.html ^ 「airfleets.netのアリタリアエクスプレスの歴史的な艦隊。2012年2月14日取得」。Airfleets.net 。取得した14年2月2012。
^ 「ミネルバ航空」。飛行機のスポッター。
外部リンク

 コモンズのアリタリアエクスプレスに関連するメディア”

投稿日:
カテゴリー: C