C-AKv_coupler

C-AKVは完全に自動化されカプラとしても知られている設計、Faiveley Transpact。これは、バッファーとチェーンカプラー、およびロシアのSA3カプラーの両方と互換性のあるハイブリッドであり、EUのセンターバッファーカプラーへの移行が大幅に遅れた場合のオプションとして意図されています。C-AKvは、ドイツ語でCompact Automatische Kupplung vereinfachtの略語であり、英語で簡体字化されたCompact AutomaticCouplerに翻訳されています。
重量物運搬用の
DBAGクラス189機関車のCAKvカプラー }} 貨車のCAKvカプラー。
内容
1 歴史
2 最も重い列車
3 設計
4 も参照してください
5 参考文献
6 外部リンク
歴史
1970年代に、新しいタイプの自動カプラーがヨーロッパの鉄道によって開発されました。これはUIC自動カプラーと呼ばれ、AK69eタイプと東ヨーロッパのIntermatタイプの西ヨーロッパのバリエーションを表しています。これは、バッファとチェーンのセットアップを完全に置き換えることを目的としていました。これは、重い負荷には適さず、接続に非常に時間がかかり、集中的なメンテナンスが必要です。非常に短い時間枠でヨーロッパ全土に導入する必要があったため、この導入は繰り返し延期されました。さらに、UIC自動カプラーは、既存のチェーンカップリングと互換性がなかったため、この変換は、ヨーロッパの一部の州の鉄道で実行するには法外な費用がかかりました。
C-AKvカプラーは、SAB WABCO(現在はFaiveley Transport Witten GmbH)によって開発されました。UIC自動カプラーとは異なり、既存のチェーンカプラーと互換性があるため、移行期間が長くなります。2002年以来、C-AKvはドイツの鉄道で試験的に使用されています。それに露天掘り鉱山の間に重い石炭ブロックの列で使用されプロフェンとシュコパウの発電所。
現在、ドイツの鉄道、Faiveley、ベルリン工科大学は、C-AKvカプラーの一般的な導入のための可能な移行シナリオを開発しています。
最も重い列車
2004年に開始されたフィールドテストでは、ヴェーリッツ近くの褐炭露天掘りからシュコオウ発電所への接続の列車にC-AKvカプラーが装備され、摩耗が減少したため、通常のホイール交換が3分の1未満に縮小したことが示されました。解決策は維持されており、さらなる調査が行われました。
2009年後半に始まり、18台のDBAGクラス189 DBシェンカーが所有する電気機関車を扱うために、C-AKVカプラに変換した6,000トンの鉄鉱石列をにロッテルダムからディリンゲンの製鉄所でザールラント前のドイツの置き換え、クラスを以前はこれらの作業で一般的に使用されていた151台のダブルユニットとオランダのクラス6400トリプルユニット。これらの機関車は、ドイツとオランダのネットワーク上の15 kVACと25kV AC(および1.5 kV DC、低電力で短時間)の両方のオーバーヘッドシステムで動作することもできるため、オランダとドイツの国境での機関車の変更はもう必要ありません。積載された列車は、通常、複数ユニットのセットアップで2台の189によって操作され、ワゴンは1980年代から取り付けられているAK69eタイプのカプラーを保持しています。
設計
UIC AK69eカプラーの進化版であるため、C-AKvカプラーは、SA3カプラーと同じ基本的なアウトラインを持っています。ただし、ロシアのSA-3カプラーとは異なり、ブレーキエアライン用のコネクタと、必要に応じて電気コンジットがカプラーに統合されており、結合時に自動的に接続されます。また、これらの空気圧および電気コネクタは、以前のタイプとは対照的に、バッファおよびチェーンのセットアップと互換性が
ブレーキラインと電気コネクタは、AK69eタイプのように本体の下の別の本体部分ではなく、カプラーの本体に統合されているため、C-AKVを装備したストックをストックに結合することはできません。装備。
デザインは、以前のSA3カプラーよりもはるかにコンパクトです。追加のアライメントホーンと反対側のマッチングポケットにより、形状はSA-3カプラーの形状とわずかに異なります。これらの2つのコンポーネントにより、接続された2つのC-AKvカプラーの垂直方向の安定性が向上します。
も参照してください
ドラフトギア
国別の鉄道連結
ユニリンクカプラー
参考文献
^ Helge Johanes Stuhr(2013-02-26)。「3.4.5FallbeispielBraunkohlependelWählitz-Schkopau」。Untersuchung von Einsatzszenarien einer automatischen Mittelpufferkupplung(学位論文) (PDF)(ドイツ語)。TechnischeUniversitätベルリン。頁。46、47 。
^ Jens Chlebowski(2009-03-31)。「MobilityLokomotivenwerkMünchen」(PDF)。シーメンス。p。11 。
外部リンク
ウィリソンC-AKvカプラーの写真と説明(Reiner Seibt博士による)
ウィリソンC-AKvカプラーの費用便益分析(多言語:英語セクション)
ウィリソンインターマットカプラー写真
ウィリソンCA-3SA-3カプラーアニメーションと歴史(ロシア語)
ウィリソンCA-3SA-3カプラーアダプター特許 からジャニーAARカプラー

投稿日:
カテゴリー: C