C-C_chemokine_receptor_type_6

CCR6としても知られるケモカイン受容体6は、ヒトではCCR6遺伝子によってコードされるCCケモカイン受容体 タンパク質です。 CCR6も最近CD196(分化クラスター196)と呼ばれています。この遺伝子は、ワトソン(プラス)鎖の第6染色体(6q27)の長腕に長さは139,737塩基で、374アミノ酸(分子量42,494 Da)のタンパク質をコードしています。 CCR6 識別子
エイリアス
CCR6、BN-1、CC CKR-6、CC-CKR-6、CCR-6、CD196、CKR-L3、CKRL3、CMKBR6、DCR2、DRY6、GPR29、GPRCY4、STRL22、CCモチーフケモカイン受容体6
外部ID
OMIM: 601835 MGI: 1333797 HomoloGene: 3214 GeneCards: CCR6
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 6番染色体(ヒト)
バンド 6q27 開始
167,111,807 bp
終わり
167,139,696 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 17番染色体(マウス)
バンド
17 | 17 A1
開始
8,236,043 bp
終わり
8,257,141 bp
遺伝子オントロジー
分子機能
• Gタンパク質共役型受容体活性• シグナルトランスデューサー活性• ケモカイン受容体活性• GO:0001948タンパク質結合• CCケモカイン受容体活性• CCケモカイン結合• シグナル伝達受容体活性• ケモカイン結合
細胞成分
• 膜の一体型コンポーネント• 膜• 細胞膜• 原形質膜の一体型コンポーネント• 細胞内• 細胞表面• 精子の中央部分• 精子のべん毛• 精子の主要部分• 精子の原形質膜• 原形質膜の外側
生物学的プロセス
• サイトゾルカルシウムイオン濃度の正の調節• 上皮細胞遊走の正の調節• 樹状細胞の走化性• 細胞防御応答• 体液性免疫応答• 免疫応答• 樹状細胞の走化性の正の調節• シグナル伝達• カルシウム媒介シグナル伝達• 走化性• 細胞走化性• ケモカインを介したシグナル伝達経路• 炎症反応に関与する白血球遊走• IgAアイソタイプへのアイソタイプ切り替え• 受精能獲得に関与する鞭毛精子運動の正の調節• リンパ球遊走• T細胞遊走• 甲状腺細胞遊走• DN2甲状腺細胞分化• DN3甲状腺細胞分化• 調節T細胞の遊走• Gタンパク質結合受容体シグナル伝達経路
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 1235 12458 Ensembl ENSG00000112486 ENSMUSG00000040899 UniProt P51684 O54689 RefSeq(mRNA) NM_031409 NM_004367 NM_001190333 NM_001190334 NM_001190335 NM_001190336 NM_001190337 NM_001190338 NM_009835 RefSeq(タンパク質) NP_004358 NP_113597 NP_001177262 NP_001177263 NP_001177264 NP_001177265 NP_001177266 NP_001177267 NP_033965 場所(UCSC)
Chr 6:167.11 – 167.14 Mb
Chr 17:8.24 – 8.26 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
内容
1 関数
2 臨床的な意義
3 参考文献
4 外部リンク
5 参考文献
関数
このタンパク質は、Gタンパク質共役型受容体スーパーファミリーのファミリーAに属しています。この遺伝子は、脾臓、リンパ節、膵臓、結腸、虫垂、小腸などのリンパ組織および非リンパ組織で発現します。CCR6は、B細胞、未成熟樹状細胞(DC)、T細胞(Th1、Th2、Th17、Treg)、ナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)、および好中球に発現します。この受容体のリガンドは、CCL20または他の名前で-マクロファージ炎症性タンパク質3アルファ(MIP-3アルファ)です。このケモカイン受容体は、他のケモカイン受容体と比較して、1つのケモカインリガンドCCL20にのみ結合するため、特別です。 CCR6は、未成熟なDCと適応免疫の間の関連において重要な役割を果たします。この受容体は、B系列の成熟および抗原駆動型B細胞分化に重要であることが示されており、炎症および免疫反応中の樹状細胞およびT細胞の遊走および動員を調節する可能性があるいは、同じタンパク質をコードするスプライシングされた転写変異体がこの遺伝子について記載されています。
インターロイキン4(IL-4)とインターフェロンガンマ(IFNγ)はランゲルハンス細胞の発達におけるCCR6の発現を抑制し、インターロイキン10(IL-10)は発現を誘導します。炎症組織の免疫反応を調節することができます。
炎症誘発性Th17細胞はCCR6とそのリガンドCCL20を発現します。CCR6は、炎症部位への移動に影響を与えます。一部のTh17細胞は、CCL20のケモカイン勾配を介して炎症部位に移動し、それ自体がより多くのCCL20を発現して、より多くのTh17細胞と制御性T細胞(Treg)を取り込むことができます。これは慢性炎症を引き起こす可能性が一部のモデルでは、CCR6の欠如により、重症度の低い自己免疫性脳脊髄炎が引き起こされます。
臨床的な意義
CCR6は、胃腸の悪性腫瘍の発生と転移の拡大に機能を持っています。 CCR6の発現は結腸直腸癌でアップレギュレートされることがわかった。結腸直腸がんの患者の多くは肝転移を持っています。結腸直腸癌細胞はCCR6およびCCL20を発現します。肝臓化学誘引結腸直腸癌細胞における高レベルのCCL20は、肝臓に転移を引き起こします。 新しい研究により、がん細胞株でCCR6をダウンレギュレートできるマイクロRNAが特定されました。
CCR6はクローン病に関連しています。
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000112486 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000040899 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「マウスPubMedリファレンス:」。国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ a b Zaballos A、Varona R、GutiérrezJ、Lind P、MárquezG(1996年10月)。「2つの新しいヒトケモカイン受容体様遺伝子の分子クローニングとRNA発現」。生化学。生物物理学。解像度 コミュン。227(3):846–53。土井:10.1006 /bbrc.1996.1595。PMID 8886020。   ^ Schutyser、Evemie; Struyf、Sofie; ヴァンダム、ジョー。「CCケモカインCCL20とその受容体CCR6」。サイトカインと成長因子のレビュー。14(5):409–426。土井:10.1016 / s1359-6101(03)00049-2。ISSN 1359から6101まで。PMID 12948524。    ^ a b c フリック、ビルマオリベイラ; ルビー、クローディア; Keilholz、Ulrich; Ghadjar、Pirus(2016-01-14)。「ヒト結腸直腸悪性腫瘍におけるケモカイン/ケモカイン受容体ペアCCL20 / CCR6:概要」。消化器病学の世界ジャーナル。22(2):833–841。土井:10.3748 /wjg.v22.i2.833。ISSN 2219年から2840年。PMC 4716081。PMID 26811629。     ^ デュー、MC; Vanbervliet、B。; Vicari、A。; ブリドン、JM; オールダム、E。; Aït-Yahia、S。; Brière、F。; Zlotnik、A。; Lebecque、S。; Caux、C。(1998-07-20)。「異なる解剖学的部位で発現される別個のケモカインによる未成熟および成熟樹状細胞の選択的動員」。実験医学ジャーナル。188(2):373–386。土井:10.1084 /jem.188.2.373。ISSN 0022から1007まで。PMC 2212459。PMID 9670049。     ^ 「EntrezGene:CCR6ケモカイン(CCモチーフ)受容体6」。
^ Dieu-Nosjean、Marie-Caroline; Massacrier、Catherine; Vanbervliet、Béatrice; フリードマン、ウルフ-ハーマン; コー、クリストフ(2001-11-15)。「IL-10はランゲルハンス細胞の発達中にCCR6の発現を誘導し、IL-4とIFN-γはそれを抑制します」。免疫学ジャーナル。167(10):5594–5602。土井:10.4049 /jimmunol.167.10.5594。ISSN 0022から1767まで。PMID 11698430。    ^ 山崎知英; ヤン、Xuexian O。; チョン、ヨンソク; 福永敦; ヌリエバ、ロザ; パップ、バヌ; マルティンオロスコ、ナタリア; カン、ホンスン; 馬、李; パノプロス、アサナシアD。; クレイグ、スザンヌ(2008-12-15)。「CCR6は炎症性および制御性T細胞の遊走を調節します」。免疫学ジャーナル。181(12):8391–8401。土井:10.4049 /jimmunol.181.12.8391。ISSN 0022から1767まで。PMC 2752441。PMID 19050256。     ^ ルビー、クローディア; クルーゼ、ビアンカ; フリック、ビルマオリベイラ; ケルシュ、カトリン; Ghadjar、Pirus; ワーグナー、マティアス; グレッサー、フリードリヒ; Wagenpfeil、Stefan; Glanemann、Mathias(2014-02-21)。「ケモカイン受容体CCR6の発現は、結腸直腸癌細胞においてmiR-518a-5pによって調節されています」。トランスレーショナルメディスンジャーナル。12:48. DOI:10.1186 / 1479-5876-12-48。ISSN 1479から5876まで。PMC 3996063。PMID 24559209。     ^ フリック、VO; .Rubie、C。; Kölsch、K。; ワーグナー、M。; Ghadjar、P。; Graeber、S。; Glanemann、M。。「異なる結腸直腸悪性腫瘍におけるCCR6 / CCL20ケモカイン発現プロファイル」。スカンジナビアジャーナルオブイムノロジー。78(3):298–305。土井:10.1111 /sji.12087。PMID 23790181。S2CID 45126701。    ^ ルビーC。「ケモカイン受容体CCR6の発現は、結腸直腸癌細胞においてmiR-518a-5pによって調節されています」。J TranslMed。12:48. DOI:10.1186 / 1479-5876-12-48。PMC 3996063。PMID 24559209。    ^ Wang K、Zhang H、Kugathasan S、Annese V、Bradfield JP、Russell RK、Sleiman PM、Imielinski M、Glessner J、Hou C、Wilson DC、Walters T、Kim C、Frackelton EC、Lionetti P、Barabino A、Van Limbergen J、Guthery S、Denson L、Piccoli D、Li M、Dubinsky M、Silverberg M、Griffiths A、Grant SF、Satsangi J、Baldassano R、Hakonarson H。「多様なゲノムワイド関連研究は、IL12 / IL23経路をクローン病と関連付けています」。午前 J.ハム。ジェネット。84(3):399–405。土井:10.1016 /j.ajhg.2009.01.026。PMC 2668006。PMID 19249008。   
外部リンク
UCSC GenomeBrowserのヒトCCR6ゲノム位置とCCR6遺伝子詳細ページ。
「ケモカイン受容体:CCR6」。受容体とイオンチャネルのIUPHARデータベース。国際基礎臨床薬理学連合。
参考文献
丸山K、菅野S(1994)。「オリゴキャッピング:真核生物のmRNAのキャップ構造をオリゴリボヌクレオチドに置き換える簡単な方法」。遺伝子。138(1–2):171–4。土井:10.1016 / 0378-1119(94)90802-8。PMID  8125298。
Zaballos A、Varona R、GutiérrezJ、他 (1996)。「2つの新しいヒトケモカイン受容体様遺伝子の分子クローニングとRNA発現」。生化学。生物物理学。解像度 コミュン。227(3):846–53。土井:10.1006 /bbrc.1996.1595。PMID  8886020。
Liao F、Lee HH、Farber JM(1997)。「ケモカイン受容体に関連し、染色体6q27に位置するGタンパク質共役型受容体をコードする新しいヒト遺伝子であるSTRL22のクローニング」。ゲノミクス。40(1):175–80。土井:10.1006 /geno.1996.4544。PMID  9070937。
馬場M、今井T、西村M、他 (1997)。「新規リンパ球指向性CCケモカインLARCの特異的受容体であるCCR6の同定」。J.Biol。化学。272(23):14893–8。土井:10.1074 /jbc.272.23.14893。PMID  9169459。
Wagner T、Tommerup N、Wirth J、他 (1997)。「遠位17qの体細胞ハイブリッドパネル:GDIA1は17q25.3にマッピングされます」。Cytogenet。CellGenet。76(3–4):172–5。土井:10.1159 / 000134538。PMID  9186513。
Liao F、Alderson R、Su J、他 (1997)。「STRL22はCCケモカインMIP-3alphaの受容体です」。生化学。生物物理学。解像度 コミュン。236(1):212–7。土井:10.1006 /bbrc.1997.6936。PMID  9223454。
Power CA、Church DJ、Meyer A、他 (1997)。「肺樹状細胞からの新規CCケモカインMIP-3alphaの特定の受容体のクローニングと特性評価」。J.Exp。Med。186(6):825–35。土井:10.1084 /jem.186.6.825。PMC  2199050。PMID  9294137。
グリーブスDR、ワンW、ダイラギDJ、他 (1997)。「CCR6、マクロファージ炎症性タンパク質3alphaと相互作用し、ヒト樹状細胞で高度に発現するCCケモカイン受容体」。J.Exp。Med。186(6):837–44。土井:10.1084 /jem.186.6.837。PMC  2199049。PMID  9294138。
鈴木恭子、吉友中川健一、丸山健一ほか (1997)。「完全長濃縮および5 ‘末端濃縮cDNAライブラリーの構築と特性評価」。遺伝子。200(1–2):149–56。土井:10.1016 / S0378-1119(97)00411-3。PMID  9373149。
ヤンD、チェルトフO、ビコフスカイアSN、他。(1999)。「ベータディフェンシン:樹状突起およびT細胞CCR6を介して自然免疫と獲得免疫を結びつける」。科学。286(5439):525–8。土井:10.1126 /science.286.5439.525。PMID  10521347。
Krzysiek R、Lefevre EA、Bernard J、他 (2000)。「ヒトB細胞におけるCCR6ケモカイン受容体発現の調節とマクロファージ炎症性タンパク質-3alpha / CCL20への応答性」。血。96(7):2338–45。土井:10.1182 /blood.V96.7.2338。PMID  11001880。
ダグラスGC、サーキルTL、シデリスV他 (2001)。「ヒト合胞体栄養膜によるケモカイン受容体の発現」。J.リプロッド。Immunol。49(2):97–114。土井:10.1016 / S0165-0378(00)00083-8。PMID  11164896。
Biragyn A、Surenhu M、Yang D、他 (2002)。「未成熟であるが成熟していない樹状細胞を標的とする自然免疫のメディエーターは、非免疫原性腫瘍抗原と遺伝的に融合した場合に抗腫瘍免疫を誘導する」。J.Immunol。167(11):6644–53。土井:10.4049 /jimmunol.167.11.6644。PMID  11714836。
Ebert LM、McColl SR(2002)。「抗原活性化CD4 + Tリンパ球の異なる亜集団におけるCCR5およびCCR6のアップレギュレーション」。J.Immunol。168(1):65–72。土井:10.4049 /jimmunol.168.1.65。PMID  11751947。
Liao F、Shirakawa AK、Foley JF、他 (2002)。「ヒトB細胞は、CCR6の発現やリガンド結合を変化させることなく、細胞の活性化後にマクロファージ炎症性タンパク質-3α/ CCケモカインリガンド-20に高度に反応するようになります」。J.Immunol。168(10):4871–80。土井:10.4049 /jimmunol.168.10.4871。PMID  11994436。
細川悠、中西毅、山口晃他 (2002)。「マクロファージ炎症性タンパク質3alpha-CCケモカイン受容体6の相互作用は、歯周病組織におけるCD4 + T細胞の蓄積に重要な役割を果たします」。クリン。Exp。Immunol。128(3):548–54。土井:10.1046 /j.1365-2249.2002.01865.x。PMC  1906256。PMID  12067311。
キムCH、ジョンストンB、ブッチャーEC(2002)。「NKT細胞の人身売買機構:異なるサイトカイン産生能を持つVアルファ24(+)Vベータ11(+)NKT細胞サブセット間で共有および差異のあるケモカイン受容体発現」。血。100(1):11–6。土井:10.1182 / blood-2001-12-0196。PMID  12070001。
Ai LS、Liao F(2002)。「ケモカイン受容体CCR6の4つの細胞外システインを変異させると、受容体の輸送、リガンド結合、およびシグナル伝達におけるそれらの異なる役割が明らかになります」。生化学。41(26):8332–41。土井:10.1021 / bi025855y。PMID  12081481。
Hoover DM、Boulegue C、Yang D、他 (2002)。「ヒトマクロファージ炎症性タンパク質-3α/ CCL20の構造。抗菌およびCCケモカイン受容体-6結合活性とヒトβ-ディフェンシンとの関連」。J.Biol。化学。277(40):37647–54。土井:10.1074 /jbc.M203907200。PMID  12149255。
マキW、モラレスRE、キャロルVA、他。(2002)。「CCR6はCD18と共局在し、CCR6で形質導入されたジャーカットT細胞の活性化内皮細胞への接着を増強します」。J.Immunol。169(5):2346–53。土井:10.4049 /jimmunol.169.5.2346。PMID  12193700。
には、パブリックドメインにある米国国立医学図書館のテキストが組み込まれています。
Stub icon  
この膜貫通型受容体関連

投稿日:
カテゴリー: C