C-C_chemokine_receptor_type_7

CCケモカイン受容体タイプ7は、ヒトではCCR7遺伝子によってコードされるタンパク質です。この受容体には、ケモカイン(CCモチーフ)リガンド19(CCL19 / ELC)と(CCモチーフ)リガンド21(CCL21)の2つのリガンドが同定されています。 CCR7 識別子
エイリアス
CCR7、BLR2、CC-CKR-7、CCR-7、CD197、CDw197、CMKBR7、EBI1、CCモチーフケモカイン受容体7
外部ID
OMIM: 600242 MGI: 103011 HomoloGene: 1387 GeneCards: CCR7
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 17番染色体(ヒト)
バンド 17q21.2 開始
40,553,769 bp
終わり
40,565,472 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 11番染色体(マウス)
バンド
11 | 11 D
開始
99,144,196 bp
終わり
99,155,077 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能
• CCモチーフケモカイン19受容体活性• CCモチーフケモカイン21受容体活性• Gタンパク質結合受容体活性• ケモカイン(CCモチーフ)リガンド19結合• ケモカイン(CCモチーフ)リガンド21結合• シグナルトランスデューサー活性• ケモカイン受容体活性• CCケモカイン受容体活性• ケモカイン結合• CCケモカイン結合
細胞成分
• 膜の不可欠なコンポーネント• 膜• 細胞膜• 細胞内• 細胞表面• 原形質膜の外側• ミトコンドリア
生物学的プロセス
• Gタンパク質共役型受容体シグナル伝達経路を• サイトゾルに隔離カルシウムイオンの放出• プロテインキナーゼBシグナル伝達の正の調節• 細胞運動の正の調節• 免疫学的シナプス形成に関与する生合成プロセス糖タンパク質の正の調節• アクチンフィラメントの重合の正の調節• リンパ節へのリンパ球の移動• 細胞数のホメオスタシス• インターロイキン-12産生の正の調節• 過敏症の正の調節• GO:0032861、GO:0032862、GO:0032856GTPase活性の活性化• フリル組織• 細胞マトリックスの正の調節接着• 細胞質カルシウムイオン濃度の正の調節• T細胞の正の調節受容体シグナル伝達経路• インターフェロンγ産生の調節• 一酸化窒素への応答• デンドライトアセンブリ樹状細胞の調節• JNKカスケードの正の調節• 骨髄性樹状細胞の走化性• 樹状細胞走化性• 細胞再 sponseにサイトカイン刺激• ネガティブ胸腺T細胞選択• ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ活性の正の調節• 走化性• 免疫学的シナプス形成の正の調節• 応答プロスタグランジンEに• リポ多糖に応答• 樹状細胞の抗原プロセシングおよび提示の正の調節• 正の調節アセンブリ偽足の• 体液性免疫応答の正の調節• 免疫応答• T細胞極性の確立• ERK1およびERK2カスケードの正の調節• 好中球走化性の正の調節• IカッパBの正の調節は、キナーゼ/ NF-κBのシグナル伝達• の正の調節T細胞共刺激• 炎症反応• 成熟した従来の樹状細胞分化• フィロポジウム集合の正の調節• 樹状細胞走化性の正の調節• シグナル伝達• 細胞接着の正の調節• プロテインキナーゼ活性の正の調節• ケモカイン媒介シグナル伝達 経路• ケモカイン(CCモチーフ)リガンド19シグナル伝達経路• ケモカイン(CCモチーフ)リガンド21シグナル伝達経路• 樹状細胞アポトーシスプロセスの負の調節• カルシウム媒介シグナル伝達• 細胞走化性
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 1236 12775 Ensembl ENSG00000126353 ENSMUSG00000037944 UniProt P32248 P47774 RefSeq(mRNA)
NM_001838 NM_001301714 NM_001301716 NM_001301717 NM_001301718 NM_001301713 NM_007719 RefSeq(タンパク質)
NP_001288643 NP_001288645 NP_001288646 NP_001288647 NP_001829 NP_001288642 NP_031745 場所(UCSC)
Chr 17:40.55 – 40.57 Mb
Chr 11:99.14 – 99.16 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
CCR7は最近CD197(分化クラスター197)にも指定されました。
内容
1 関数
2 臨床的な意義
3 参考文献
4 外部リンク
5 参考文献
関数
この遺伝子によってコードされるタンパク質は、Gタンパク質共役型受容体ファミリーのメンバーです。この受容体は、エプスタインバーウイルス(EBV)によって誘導される遺伝子として同定され、Bリンパ球に対するEBV効果のメディエーターであると考えられています。この受容体はさまざまなリンパ組織で発現し、Bリンパ球とTリンパ球を活性化します。CCR7は樹状細胞の成熟を刺激することが示されています。CCR7は、リンパ節や脾臓などのさまざまな二次リンパ器官へのT細胞のホーミング、および脾臓内でのT細胞の輸送にも関与しています。
末梢組織の樹状細胞の活性化は、細胞表面でCCR7発現を誘導し、リンパ節で産生されたCCL19とCCL21を認識し、共刺激分子(B7)、およびMHCクラスIまたはMHCクラスIIの樹状細胞発現を増加させます。
臨床的な意義
CCR7は、非小細胞肺がん、胃がん、食道がんなどのさまざまながん細胞によって発現されます。 がん細胞によるCCR7の発現は、リンパ節への転移と関連しています。
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000126353 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000037944 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「マウスPubMedリファレンス:」。国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ Birkenbach M、Josefsen K、Yalamanchili R、Lenoir G、Kieff E(1993年4月)。「エプスタインバーウイルス誘発遺伝子:最初のリンパ球特異的Gタンパク質共役ペプチド受容体」。Journal ofVirology。67(4):2209–20。土井:10.1128 /JVI.67.4.2209-2220.1993。PMC 240341。PMID 8383238。    ^ F. Balkwill、Cancer and the Chemokine Network、Nature reviews、2004 ^ Sharma N、Benechet AP、LefrançoisL、Khanna KM。「CD8T細胞はCCR7とは独立して脾臓T細胞ゾーンに入るが、感染後のエフェクターT細胞のその後の増殖および輸送パターンはCCR7遊走手がかりがない場合に調節不全になる」。Journal ofImmunology。195(11):5227–5236。土井:10.4049 /jimmunol.1500993。PMC 4655190。PMID 26500349。    ^ Riol-Blanco L、Sánchez-SánchezN、Torres A、Tejedor A、Narumiya S、CorbíAL、Sánchez-MateosP、Rodríguez-FernándezJL。「ケモカイン受容体CCR7は、樹状細胞で、走化性と遊走速度を独立して調節する2つのシグナル伝達モジュールを活性化します」。Journal ofImmunology。174(7):4070–80。土井:10.4049 /jimmunol.174.7.4070。PMID 15778365。   ^ Mashino K、Sadanaga N、Yamaguchi H、Tanaka F、Ohta M、Shibuta K、Inoue H、Mori M。「ケモカイン受容体CCR7の発現は胃癌のリンパ節転移に関連しています」。がん研究。62(10):2937–41。PMID 12019175。   ^ たかなみI。「非小細胞肺癌におけるCCR7mRNAの過剰発現:リンパ節転移との相関​​」。International Journal ofCancer。105(2):186–9。土井:10.1002 /ijc.11063。PMID 12673677。S2CID 1523901。    ^ Ding Y、Shimada Y、Maeda M、Kawabe A、Kaganoi J、Komoto I、Hashimoto Y、Miyake M、Hashida H、Imamura M。「CCケモカイン受容体7と食道扁平上皮癌のリンパ節転移との関連」。臨床がん研究。9(9):3406–12。PMID 12960129。   ^ Shields JD、Fleury ME、Yong C、Tomei AA、Randolph GJ、Swartz MA。「間質流およびオートクリンCCR7シグナル伝達を介したリンパ管への腫瘍細胞ホーミングのメカニズムとしての自己走化性」(PDF)。がん細胞。11(6):526–38。土井:10.1016 /j.ccr.2007.04.020。PMID 17560334。   外部リンク
UCSC GenomeBrowserのヒトCCR7ゲノム位置とCCR7遺伝子詳細ページ。
参考文献
MüllerG、Lipp M。「適応免疫の形成:リンパ球輸送に対するCCR7とCXCR5の影響」。微小循環。10(3–4):325–34。土井:10.1038 /sj.mn.7800197。PMID  12851649。S2CID  1785143。
Burgstahler R、Kempkes B、Steube K、Lipp M(1995年10月)。「ケモカイン受容体BLR2 / EBI1の発現は、エプスタインバーウイルス核抗原2によって特異的にトランス活性化されます」。生化学的および生物物理学的研究コミュニケーション。215(2):737–43。土井:10.1006 /bbrc.1995.2525。PMID  7488016。
Schweickart VL、Raport CJ、Godiska R、Byers MG、Eddy RL、Shows TB、Gray PW(1994年10月)。「ヒトおよびマウスのEBI1、ヒト染色体17q12-q21.2にコードされているリンパ系特異的Gタンパク質共役型受容体のクローニング」。ゲノミクス。23(3):643–50。土井:10.1006 /geno.1994.1553。PMID  7851893。
Bonaldo MF、Lennon G、Soares MB(1996年9月)。「正規化と減算:遺伝子発見を容易にする2つのアプローチ」。ゲノム研究。6(9):791–806。土井:10.1101 /gr.6.9.791。PMID  8889548。
吉田R、今井T、日島K、楠田J、馬場M、北浦M、西村M、柿崎M、野見山H、吉江O(1997年5月)。「EBI1、CCR7の特異的機能的リガンドである新規ヒトCCケモカインEBI1リガンドケモカインの分子クローニング」。Journal of BiologicalChemistry。272(21):13803–9。土井:10.1074 /jbc.272.21.13803。PMID  9153236。
吉田R、渚M、北浦M、今川N、今井T、吉江O(1998年3月)。「二次リンパ組織ケモカインは、CCケモカイン受容体CCR7の機能的リガンドです」。Journal of BiologicalChemistry。273(12):7118–22。土井:10.1074 /jbc.273.12.7118。PMID  9507024。
Campbell JJ、Bowman EP、Murphy K、Youngman KR、Siani MA、Thompson DA、Wu L、Zlotnik A、Butcher EC(1998年5月)。「高内皮によって発現されるリンパ球接着誘発ケモカインである6-C-kine(SLC)は、MIP-3beta受容体CCR7のアゴニストです」。細胞生物学ジャーナル。141(4):1053–9。土井:10.1083 /jcb.141.4.1053。PMC  2132769。PMID  9585422。
キムCH、ペルスLM、ホワイトJR、ブロックスマイヤーHE(1998年9月)。「マクロファージ炎症性タンパク質-3ベータ/ EBI1-リガンドケモカイン/ CKベータ-11、CCケモカインは、骨髄系前駆細胞の中でマクロファージ前駆細胞に特異的な化学誘引物質です」。Journal ofImmunology。161(5):2580–5。PMID  9725259。
柳原S、小村E、長船J、渡来H、山口Y(1998年9月)。「EBI1 / CCR7は、成熟時にアップレギュレートされる樹状細胞ケモカイン受容体の新しいメンバーです」。Journal ofImmunology。161(6):3096–102。PMID  9743376。
長谷川秀樹、野村徹、河野正明、立石直樹、鈴木恭子、前田直樹、藤沢亮、吉江修、藤田晋。「ケモカイン受容体CCR7 / EBI1の発現の増加は、成人T細胞白血病細胞によるリンパ器官の浸潤を促進します」。血。95(1):30–8。土井:10.1182 /blood.V95.1.30。PMID  10607681。
Gosling J、Dairaghi DJ、Wang Y、Hanley M、Talbot D、Miao Z、Schall TJ。「最先端:ELC、SLC、TECKなどの樹状細胞およびT細胞活性ケモカインに結合する新規ケモカイン受容体の同定」。Journal ofImmunology。164(6):2851–6。土井:10.4049 /jimmunol.164.6.2851。PMID  10706668。
Agace WW、Roberts AI、Wu L、Greineder C、Ebert EC、Parker CM。「ヒトの腸固有層と上皮内リンパ球は、炎症によって誘発されるケモカインに特異的な受容体を発現します」。European Journal ofImmunology。30(3):819–26。土井:10.1002 / 1521-4141(200003)30:3 <819 :: AID-IMMU819> 3.0.CO; 2-Y。PMID  10741397。
Annunziato F、Romagnani P、Cosmi L、Beltrame C、Steiner BH、Lazzeri E、Raport CJ、Galli G、Manetti R、Mavilia C、Vanini V、Chantry D、Maggi E、Romagnani S。「マクロファージ由来のケモカインとEBI1リガンドケモカインは、発達のさまざまな段階でヒト胸腺細胞を引き付け、髄質上皮細胞の異なるサブセットによって産生されます:ネガティブセレクションへの影響の可能性」。Journal ofImmunology。165(1):238–46。土井:10.4049 /jimmunol.165.1.238。PMID  10861057。
Campbell JJ、Murphy KE、Kunkel EJ、Brightling CE、Soler D、Shen Z、Boisvert J、Greenberg HB、Vierra MA、Goodman SB、Genovese MC、Wardlaw AJ、Butcher EC、Wu L。「ヒトにおけるCCR7発現とメモリーT細胞の多様性」。Journal ofImmunology。166(2):877–84。土井:10.4049 /jimmunol.166.2.877。PMID  11145663。
Campbell JJ、Qin S、Unutmaz D、Soler D、Murphy KE、Hodge MR、Wu L、Butcher EC。「ケモカイン受容体発現レパートリーによって同定されたCD56 + NKおよびNK-T末梢血リンパ球のユニークな亜集団」。Journal ofImmunology。166(11):6477–82。土井:10.4049 /jimmunol.166.11.6477。PMID  11359797。
Taylor JR、Kimbrell KC、Scoggins R、Delaney M、Wu L、Camerini D。「ヒト胸腺細胞におけるケモカイン受容体の発現と機能:ヒト免疫不全ウイルス1型による感染への影響」。Journal ofVirology。75(18):8752–60。土井:10.1128 /JVI.75.18.8752-8760.2001。PMC  115120。PMID  11507220。
HöpkenUE、Foss HD、Meyer D、Hinz M、Leder K、Stein H、Lipp M。「リンパ球優位型ホジキン病ではなく、古典的におけるケモカイン受容体CCR7のアップレギュレーションは、リンパ器官における腫瘍性細胞の明確な播種と相関しています」。血。99(4):1109–16。土井:10.1182 /blood.V99.4.1109。PMID  11830455。
中山T、藤沢R、井沢D、日島K、高田K、吉江O。「エプスタインバーウイルスで不死化されたヒトB細胞はCCR6とCCR10をアップレギュレートし、CXCR4とCXCR5をダウンレギュレートします」。Journal ofVirology。76(6):3072–7。土井:10.1128 /JVI.76.6.3072-3077.2002。PMC  135988。PMID  11861876。
KJ、Lin K、Zuzel M、Cawley JCまで。「ケモカイン受容体CCR7およびalpha4インテグリンは、慢性リンパ性白血病細胞のリンパ節への移動に重要です」。血。99(8):2977–84。土井:10.1182 /blood.V99.8.2977。PMID  11929789。
Sánchez-SánchezN、Riol-Blanco L、de la Rosa G、Puig-KrögerA、García-BordasJ、MartínD、Longo N、Cuadrado A、CabañasC、CorbíAL、Sánchez-MateosP、Rodríguez-FernándezJL( 2004年8月)。「ケモカイン受容体CCR7は、成熟樹状細胞のアポトーシスを阻害する細胞内シグナル伝達を誘導します」。血。104(3):619–25。土井:10.1182 / blood-2003-11-3943。PMID  15059845。
López-CotareloP、Escribano-DíazC、González-BethencourtIL、Gómez-MoreiraC、Deguiz ML、Torres-Bacete J、Gómez-CabañasL、Fernández-BarreraJ、Delgado-MartínC、Mellado M、Regueiro JR -CarúsME、Rodríguez-FernándezJL。「新規MEK-ERK-AMPKシグナル伝達軸は、ヒト成熟樹状細胞におけるケモカイン受容体CCR7依存性生存を制御します」。J BiolChem。290(2):827–40。土井:10.1074 /jbc.M114.596551。PMC  4294505。PMID  25425646。
Riol-Blanco L、Sánchez-SánchezN、Torres A、Tejedor A、Narumiya S、CorbíAL、Sánchez-MateosP、Rodríguez-FernándezJL。「ケモカイン受容体CCR7は、樹状細胞で、走化性と遊走速度を独立して調節する2つのシグナル伝達モジュールを活性化します」。Journal ofImmunology。174(7):4070–80。土井:10.4049 /jimmunol.174.7.4070。PMID  15778365。
Torres-Bacete J、Delgado-MartínC、Gómez-MoreiraC、Simizu S、Rodríguez-FernándezJL。「哺乳類の滅菌20様1キナーゼはヒト樹状細胞の選択的CCR7依存性機能を制御する」。Journal ofImmunology。195(3):973–81。土井:10.4049 /jimmunol.1401966。PMID  26116501。
Sánchez-SánchezN、Riol-Blanco L、Rodríguez-FernándezJL。「樹状細胞におけるケモカイン受容体CCR7の複数の個性」。Journal ofImmunology。176(9):5153–9。土井:10.4049 /jimmunol.176.9.5153。PMID  16621978。
Escribano C、Delgado-MartínC、Rodríguez-FernándezJL。「樹状細胞における生存のCCR7依存性刺激はGSK3βの阻害を伴う」。Journal ofImmunology。183(10):6282–95。土井:10.4049 /jimmunol.0804093。PMID  19841191。
には、パブリックドメインにある米国国立医学図書館のテキストが組み込まれています。

投稿日:
カテゴリー: C