C-fos-induced_growth_factor

C-fos誘導性成長因子(FIGF)(または血管内皮増殖因子D、VEGF-D)は、ヒトではFIGF遺伝子によってコードされる血管内皮増殖因子です。 VEGFD 利用可能な構造 PDB オーソログ検索:PDBe RCSB
PDBIDコードのリスト 2XV7 識別子
エイリアス
VEGFD、VEGF-D、FIGF、C-fos誘導成長因子、c-fos誘導成長因子(血管内皮増殖因子D)、血管内皮増殖因子D
外部ID
OMIM: 300091 MGI: 108037 HomoloGene: 3288 GeneCards: VEGFD
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 X染色体(ヒト)
バンド Xp22.2 開始
15,345,596 bp
終わり
15,384,413 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 X染色体(マウス)
バンド
X F5 | X 76.35 cM
開始
164,373,378 bp
終わり
164,402,650 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能
• タンパク質ホモ二量体化活性• 血小板由来成長因子受容体結合• 化学誘引物質活性• GO:0001948タンパク質結合• 血管内皮成長因子受容体結合• 成長因子活性• 血管内皮成長因子受容体3結合
細胞成分
• 膜• 細胞外領域• 血小板アルファ顆粒内腔• 細胞外
生物学的プロセス
• ドーパミン作動性ニューロン分化• 細胞分化• マスト細胞走化性の正の調節• 血小板脱顆粒• 正の走化性の誘導• 多細胞生物の発達• 細胞増殖の正の調節• 細胞増殖• 細胞分裂の正の調節• 正の走化性• 血管新生• 低酸素への応答• 内皮細胞増殖の正の調節• 血管形成の正の調節• 血管内皮増殖因子受容体シグナル伝達経路• 受容体活性の調節• 細菌に応答• タンパク質リン酸化の正の調節• 出芽血管新生• 血管内皮増殖因子シグナル伝達経路
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 2277 14205 Ensembl ENSG00000165197 ENSMUSG00000031380 UniProt O43915 P97946 RefSeq(mRNA) NM_004469 NM_010216 NM_001308489
RefSeq(タンパク質) NP_004460 NP_001295418 NP_034346
場所(UCSC)
Chr X:15.35 – 15.38 Mb
Chr X:164.37 – 164.4 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
内容
1 関数
2 リンパ節への腫瘍転移
3 参考文献
4 外部リンク
5 参考文献
関数
この遺伝子によってコードされるタンパク質は、血小板由来成長因子/血管内皮成長因子(PDGF / VEGF)ファミリーのメンバーであり、血管新生、リンパ管新生、および内皮細胞の成長に積極的です。この分泌タンパク質は複雑なタンパク質分解成熟を経て、VEGFR-2およびVEGFR-3受容体に結合して活性化する複数のプロセシングされた形態を生成します。このタンパク質の構造と機能は、血管内皮増殖因子Cのものと類似しています。
リンパ節への腫瘍転移
リンパ節転移は、非常に多くの場合、いくつかのタイプのヒトの悪性腫瘍に関連しています。がん細胞のリンパ節への移動は、主に原発腫瘍内およびその周辺にあるリンパ管を介して行われます。主にリンパ管で発現するVEGFR-3とのVEGF-Dの相互作用は、リンパ管の再構築において重要な役割を果たし、したがって、導管に沿った体液および細胞輸送に関連するその機能を変化させることができます。VEGF-Dは、いくつかのタイプのヒト癌の腫瘍組織と患者の血清サンプルの両方で過剰発現することが確立されています。さらに、VEGF-Dの発現は、局所リンパ節転移の発生率の増加に関係しています。実験的なマウスの研究では、VEGF-Dタンパク質の産生を余儀なくされた遺伝子組み換え腫瘍細胞が、局所リンパ節転移を促進するために確立されました。
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000165197 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000031380 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「マウスPubMedリファレンス:」。国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ a b “Entrez Gene:FIGF c-fos誘導成長因子(血管内皮増殖因子D)”。
^ Stacker SA、Caesar C、Baldwin ME、Thornton GE、Williams RA、Prevo R、Jackson DG、Nishikawa S、Kubo H、Achen MG。「VEGF-Dはリンパ管を介して腫瘍細胞の転移性拡散を促進します」。ネイチャーメディシン。7(2):186–91。土井:10.1038 / 84635。PMID 11175849。  
外部リンク
UCSC GenomeBrowserのヒトFIGFゲノム位置とFIGF遺伝子詳細ページ。
参考文献
丸山K、菅野S(1994年1月)。「オリゴキャッピング:真核生物のmRNAのキャップ構造をオリゴリボヌクレオチドに置き換える簡単な方法」。遺伝子。138(1–2):171–4。土井:10.1016 / 0378-1119(94)90802-8。PMID  8125298。
Orlandini M、Marconcini L、Ferruzzi R、Oliviero S(1996年10月)。「血小板由来成長因子/血管内皮成長因子ファミリーに関連するc-fos誘導遺伝子の同定」。アメリカ合衆国科学アカデミー紀要。93(21):11675–80。土井:10.1073 /pnas.93.21.11675。PMC  38117。PMID  8876195。
山田悠、根津淳、島根晃、平田悠(1997年6月)。「新規血管内皮増殖因子、VEGF-Dの分子クローニング」。ゲノミクス。42(3):483–8。土井:10.1006 /geno.1997.4774。PMID  9205122。
鈴木恭子、吉友中川健一、丸山健一、須山晃、菅野晋(1997年10月)。「完全長濃縮および5 ‘末端濃縮cDNAライブラリーの構築と特性評価」。遺伝子。200(1–2):149–56。土井:10.1016 / S0378-1119(97)00411-3。PMID  9373149。
Achen MG、Jeltsch M、Kukk E、MäkinenT、Vitali A、Wilks AF、Alitalo K、Stacker SA(1998年1月)。「血管内皮増殖因子D(VEGF-D)は、チロシンキナーゼVEGF受容体2(Flk1)およびVEGF受容体3(Flt4)のリガンドです」。アメリカ合衆国科学アカデミー紀要。95(2):548–53。土井:10.1073 /pnas.95.2.548。PMC  18457。PMID  9435229。
Rocchigiani M、Lestingi M、Luddi A、Orlandini M、Franco B、Rossi E、Ballabio A、Zuffardi O、Oliviero S(1998年1月)。「HumanFIGF:クローニング、遺伝子構造、およびPIGAとGRPR遺伝子間の染色体Xp22.1へのマッピング」。ゲノミクス。47(2):207–16。土井:10.1006 /geno.1997.5079。PMID  9479493。
Stacker SA、Stenvers K、Caesar C、Vitali A、Domagala T、Nice E、Roufail S、Simpson RJ、Moritz R、Karpanen T、Alitalo K、Achen MG(1999年11月)。「血管内皮増殖因子-Dの生合成には、非共有結合ホモ二量体を生成するタンパク質分解プロセシングが含まれます」。Journal of BiologicalChemistry。274(45):32127–36。土井:10.1074 /jbc.274.45.32127。PMID  10542248。
中村恭子、安岡秀樹、辻本正明、ヤンQ、今文S、中原M、中尾K、中村M、森I、角堂K。「長期追跡調査を伴う乳癌における血管内皮増殖因子Dの予後的意義」。臨床がん研究。9(2):716–21。PMID  12576440。
横山Y、チャーノックジョーンズDS、ライセンスD、柳原A、ヘイスティングスJM、オランダCM、江本M、梅本M、坂本T、佐藤S、水沼H、スミスSK。「血管内皮増殖因子-Dは上皮性卵巣癌の独立した予後因子です」。ブリティッシュジャーナルオブキャンサー。88(2):237–44。土井:10.1038 /sj.bjc.6600701。PMC  2377043。PMID  12610509。
Rissanen TT、Markkanen JE、Gruchala M、Heikura T、Puranen A、Kettunen MI、KholováI、Kauppinen RA、Achen MG、Stacker SA、Alitalo K、Ylä-HerttualaS。「VEGF-Dは、アデノウイルスを介して骨格筋に送達されるVEGFの中で最も強力な血管新生およびリンパ管新生エフェクターです」。循環研究。92(10):1098–106。土井:10.1161 /01.RES.0000073584.46059.E3。PMID  12714562。
船木H、西村G、原田S、二宮I、寺田I、伏田S、谷T、藤村T、茅原M、清水K、太田T、美和K(2003)「血管内皮増殖因子Dの発現は、ヒト結腸直腸癌のリンパ節転移に関連しています」。腫瘍学。64(4):416–22。土井:10.1159 / 000070301。PMID  12759540。
Orlandini M、Semboloni S、Oliviero S。「ベータカテニンは血管内皮増殖因子-DmRNAの安定性を逆に調節します」。Journal of BiologicalChemistry。278(45):44650–6。土井:10.1074 /jbc.M304255200。PMID  12920128。
McColl BK、Baldwin ME、Roufail S、Freeman C、Moritz RL、Simpson RJ、Alitalo K、Stacker SA、Achen MG。「プラスミンはリンパ管新生増殖因子VEGF-CおよびVEGF-Dを活性化します」。実験医学ジャーナル。198(6):863–8。土井:10.1084 /jem.20030361。PMC  2194198。PMID  12963694。
Vlahakis NE、Young BA、Atakilit A、Sheppard D。「リンパ管新生血管内皮増殖因子VEGF-Cおよび-Dはインテグリンalpha9beta1のリガンドです」。Journal of BiologicalChemistry。280(6):4544–52。土井:10.1074 /jbc.M412816200。PMC  1368959。PMID  15590642。
倉原秀樹、高尾聡、前村健一、新地秀樹、夏越聡、愛光隆。「ヒト膵臓癌における血管内皮増殖因子-Cおよび-D発現の影響:リンパ節転移との関係」。臨床がん研究。10(24):8413–20。土井:10.1158 /1078-0432.CCR-04-0379。PMID  15623620。
Fink AM、Kaltenegger I、Schneider B、FrühaufJ、Jurecka W、Steiner A。「原発性リンパ浮腫患者におけるVEGF-Dの血清レベル」。リンパ学。37(4):185–9。PMID  15693535。
Kaushal V、Mukunyadzi P、Dennis RA、Siegel ER、Johnson DE、Kohli M。「前立腺癌における血管内皮増殖因子軸の段階特異的特性評価:リンパ管新生マーカーの発現は進行期の疾患に関連しています」。臨床がん研究。11(2 Pt 1):584–93。PMID  15701844。
Yasuoka H、Nakamura Y、Zuo H、Tang W、Takamura Y、Miyauchi A、Nakamura M、Mori I、Kakudo K。「VEGF-Dの発現とリンパ管は、甲状腺乳頭癌のリンパ節転移に重要な役割を果たしています」。現代の病理学。18(8):1127–33。土井:10.1038 /modpathol.3800402。PMID  15803188。

投稿日:
カテゴリー: C