C-Netz

 「C-Netz」  
無線電話網C(ドイツ語:Funktelefonnetz-Cと略記C-ネッツは)、であった第一世代の アナログ 携帯電話に配備および作動システムドイツ(最初に西ドイツによって)DeTeMobil以前の(ドイツBundespostテレコム、現在ドイツテレコム)。これは、元々Siemens AGによって開発されたC450標準を利用し、主にドイツ国内で使用された一連のアナログ携帯電話システムの3番目で最後の更新であり、B-Netzおよびその前のA-Netz。これは廃止され、新しいD-NetzシステムとE-Netzシステムの両方に置き換えられました。どちらも、GSM標準(デジタル)に基づいており、それぞれ900MHzと1800MHzの帯域で動作します。
C-Netzロゴ
1993年のC-Netzのロゴ。マゼンタのテレコムのロゴタイプと郵便ラッパのエンブレムが現在も使用されています。テレホンカードの記号は、SIMカードの前身であるユーザーカードが
公衆電話の標準テレホンカードとしても使用できること
を示すために、Cロゴと一緒によく使用されていました C-Netzは1985年から2000年まで活動し、2001年まで特定の地域で活動していました。それ以来、ドイツのすべての消費者向け携帯電話サービスはデジタルのみです。
C-Netzのダイヤルコードは0161で、現在は使用されその結果、C-Netzがシャットダウンされたときに、ユーザーは自分の番号をGSMネットワークに転送できませんでした。
内容
1 タイムライン
1.1 将来の使用
2 技術的な案内
2.1 ローミング
3 も参照してください
4 参考文献
タイムライン
C-Netzは、当時ドイツで使用されていた既存のB-Netz / B2-Netzシステムに代わるものとして、1985年に正式に導入されました(1984年に非公式の試験が行われました)。B-Netzモバイルネットワークの問題により、C-Netzの早期採用は非常に高く、特に以前のB-Netzカバレッジが不足していた農村地域で顕著でした。ただし、他の第1世代のアナログシステムと同様に、通話品質が低く、盗聴の影響を受けやすくなっています。このシステムは西ドイツと西ベルリンで構築されましたが、1990年のドイツ再統一後、新しいドイツの州で急速に構築されました。
1988年12月までに、このサービスは10万人近くの顧客に成長し、1990年代初頭には約80万人のピークユーザーベースに達しました。それは、携帯電話、特に地方のタクシーサービスのための好ましいシステムとして10年を通して人気があり、受信において有利でした。ただし、他のすべての点で新しいGSMネットワークより劣っていたため、1990年代後半までにドイツテレコムは新しい顧客の受け入れを停止しました。そのユーザーベースは急速に減少しました。1999年には、10月の23万人の顧客から11月の21万人の顧客になりました。 C-Netzサービスは2000年12月31日にシャットダウンされました。ドイツとオランダの国境近くの一部のセルは、さらに数か月間アクティブのままでしたが、最終的には同様に廃止されました。
将来の使用
ドイツのC-Netz無線スペクトル(2つの6 MHz広い周波数帯域)は、2005年に開始されたFlarionのFlash-OFDMモバイルネットワーク標準で使用するために再割り当てされました。主にインターネット接続でドイツの鉄道サービスにサービスを提供するために使用されましたRailnetという名前で。
技術的な案内
  ボッシュが製造したC-Netz自動車電話
c。1989年
C450規格は、1980年にSiemensによって開発されました。これは、非可聴帯域内信号方式、帯域反転によるオーディオスクランブリング、および混雑時のセルネットワークコールキューイングを利用した1Gアナログセルラー規格です。セルラーノードのサイズはさまざまで、15〜20 kmのプライマリセルサイズと2〜3kmのマイクロセルをサポートします。チャネル帯域幅は通常20kHzでしたが、わずか12kHzの狭帯域モードで動作させることができました。その名前が示すように、450 MHzUHF周波数範囲用に設計されました。
ローミング
C-NetzのC450標準は、国際ローミングを禁止する異種セルラーシステムでした。フランスはRadioCom2000アナログ規格を使用し、スウェーデン、デンマーク、オランダ、スイスは450または900MHz帯域のNMTアナログ規格を使用しました。
オーストリア独自のC-Netzシステムは、C450ではなくNMT標準を利用していました。これは、ドイツの標準に基づいていたオーストリアで使用されていた以前のシステム(A-Netz、B-Netz)とは異なります。
も参照してください A-Netz B-Netz D-Netz E-Netz
参考文献
^ a b c 「ユーザー寄稿サプリメント、セルラーの歴史、プライベートラインマガジン」。2007年8月13日にオリジナルからアーカイブされました。 ^ 「分散ビジネスプロセスのモデリング、シミュレーション、分析(ドイツ語)」。2007年5月23日にオリジナルからアーカイブされました。
^ https://www.heise.de/newsticker/meldung/Noch-ein-Konkurrent-fuer-UMTS-108071.html”

投稿日:
カテゴリー: C