C-rich_stability_element

Cリッチ安定要素はの適切な合成のための重要な遺伝子配列の短い部分であるグロビンおよびいくつかの他のヒトタンパク質。
個々のmRNAの安定性の違いは、遺伝子の全体的な発現レベルに劇的な影響を与える可能性が真核生物のmRNAの半減期は、最短で数分から最長で数日までさまざまです。ヒト赤血球細胞の分化において、高レベルのアルファグロビンタンパク質の沈着は、アルファグロビンmRNAの異常に長い半減期(24時間以上)に依存しています。アルファグロビンmRNAの安定性決定因子は、その3’UTRのピリミジンに富むセグメントにマッピングされています。この領域は、特定のアルファリボ核タンパク質の集合を指示することによって安定性を与えますこのサイトで複雑。その後、HolcikとLiebhaberは、3’UTR内の相同ピリミジンリッチ領域でアルファグロビンタンパク質複合体を組み立てる他の3つの非常に安定した真核生物mRNA(ウサギリポキシゲナーゼ、ラットチロシンヒドロキシラーゼ、およびヒトα(I)コラーゲン)を特定しました。
ErEN切断部位V -cccaacgggcccu—ccucccc—ucc / u アルファグロビン(HBA1またはHBA2、NM_000517.1) cccca —– cccu—cuuccccaa
リポキシゲナーゼ(ALOX15、NM_001140) -ccca —- gcccacuuuuccccaa
alpha(I)-コラーゲン(COL1A1、NM_000088) cucca — uccccu —- ucuccaa
tyroilsmochieヒドロキシラーゼ(TH、NM_000360)
ycca 1〜5 cccw 1〜4 ucycc :コンセンサス(Holcik and Liebhaber、1997)
Cリッチ要素に採用されたトランス作用因子の数と同一性についてはいくつかの議論がただし、アルファグロビンポリ(C)結合タンパク質(alphaCP)は、アルファ複合体として知られているもののコア構成要素であることが合意されています。39Kdaのタンパク質であるalphaCPは、CリッチなRNAシグナルに直接結合することが示されています。alphaCP1とalphaCP2の2つのalphaCPが研究は複合体は、アルファグロビンmRNAのCリッチエレメントの近くの部位を赤芽球エンドヌクレアーゼ(ErEN)から保護する可能性がアルファグロビン安定性複合体に必要なタンパク質成分の多くは、種や細胞の種類を超えて広く発現しているように見えるため、mRNA安定化のこのメカニズムは一般的なものである可能性がただし、マウスでは、シスとトランスの決定因子はある程度分岐しています。マウスシーケンスの要件は、主にCが豊富なヒト要素と比較して、CとUが等しく豊富です。このシフトにもかかわらず、マウスのアルファグロビンmRNAは、ポリ(C)結合タンパク質の特異性が相補的に変化するため、依然として安定しています。
参考文献
J Kong and SA Liebhaber(2007)。「3 ‘非翻訳領域へのリボソーム伸長によって引き起こされる細胞型制限mRNA監視経路」。ネイチャーストラクチャー&#38分子生物学。14(7):670–676。土井:10.1038 / nsmb1256。PMID  17572684。
外部リンク
Cリッチ安定性要素のトランスタームページ

投稿日:
カテゴリー: C