C-Sick

チャールズ・デュマザー(1991年1月10日生まれ)は、プロとしてC-Sickとして知られており、イリノイ州シカゴ出身のグラミー賞にノミネートされたフランス系アメリカ人のレコードプロデューサーです。彼は17歳で最初のビートバトルに参加し、2008年のシカゴビッグチューンビートバトルチャンピオンになりました。C-Sickは、音楽プロデューサーになる能力を聴衆に証明するために、ニューヨーク市のナショナルファイナルに行く機会がありました。C-Sickは、Nas、Logic、Meek Mill、Tory Lanez、Fabolous、GHerboなどのアーティスト向けの音楽を制作しています。、および他の多く。C-Sickの多様性により、Billboard Hot100で複数のプラチナレコードとプレースメントを獲得しています。 C-Sick 背景情報
出生名
チャールズ・デュマザー
生まれ
(1991-01-10)1991年1月10日(30歳) フランス、アヴィニョン
原点
シカゴ、イリノイ、米国
ジャンル
ヒップホップ
職業
レコードプロデューサー、ソングライター
楽器 FLStudio 活動年数
2009年〜現在
ラベル
C-Sick Music
関連する行為
Logic、Lil Durk、Meek Mill、Tory Lanez、Lil Bibby、Lil Herb、Chance the Rapper、Jeremih
ウェブサイト
Buycsickbeats .com
内容
1 若いころ
2 グラミー賞 3 2020 3.1 トリーレーンズ–ニュートロント3 3.2 G Herbo – PTSD
4 2019年
4.1 G Herbo –セッション 4.2 ジュースワールド 4.3 キングL 4.4 リル・リース 4.5 YBNオールマイティジェイ
5 2018年
5.1 Meek Mill –チャンピオンシップ 5.2 Tory Lanez – Love Me Now? 5.3 キングL 5.4 Cドット本町–ヘッド本町 5.5 ルイスファラッカン–世界を変えよう 5.6 ブラック・チャイナ
6 2017年
6.1 トリー・レーンズ–思い出は死なない 6.2 ファボラス–金曜日のエルムストリート(ジェイダキスと) 6.3 Meek Mill – RGB 6.4 ロジック–みんな 6.5 G Herbo –謙虚な獣 6.6 トリーレーンズ–「新しいトロント2」 6.7 トリーレーンズ–「Chixtape4」
7 2016年
7.1 Meek Mill – DC4 7.2 リル・ダーク–「300日300夜」 7.3 リル・ダーク–「彼らは忘れた」 7.4 ヤングスクーター–「ストリートロッタリー3」 7.5 トリーレーンズ–「ファーゴフライデーズ」 7.6 Tink – Winter’s Diary 4 7.7 Lil Herb –「厳密に4人の私のファン」 7.8 チャンス・ザ・ラッパー(ジェレマイと)–メリークリスマスリルママ
8 2015年
8.1 リルビビー 8.2 キングL– Drilluminati 3 8.3 チャンス・ザ・ラッパー–サーフ(ドニー・トランペットと社会実験) 8.4 リル・ダーク–私の名前を覚えて 8.5 ゾナマン–前進なし 8.6 Tink – Winter’s Diary 3 8.7 Lil Herb –私が神戸のようにバリン 8.8 ロジック–信じられないほどの実話 8.9 Lil Bibby –フリークラック3 8.10 リル・ダーク– 300日300泊 8.11 トリーレーンズ–ニュートロント 8.12 Alkpote&fr:Butter Bullets –「TénébreuseMusique」 8.13 Young Gii –「IslandsToTheCity」
9 2014年
9.1 Lil Herb –ようこそ-ファゾランド 9.2 ヨンバーグ 9.3 スタントテイラー– StuntN On Turbo 9.4 キングL–トニー 9.5 リル・ダーク–ストリート2に署名 9.6 トゥイスタ–ダークホース 9.7 Lil Herb –私が神戸のようにバリン 9.8 キングL 9.9 ファボラス–ヤングOGプロジェクト 9.10 ヤングスクーター–水差しシーズン
10 2013年
10.1 フレッドサンタナ–フレドクルーガー 10.2 YP –ワイドアウェイク 10.3 ロジック–若いシナトラ:永遠へようこそ 10.4 YP –落ち着きがない 10.5 リル・トゥイストfeat。マイリー・サイラス&ジャスティン・ビーバー 10.6 論理
11 2012年
11.1 キングL–映画 11.2 Sir Michael Rocks – The Grow Op:Official 4/20 Mixtape 11.3 ロジック–若いシナトラ:否定できない 11.4 ソニー・カーソン–フライト#2012 11.5 フレッドサンタナ–それは怖い光景です 11.6 キングL–ショータイム 11.7 キングL–ドープ&エビ 11.8 ファボラス–SOULテープ2
12 2010年
12.1 GLC 12.2 スカイズー–偉大な討論者
13 2009年
13.1 ナズ
14 外部リンク
若いころ
フランスで生まれたC-Sickは、9歳のときにシカゴに移り、イリノイ州シカゴの南東側で育ちましたが、「イーストサイド」として知られています。15歳までに、正式な音楽トレーニングを受けずに、FL Studio(以前のFruity Loops)のビート作成プログラムを使い始めました。彼は最初にジュークとフットワークのトラックを作成し、ラジオでカニエ・ウェストの曲「Through the Wire」を聴いた後、ヒップホップのビートをサンプリングして作成することにしました。17歳のとき、彼は2008年のレッドブルビッグチューンビートバトルナショナルチャンピオンになり、伝説的なヒップホップアーティストNasの曲「Film」をプロデュースしました。彼は現在、FL Studio7を使用してビートを作成しています。ク・シックは、次のような生産に影響されたジャスト・ブレイズ、そしてカニエ・ウェスト。
グラミー賞
グラミー賞は、毎年授与されているナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス。C-Sickは、チャンピオンシップ (Meek Mill)での彼の作品の最初のノミネートを上陸させました。
年 ノミニー/仕事 賞 結果
2019年 チャンピオンシップ(ミークミル) 最優秀ラップアルバム ノミネート 2020 トリーレーンズ–ニュートロント3
06.「アクシデントハプン」(feat。リル・ティージェイ)
13.「都市への手紙2」
G Herbo – PTSD
14.「直感」 2019年 G Herbo –セッション
06.「セッション」
ジュースワールド
00.「今」
キングL
00.「テスラ」
リル・リース
01.「GetBackMood(パート2)」
YBNオールマイティジェイ
01.「LetMeBreathe」 2018年 Meek Mill –チャンピオンシップ
16.「ウィットザシッツ」
Tory Lanez – Love Me Now?
01.「なぜあなたは私を愛していないのですか?」
キングL
00.「ただリラックス」
Cドット本町–ヘッド本町
03.「無効」
ルイスファラッカン–世界を変えよう
00.「I’llFightYa」(feat。リック・ロス、スヌープ・ドッグ&コモン)
ブラック・チャイナ
00.「値する」(feat。ヨー・ガッティ&ジェレマイ) 2017年 トリー・レーンズ–思い出は死なない
03.「シューターズ」
07.「本物」(feat。フューチャー)
ファボラス–金曜日のエルムストリート(ジェイダキスと)
05.「ソウルフード」
Meek Mill – RGB
01.「王」
ロジック–みんな
08.「間違いなくモス」
G Herbo –謙虚な獣
12.「赤い雪」
00.「雨」
トリーレーンズ–「新しいトロント2」
02.「バルハーバー」(feat。A $ AP Ferg)
03.「DopeManGo」
05.「LICKxDrive You Crazy」(Play Picasso&EC Frescoで制作)
06.「ダンシン」(PlayPicasso制作)
07.「ニューイヤー/ $ auce Baby」(Play Picassoプロデュース)
11.「とにかく」
トリーレーンズ–「Chixtape4」
12.「アリーヤ」( PlayPicassoで制作) 2016年 Meek Mill – DC4
01.「エムのために祈る」
リル・ダーク–「300日300夜」
04.「トラップハウス」(feat。ヤング・サグ&ヤング・ドルフ)
リル・ダーク–「彼らは忘れた」
03.「遅すぎる」
08.「WeDemNiggas」(feat。Mozzy&OTF lkey)
ヤングスクーター–「ストリートロッタリー3」
01.「Doin’Numbers」
トリーレーンズ–「ファーゴフライデーズ」
01.「ティムダンカン」
02.「IWantYou」(feat。Spenzo)
03.「ダイヤモンド」
Tink – Winter’s Diary 4
06.「StayOnIt」(feat。リル・ダーク)
Lil Herb –「厳密に4人の私のファン」
01. Strictly 4 My Fans(Intro)」(DJ Lプロデュース)
08.「ビーンハヴィン」
11.「Jay-Z(Outro)」(DJ Lプロデュース)
チャンス・ザ・ラッパー(ジェレマイと)–メリークリスマスリルママ
03.「ストレンジャー・アット・ザ・テーブル」(ボンゴ・ザ・ドラム・ガード製作)
09.「メリークリスマスリルママ」(ピーターコットンテール&DJスピンプロデュース) 2015年 リルビビー
(フィーチャー01.「ベターデイズ」リルハーブを)
キングL – Drilluminati 3
09.「私はどこから来たのか」
チャンス・ザ・ラッパー–サーフ (ドニー・トランペットと社会実験)
03.「ウォームイナフ」(J.コールとノーネームジプシーをフィーチャー)
06.「ウィンドウズ」(BJザシカゴキッド&ラウリーをフィーチャー)
リル・ダーク–私の名前を覚えて
01.「500Homicides」
ゾナマン–前進なし
03.「MeanToMe」(feat。フューチャーとリル・ダーク)
08.「町のポンド」
09.「RunUpOnMe」
Tink – Winter’s Diary 3
01.「好き」
Lil Herb –私が神戸のようにバリン
01.「L’s」
10.「心配しないで」(Feat。LilBibby)
ロジック–信じられないほどの実話
15.「行ったことはない」
16.「実行する」
Lil Bibby –フリークラック3
09.「彼が発見した場合」(偉業。ティンクとJacquees)
11.「何もないところから来た」
リル・ダーク– 300日300泊
01.「イントロ」
02.「GunzN’Money」
04.「ワッフルハウス」(feat。ヤングドルフ)
05.「ThisCase」(feat。HypnoCarlito)
06.「MyBeyonce」(feat。DejLoaf)
10.「SpentMe」(feat。MeekMill)
12.「ジャンプオフ」
18.「ライド4ミー」
ボーナス:ゾナ男「を意味するミー」(偉業。今後とリル・ダーク)
トリーレーンズ–ニュートロント
11.「都市への手紙」
Alkpote&fr:Butter Bullets –「TénébreuseMusique」
07.「ノーリミット」(feat。ハムザ)
Young Gii –「IslandsToTheCity」
02.「それだけでは不十分」
04.「最も寒い夏1」 2014年 Lil Herb –ようこそ-ファゾランド
07.「マンマごめんなさい」
ヨンバーグ
00「私はね」(特色キングロスを)
スタントテイラー– StuntN On Turbo
00.「1ナイト」
03.「FleeAmigo」(L王をフィーチャー)
04.「ミートミー」
08.「FriendOfMe」(チーフキーフとトゥイスタをフィーチャー)
09.「プッシーダチ」
10.「理解する」
11.「歩く証」
キングL -トニー
11.「FuckNigga」
14.「あなたはそれを信じますか」
00.「FuckYou」(ボーナス)
00.「GiveYouThat」(ボーナス)
リル・ダーク–ストリート2に署名
04.「噂」
トゥイスタ–ダークホース
01.「FriendOfMe」(チーフキーフとスタントテイラーをフィーチャー)
Lil Herb –私が神戸のようにバリン
01.「フランキーライモン」
キングL
00.「ファッション」(ケイティ・ガット・バンズをフィーチャー)
ファボラス–ヤングOGプロジェクト
08.「ラップ&セックス」
ヤングスクーター–水差しシーズン
02.「コカイナモタ」 2013年 フレッドサンタナ–フレドクルーガー
04.「UpThemPoles」(ボールアウトをフィーチャー)
YP –ワイドアウェイク
02.「海へ」
03.「ブローマイハイ」
05.「RubADub」(L王をフィーチャー)
07.「悪い愚痴」(リリックをフィーチャー)
08.「SmokeSomething」(ロッキーフレッシュをフィーチャー)
12.「終日」
ロジック–若いシナトラ:永遠へようこそ
04.「午前5時」
05.「ブレイク・イット・ダウン」(feat。ジェネイ・アイコ)
09.「ウォークオンバイ」
17.「共通ロジック」
20.「TheEnd」(ケビン・ランドルフと共同制作)
YP –落ち着きがない
02.「そっと」
07.「アナザーラウンド」
08.「ヒップホップ」(ミッキー・ハルステッドをフィーチャー)
10.「高」
12.「MuchTalkin」(Lyriqをフィーチャー)
13.「ラバーバンド」
15.「DoItLike I Do」(Lil Bibbyをフィーチャー)
リル・トゥイストfeat。マイリー・サイラス&ジャスティン・ビーバー
00.「Twerk」
論理
00.「TwoKings」(feat。KingChip) 2012年 キングL -モーションピクチャーズ
01.「バー」
20.「私のディックを降りる」
Sir Michael Rocks – The Grow Op:Official 4/20 Mixtape
03.「私たちは高くなる」
ロジック–若いシナトラ:否定できない
03.「デッドプレジデントIII」
12.「私たちは高くなる」
ソニー・カーソン–フライト#2012
07.「WeOwnThe Night」(ジム・ジョーンズをフィーチャー)
フレッドサンタナ–それは怖い光景です
01.「WAR」(SDをフィーチャー)
キングL -ショータイム
02.「ショータイム」
キングL -ドープ&シュリンプ
01.「ヴァルヴェニス」
02.「ValVenis(Remix)」(ジェレマイをフィーチャー)
ファボラス- SOULテープ2
04.「私たちは高くなる」 2010年 GLC
01.「GOnHisDollarz」
スカイズー–偉大な討論者
09.「すべてが進むまで」 2009年 ナズ
01.「映画」
外部リンク
C-病気のツイッター
  C-病気に投稿

投稿日:
カテゴリー: C