C-Stoff

C-Stoff(「物質C」)は、第二次世界大戦中にドイツのHellmuth Walter Kommanditgesellschaftによって開発された(燃料自体としての)二元推進ロケット燃料で使用される還元剤でした。これは、酸化剤としてT-Stoff(高濃度過酸化水素)を使用するために開発されました。これは、燃料としてのC-Stoffと一緒になって、ハイパーゴリック混合物を形成します。
メタノール CH 3 OH
〜57重量%
ヒドラジン 水和物 N 2 H 4・H 2 O
約30重量%
水 H 2 O
〜13重量%
触媒431 K 3
テトラシアノ銅酸カリウム(I)
C-Stoffの成分の比率は、T-Stoffの分解を触媒し、分解によって放出された酸素による燃焼を促進し、十分な量の高反応性ヒドラジンによって均一な燃焼を維持するために開発されました。ロケット燃料として使用されるC-Stoffと酸化剤として使用されるT-Stoffの組み合わせは、ハイパーゴリック燃料の組み合わせとしての組み合わせの性質から自発的な爆発を引き起こすことが多く、燃料補給作業では厳格な衛生状態が必要でした。この燃料システムを採用したメッサーシュミットMe163航空機には、壊滅的な爆発が数多く発生しました。別の危険は、各推進剤の人間への毒性でした。
C燃料
戦後、連合軍によるロケット推進剤の研究は、「C燃料」という名前でアームストロングシドレーベータなどのエンジンで続けられました。
も参照してください UDMH stoffsのリスト
参考文献
^ BothoStüwe、PeeneMündeWest、Weltbildverlag ISBN  3-8289-0294-4、1998ページ220、ドイツ語
 「C-Stoff」  

投稿日:
カテゴリー: C