C-UWB

C-UWBは、連続パルス超広帯域(UWB)テクノロジーの頭字語です。C-UWBは、個々のパルスの持続時間が短いため、帯域幅を導き出します。情報は、パルスの極性、パルスの振幅をエンコードすることによって、または直交パルス形状変調を使用することによって、UWB信号(パルス)に伝達(変調)することができます。極性変調は、従来のRF技術のBPSKに類似しています。直交波形変調では、2つの直交UWBパルス形状が使用されます。これらは、QPSKと同様の方法でさらに極性変調されます従来の無線技術で。好ましくは、変調データビットは、1および0の発生をランダム化するためにスクランブルまたは「ホワイトニング」されます。パルスは連続ストリームとして連続して送信されるため、ビットレートはパルスレートと等しくなります。
C-UWBシステムは、2008年に1.3ギガパルス/秒を超えるチャネルパルスレートで実証され、675 Mbit / sを超える前方誤り訂正符号化データレートをサポートします。連続パルスUWBテクノロジーは、IEEE802.15.4a規格で指定されている物理層の1つの基盤でした。
参考文献
^ Fanny Mlinarsky(2008年2月19日)。「ワイヤレスHDビデオ:UWBスループットバーを上げる(再び)」。EETimes。
Stub icon  
ワイヤレステクノロジーに関するこ

投稿日:
カテゴリー: C