C’est_la_chanson_de_mon_amour

 「C’estla chanson de mon amour」  
「セラヴィシャンソン・ド・モナムール」(英語訳:これは、「私の愛の歌である)であったスイスのエントリーユーロビジョン・ソング・コンテスト1972で行われ、フランス人によってヴェロニク・ミュラー。
「C’estlachanson de monamour」
ユーロビジョンソングコンテスト1972エントリー 国 スイス
アーティスト
ヴェロニクミュラー
言語
フランス語
作曲家
ヴェロニクミュラー
作詞家
キャサリン・デサージュ
導体
ジャンピエールフェスティ
ファイナルパフォーマンス
最終結果 8日 最後のポイント 88 エントリー年表
◄「Lesillusionsde nos vingt ans」(1971)   
「Jevaisme marier、Marie」(1973)►
歌はバラードで、ミュラーは彼女の愛について歌い、この歌を彼女の恋人に捧げます。
この曲は、ポルトガルのカルロス・メンデスが「A festa da vida」で、マルタのヘレン&ジョセフが「L-imħabba」で先行して、8日夜に演奏されました。投票の終了時に、それは88ポイントを獲得し、18のフィールドで8位になりました。
それは次のように成功したスイス代表で1973年のコンテストによるパトリック・ジュビット「とのJe vais私marier、マリー」。
このスイス関連
この1970年代の歌関連

投稿日:
カテゴリー: C