C’est_la_sardine_qui_a_bouché_le_port_de_Marseille

「C’estlasardinequiabouchéleportdeMarseille」(「マルセイユの港を窒息させたイワシ」)は、18世紀にさかのぼるフランスの人気の表現であり、マルセイユの住民が誇張する傾向があることを示しています。彼らの談話。この表現は、実際には、サルティンという名前の船が港の河口に沈んだという歴史的事実に端を発しています。ミーム、物語は「に名前を変異させイワシのために、」フランス語の単語をイワシ、そして皮肉になりました。
2011年のマルセイユ港の入り口の眺め
歴史
1778年のポンディシェリ包囲戦の後、海兵隊歩兵連隊を率いたポール・バラスを含む多くのフランス軍がカルテルによって帰還した。おそらく商人であるSartine(Antoine de Sartine、当時のルイ16世海軍大臣にちなんで)という名前の船が、彼らをフランスに戻すためにチャーターされました。
船が10か月の旅の後、サンビセンテ岬の南約6リーグにいたとき、1780年5月1日、サーティンは50門のHMS ロムニーに遭遇しました。誤解により、ロムニーはサルティンに発砲し、ダレス大尉と彼女に乗っていた他の2人の男を殺害した。ロムニーはサーティンにボートを送り、カルテルであることを確認した後、続行を許可した。その後、SartineはCadizに入りました。そこから彼女はマルセイユに航海しました。そこではダレスの後任のスキルが不足していたため、彼女は港の入り口に着陸し、それをブロックしました。港の司令官であるプレビルは、なんとかサルティンをドックに曳航させた。
レガシー
レオ・フェレは、この1973年の曲Iln’y a plusrienの表現を使用しています。
注意事項と参考資料
ノート
^ バラスは、サルティンがトップマストでカルテル信号を飛ばし、後部でフランスの色を飛ばしていたと述べています。彼がこれに気づいたとき、彼はフランスの色を打ち、ロムニーはすぐに火を止めました。
引用
^ Barras(1895)、Vol。1、pp.371-2。
参考文献
ポール・バラス子爵(1895)バラスの回顧録、総局のメンバー。(ハーパー&ブラザーズ)。
Seuls les morts ne reviennent jamais:Les pionniers delaguillotinesêcheenGuyaneFrançaisesousleDirectoirede Philippe de Ladebat、ÉditionsAmalthée。
レデュmésaventuresvaisseauルSartine AUXインデスオリエンタル(1776-1780)

投稿日:
カテゴリー: C