C’est_la_Vie_(Alisa_Mizuki_song)

「C’estlaVie」(セ・ラ・ビ、Se Ra Bi)は、日本のミクスチャーロックバンドAsian2をフィーチャーした日本のレコーディングアーティスト、観月ありさのシングルです。ミズキのラストシングル「シャウト・イット・アウト」(2003)から約2年半の2005年9月28日にリリースされた。シングルは、CD + DVDエディションとCDのみのエディションの2つのフォーマットで発行されました。
「C’estlaVie」
シングルによるASIAN2に観月ありさ
リリース済み
2005年9月28日
ジャンル
ポップ
長さ 4:30 ラベル
エイベックスチューン
ソングライター
20、達
プロデューサー Asian2 観月ありさシングル年表
“”シャウトイットアウト”” (2003)
” ” C’est la Vie ” ” (2005)
“”従事”” (2008)
オルタナティヴカバー
CD + DVDエディションのカバーアートワーク
タイトルトラックを製造したASIAN2とバンドの2人のによって書かれたのMC 20とタツ。鳶がクルリ主演の映画「鳶がクルリ」の主題歌となった。CDJournalは、「C’est la Vie」を「自​​分を信じることについての、活気に満ちた陽気で、真面目でリズミカルなトラック」と表現しました。 B-側は、「スウィート1週間は、」のカバーですKoushoku Jinshuのデビュースタジオ・アルバムから、同じ名前の歌Akarui未来Keikaku、単独で水木によって行われます。
「C’estlaVie」は、オリコンウィークリーシングルチャートで106位でデビューし、1週間だけのチャートで合計880部を売り上げました。
トラックリスト
番号。題名 歌詞 音楽アレンジャー
長さ
1.1。
“セラビ” (セ・ラ・ビ SeのRaはバイ)
20、達 達 Asian2 4:30 2.2。
「スウィートワンウィーク」
カヨ
カヨ
こうしく神州 4:21 3.3。
「C’estlaVie(Instrumental)」   達 Asian2 4:29
4.4。
「スウィートワンウィーク(インストゥルメンタル)」   カヨ
こうしく神州 4:21 全長: 17:41 DVD
番号。
題名
長さ
1.1。
「C’estlaVie」   2.2。
「C’estlaVie(オフショット)」   チャートと売上
チャート(2005) ピーク位置
販売
オリコンウィークリーシングル
106 880
参考文献
^ 「ALISAMIZUKITO ASIAN2 /セ・ラ・ビ」。CDJournal。OngakuShuppansha 。取り出さ2011-08-09に。 ^ a b
セ・ラ・ビ/ A多施2(日本語で)。オリコン。取り出さ2011-08-09に。 ^ a b
ヴィジョンファクトリー(レライジング)@測定データ圧縮スレ(日本語で)。2011-08-09。アーカイブされたオリジナルの2012年3月24日に。取り出さ2011-08-09に。

投稿日:
カテゴリー: C