C’est_la_Vie_(Despina_Vandi_album)

C’est La Vie(英語: That’s life)は、ギリシャの歌手DespinaVandiからリリースされた8枚目のスタジオアルバムです。当初、アルバムは2010年6月13日に新聞「RealNews」とのバンドルを介して独占的に配布されました。 は、レーベル「 TheSpicyEffect」でリリースされた最初のLPと彼女の新しいスタジオアルバムです。 2007年の10HroniaMazi以降の資料。アルバムには、 Phoebusによって完全に作曲および制作された11曲が含まれ、Zoi Grypariが2曲、Vaggelis Konstandinidisが1曲、1曲がドイツのバンドのメンバーとの共同制作で歌詞を書いています。シラー、クリストファー・フォン・デイレン。このアルバムは、2010年6月24日に販売されている雑誌店を通じて、5つの追加リミックスとDespinaVandiに捧げられたファンマガジンをフィーチャーした1枚のディスク版でリリースされました。また、2010年6月29日に、第2版の5つのリミックスを含む7つの追加リミックスをフィーチャーしたダブルディスク版で、従来のPOS経由でリリースされました
C’est La Vie
スタジオのアルバムによって
デスピナ・ヴァンディ
リリース済み
2010年6月13日
スタジオ
パワーミュージックスタジオ
ジャンル
ライコ、ポップ、ポップロック
長さ
45:51 (オリジナル版)
言語
ギリシャ語、英語
ラベル
スパイシーな効果
プロデューサー
フィーバス
デスピナヴァンディ年表
10 Hronia Mazi(2007)
C’est La Vie(2010)
アラクサ(2012)
シングルからセラビ
「コリツィプラマ」発売日:2010年3月23日
『Kommati Ap’Tin Kardia Sou』発売日:2010年7月5日
『Erota Theli I Zoi』発売日:2010年9月13日
「Gi’AlliMia Fora」リリース日:2011年2月24日
内容
1 バックグラウンド
2 リリースとプロモーション
3 シングル
3.1 その他の注目すべきトラック
4 商業的パフォーマンス
5 トラックリスト
6 リリース履歴
7 人員
8 も参照してください
9 参考文献
10 外部リンク
バックグラウンド
2010年3月のファーストシングル「KoritsiPrama、Part 1」のミュージックビデオの撮影中に、Vandiは2010年6月にニューアルバムをリリースする予定であると発表しました。
アルバムの写真撮影は2010年5月26日に行われました。写真撮影でのアルバムについて、ヴァンディはさまざまな音楽スタイルをフィーチャーすると述べました。ヴァンディは、アルバムをサポートするために夏の間ギリシャ周辺のツアーに乗り出すと付け加えた。
2010年6月2日、スポンサーのLove Radioは、ウェブサイトでアルバムの名前とカバーアートを公​​開しました。
リリースとプロモーション
2010年6月13日の発行にバンドルされた新聞「RealNews」を介して独占配信にリリースされた11トラックを含むアルバムのシングルディスク版。 2010年6月24日に、アルバムは5つの追加リミックスとDespinaVandi専用の36ページのファンマガジンを備えた1枚のディスク版の雑誌ストア。2010年6月29日、アルバムは、第2版からの5つのリミックスを含む7つの追加リミックスを備えたダブルディスク版で、割引固定価格で従来のPOSを介して配布されました。 2010年12月23日、CDの雑誌版がテレビ雑誌「Tiletheatis」#1183(2010年12月25〜31日)から再リリースされました。
アルバムのプロモーションのために、ヴァンディはリリースに至るまで一連のラジオインタビューを行いました。2010年6月、ヴァンディはMAD Video MusicAwardsで「KommatiAp’TinKardiaSou」と「KoritsiPrama」の抜粋を演奏しました。ヴァンディはまた、6月17日にドロモスFM と2010年6月30日にソクFMについて独占インタビューを行った。
シングル
「コリツィプラマ」
デスピナ・ヴァンディはアルバムの最初のシングル「KoritsiPrama」を2部構成でリリースしました。
パート1は2010年3月22日にラジオ局にリリースされ
、続いて
2010年4月27日にデジタルリリースされました。
Kostas Kapetanidis監督のミュージックビデオは、2010年3月22日に
DiogenisStudioで撮影され
ました。 2010年4月13日にリリースされ、スターチャンネルでデビューし
ました。
「KoritsiPrama」のパート2は2010年5月14日にラジオ局にリリースされました。
この曲は前作と同じ作曲を共有していますが、歌詞が変更されています。
「KommatiAp’TinKardiaSou」
「KommatiAp’Tin Kardia Sou」は、2010年6月7日にラジオ局にリリースされました。
この曲は、同じ日にDespinaVandiのインタビュー中にLoveRadioで初公開されました。
この曲の公式ミュージックビデオは、2010年6月9日にスターチャンネルで放送され
、ラジオプロデューサーのマイケルツァウソプロスによって積極的にレビューされました。この曲のビデオクリップは2010年7月5日にリリースされました。
「エロタテリIゾイ」
この曲は、アルバムのリリースの前日に、スターチャンネルのウェブサイトで初公開されました Vandiは、Sok FMでのインタビューで、この曲がアルバムの3番目のシングルになることを明らかにしました
。シングルは2010年9月13日にラジオ局にリリースされました。
曲のミュージックビデオとIpohthoniosのリミックスバージョンが2010年10月19日にSpicyのYouTubeチャンネルにアップロードされました。
2011年末のギリシャのエアプレイチャートで53番にチャートされた曲
その他の注目すべきトラック
「Gi’AlliMiaFora」
「Gi’AlliMia Fora」は、2010年6月11日にラジオ局にリリースされ、Vandiとのインタビュー中にRealFMで初公開されました。
この曲の公式プロモーションビデオクリップは、6月11日にスターチャンネルで放送
され、ラジオプロデューサー兼ソングライターのPosidonasGiannopoulosによってレビューされました。この曲は、年末のギリシャのエアプレイチャートで29
位にランクインしました。
「日曜日」
ヴァンディは再び「サンデー」という曲でドイツのバンドシラーとコラボレーションし
ました。2008年の「Destiny」に続く、シラーとの2度目のコラボレーションでした
。この曲は、バンドがギリシャでスタジオアルバムAtemlosをリリースした後、5月19日にギリシャでリリースされ
ました。
商業的パフォーマンス
本当のニュースは、専用のリリース時にアルバムを配布した新聞は、アルバムを含めて2010年6月13日発行の103020台を販売しました。この販売台数は、前週と比較して32%、つまり25,160台の販売台数の増加を表しています。 Heaven Musicはアルバムのマルチプラチナ認証を授与しましたが、これはレコードショップの売上ではなく、雑誌の売上のみに基づいていました。
トラックリスト
オリジナル版
番号。題名 歌詞 音楽 長さ 1.1。
「コリツィ・プラマ(パート1)」(Κορίτσιπράμα(パート1);女の子のもの(パート1))
フィーバス
フィーバス 4:22 2.2。
「パイパイ」(Πάειπάει;ゴーゴー)
フィーバス
フィーバス 4:23 3.3。
「KommatiAp’Tin Kardia Sou」(Κομμάτιαπ’τηνκαρδιάσου;あなたの心からのピース)
フィーバス
フィーバス 4:19 4.4。
「Anapliromatikos」(Αναπληρωματικός;代替)
フィーバス
フィーバス 4:33 5.5。
「KePirovolises」(Καιπυροβόλησες;そしてあなたは撃った)
ゾイグリパリ
フィーバス 4:30 6.6。
「ErotaTheliI Zoi」(Έρωταθέλειηζωή;人生は愛を望んでいる)
ゾイグリパリ
フィーバス
3:48 7。 「GinekesDinates」(Γυναίκεςδυνατές;強い女性) Vaggelis Konstandinidis フィーバス 3:12 8.8。
「Gi’AlliMia Fora」(Γι’άλλημιαφορά;もう一度)
フィーバス
フィーバス 4:21 9.9。
「C’estLa Vie」(C ‘est la vie;それが人生です)
フィーバス
フィーバス 3:58 10.10。
「日曜日(シラーと)」
フィーバス、クリストファー・フォン・デイレン
フィーバス、クリストファー・フォン・デイレン 4:01 11.11。
「KoritsiPrama(パート2)」(Κορίτσιπράμα(パート2);女の子のもの(パート2))
フィーバス
フィーバス 4:19 全長: 45:51 雑誌版
番号。題名 歌詞 音楽 長さ 1.1。
「コリツィ・プラマ(パート1)」(Κορίτσιπράμα(パート1);女の子のもの(パート1))
フィーバス
フィーバス 4:22 2.2。
「パイパイ」(Πάειπάει;ゴーゴー)
フィーバス
フィーバス 4:23 3.3。
「KommatiAp’Tin Kardia Sou」(Κομμάτιαπ’τηνκαρδιάσου;あなたの心からのピース)
フィーバス
フィーバス 4:19 4.4。
「Anapliromatikos」(Αναπληρωματικός;代替)
フィーバス
フィーバス 4:33 5.5。
「KePirovolises」(Καιπυροβόλησες;そしてあなたは撃った)
ゾイグリパリ
フィーバス 4:30 6.6。
「ErotaTheliI Zoi」(Έρωταθέλειηζωή;人生は愛を望んでいる)
ゾイグリパリ
フィーバス
3:48 7。 「GinekesDinates」(Γυναίκεςδυνατές;強い女性) Vaggelis Konstandinidis フィーバス 3:12 8.8。
「Gi’AlliMia Fora」(Γι’άλλημιαφορά;もう一度)
フィーバス
フィーバス 4:21 9.9。
「C’estLa Vie」(C ‘est la vie;それが人生です)
フィーバス
フィーバス 3:58 10.10。
「日曜日(シラーと)」
フィーバス、クリストファー・フォン・デイレン
フィーバス、クリストファー・フォン・デイレン 4:01 11.11。
「KoritsiPrama(パート2)」(Κορίτσιπράμα(パート2);女の子のもの(パート2))
フィーバス
フィーバス 4:19 12.12。
「KoritsiPramaホットミックス」(Κορίτσιπράμαホットミックス;ガールシングホットミックス)
フィーバス
フィーバス 6:11 13.13。
「KoritsiPramaRembetiko Mix」(ΚορίτσιπράμαΡεμπέτικοMix;女の子のものRembetiko Mix)
フィーバス
フィーバス 4:14 14.14。
” Gi’Alli Mia Fora(アーモンドギャラリーリミックス)” (Γι’άλλημιαφορά(アーモンドギャラリーリミックス);もう一度(アーモンドギャラリーリミックス))
フィーバス
フィーバス 5:04 15.15。
「日曜限定版」
フィーバス、クリストファー・フォン・デイレン
フィーバス、クリストファー・フォン・デイレン 4:00 16.16。
「KommatiAp’Tin Kardia Sou(オリジナルバージョン)」(Κομμάτιαπ’τηνκαρδιάσου(オリジナルバージョン);あなたの心からのピース(オリジナルバージョン))
フィーバス
フィーバス 6:14 全長: 71:29 小売ボーナスディスク
番号。題名 歌詞 音楽 長さ 1.1。
「コリツィプラマ(MADバージョン)」(Κορίτσιπράμα(MADバージョン);女の子のもの(MADバージョン))
フィーバス
フィーバス 3:08 2.2。
” Gi’Alli Mia Fora(アーモンドギャラリーリミックス)” (Γι’άλλημιαφορά(アーモンドギャラリーリミックス);もう一度(アーモンドギャラリーリミックス))
フィーバス
フィーバス 5:04 3.3。
「日曜日独占バージョン」(でリミックスクリストファー・フォン・Deylen)
フィーバス、クリストファー・フォン・デイレン
フィーバス、クリストファー・フォン・デイレン 4:00 4.4。
「KommatiAp’Tin Kardia Sou(オリジナルバージョン)」(Κομμάτιαπ’τηνκαρδιάσου(オリジナルバージョン);あなたの心からのピース(オリジナルバージョン))
フィーバス
フィーバス 6:14 5.5。
” Gi’Alli Mia Fora(Slow Version)” (Γι’άλλημιαφορά(Slow Version);もう一度(Slow Version))
フィーバス
フィーバス 4:39 6.6。
「KoritsiPramaホットミックス」(Κορίτσιπράμαホットミックス;ガールシングホットミックス)
フィーバス
フィーバス
6:11 7。 「KoritsiPramaRembetiko Mix」(ΚορίτσιπράμαRembetikoMix;女の子のものRembetiko Mix)
フィーバス
フィーバス 4:14 全長: 33:30 リリース履歴
領域 日付 ラベル フォーマット バージョン
ギリシャ 2010年6月13日 スパイシーな効果 CD、デジタルダウンロード
オリジナル(リアルニュース)
2010年6月24日 雑誌版
2010年6月29日 2枚組CD版
キプロス 2010年6月29日
人員
アルバムのライナーノーツから採用されたクレジット。
Victoria Chalkitis –バックグラウンドボーカル
Alexandros Chrysidis –追加のギター
Akis Diximos –2番目のボーカル
Spiros Dorizas –ドラム
Antonis Gounaris –オーケストレーション、プログラミング、ギター(クラシック、アコースティック、12弦)、tzoura、baglama、キーボード、アコーディオン
Zoi Grypari –歌詞
Giorgos Hatzopoulos –ギター(音響、12弦、エレクトリック)
テリス・カフカス–ベース
Stella Kalli –バックグラウンドボーカル
Giannis Kifonidis –アコーディオン
Vaggelis Konstantinidis –歌詞
Trifonas Koutsourelis –プログラミング、キーボード
Spiros Lambrou’s Children’s Choir(Penelope Skalkotou、Rafaela Ntanou、Emilia Papapetrou、Aggelina Antoniou、Eleni Souma、Eleni Vogiatzi、Elena Ntintila)
Giannis Lionakis –オーケストレーション、ギター(アコースティック、12弦、エレクトリック)、リュート、バグラマ、キーボード、プログラミング、ブズーキ
ミカエラ–バックグラウンドボーカル
Vaggelis Mpetzios –クラリネット
Arsenis Nasis –パーカッション
Vasilis Nikolopoulos –オーケストレーション、プログラミング、キーボード、ドラム
Phoebus –音楽、歌詞、オーケストレーション、プログラミング、キーボード
Giorgos Roilos –パーカッション
Elisavet Spanou –バックグラウンドボーカル
デスピナヴァンディ–ボーカル
Christopher von Deylen(Schiller)–音楽、歌詞、オーケストレーション、プログラミング、キーボード
製造
Alexandros Chrysidis –サウンド
Thodoris Hrisanthopoulos –マスタリング
Giannis Kifonidis –録音楽器、ミックス
Vasilis Nikolopoulos –ミックス
Phoebus –ミックス
Vaggelis Siapatis –制作、サウンド、コンピューター
設計
Dimitris Giannetos –グルーミング
Alexandra Katsaiti –スタイリング
Thodoris Lalagkas –アートディレクション
Dimitris Skoulos –カバー写真
も参照してください
デスピナ・ヴァンディディスコグラフィー
参考文献
^ a b スタッフ(2010年6月7日)。「MAD.TV–ΈρχεταιτονέοalbumτηςΔέσποιναςΒανδή」(ギリシャ語)。マッドTV 。検索された9年6月2010年。
^ a b c スタッフ(2010年5月27日)。「ΠότεκυκλοφορείτονέοアルバムτηςΔέσποιναςΒανδή;」(ギリシャ語)。Nooz.gr 。
^ a b スタッフ(2010年6月18日)。「発表:ΕπανακυκλοφορίαC’estlavie」(ギリシャ語)。フィーバスミュージックフォーラム。検索された18年6月2010年。
(登録が必要です)
^ a b スタッフ(2010年6月18日)。”HπρώτηκυκλοφορίατηςSPICYείναιτοalbumτηςΔέσποιναςΒανδή” C’est La vie ” “(ギリシャ語)。Music.net.cy。2010年6月20日にオリジナルからアーカイブされました。検索された18年6月2010年。
^ スタッフ(2010年3月22日)。「NewsIt.gr:ΗΔέσποιναΒανδή…μαθήτρια!」(ギリシャ語)。Newsit.gr。2012年3月4日にオリジナルからアーカイブされました。検索された18年6月2010年。
^ a b c スタッフ(2010年5月26日)。「Αποκλειστικό:ταπάνταγιατονέοcdτηςΒανδή」(ギリシャ語)。スターチャンネル。
^ スタッフ(2010年6月2日)。「ラブラジオ97.5Fm」(ギリシャ語)。
^ スタッフ。「Κυκλοφορίες2010–ΒανδήΔέσποινα– C’est La vie」(ギリシャ語)。ギリシャ音楽店。検索された18年6月2010年。
^ スタッフ。「ΔΕΣΠΟΙΝΑΒΑΝΔΗ–ΦΟΙΒΟΣ / C EST LA VIE(2CD)」(ギリシャ語)。スタジオ52 。検索された18年6月2010年。
^ スタッフ(2010年6月14日)。「MadVideoMusic Awards 2010 by Vodafone»ΕκρηκτικέςliveεμφανίσειςσταMADVMA2010by Vodafone!」(ギリシャ語)。マッドTV。2010年6月18日にオリジナルからアーカイブされました。検索された15年6月2010年。
^ スタッフ(2010年6月15日)。「www.dromosfm.gr/n140」(ギリシャ語)。ドロモスFM。2010年8月1日にオリジナルからアーカイブされました。検索された18年6月2010年。
^ SokFM
^ スタッフ(2010年3月17日)。「MAD.TV–ΔέσποιναΒανδήリローデッド」(ギリシャ語)。マッドTV 。
^ 「iTunesStore」。Itunes.apple.com 。
^ スタッフ(2010年3月30日)。「ΗΔέσποιναΒανδήκαιο89,8ΔΡΟΜΟΣfmμαζίσταγυρίσματατουνέουビデオクリップ!」(ギリシャ語)。ドロモスFM。2010年4月6日にオリジナルからアーカイブされました。
^ スタッフ(2010年4月14日)。「ΔείτετονέοビデオクリップτηςΔέσποιναςΒανδή」(ギリシャ語)。スターチャンネル。
^ 「Τοκοριτσιπράμαパート2απότηνΔέσποιναΒανδή| ATHENSBARS」。2010年5月18日にオリジナルからアーカイブされました。検索された20年6月2010年。
^ スタッフ(2010年3月23日)。
ΗΔέσποιναΒανδήφόρεσεξανάμπλεποδιά。Βίντεο(ギリシャ語)。Madata.gr 。
^ スタッフ(2010年6月8日)。「MAD.TV–ΔέσποιναΒανδή–Κομμάτιαπότηνκαρδιάσου」(ギリシャ語)。マッドTV 。検索された9年6月2010年。
^ スタッフ(2010年6月6日)。「ΗΔέσποιναΒανδήέρχεταιστοラブラジオ97,5!」(ギリシャ語)。ラジオが大好きです。検索された7年6月2010年。
^ ビデオ:ΔέσποιναΒανδή–Κομμάτιαπ’τηνκαρδιάσου
^ ΔέσποιναΒανδή–ΚομμάτιΑπ’ΤηνΚαρδιάΣου
^ Αποκλειστικό:ΤονέοτραγούδιτηςΒανδή| STAR.GR
^ ΤονέοシングルτηςΔέσποιναςΒανδή| STAR.GR
^ YouTube – Kanaal van spicyofficial
^ a b Kanellopoulos、Dimitris(2012年1月5日)。「TOP100RADIOAIRPLAYΓΙΑΤΟ2011」(ギリシャ語)。E-tetradio.gr。2012年8月8日にオリジナルからアーカイブされました。
^ Hatzinikolaou、ニコス(2010年6月11日)。”2010年11月6日ΝίκοςΧατζηνικολάουΔ/ΓΜέρος(ΔέσποιναΒανδή)”。ΑκούστετώραオンラインτιςεκπομπέςτουΝ。Χατζηνικολάουστονrealfm97.8(ギリシャ語)。リアルFM 。検索された19年6月2010年。
^ スタッフ(2010年5月19日)。「MAD.TV–ΚυκλοφόρησετοシングルτωνシラーκαιΔέσποιναςΒανδή」(ギリシャ語)。マッドTV 。
^ 「CD:BREATHLESS – SCHILLER」(ギリシャ語)。2012年8月2日にオリジナルからアーカイブされました。
^ スタッフ(2010年6月13日)。
ΠΑΝΕΛΛΑΔΙΚΟΔΕΛΤΙΟΚΥΚΛΟΦΟΡΙΑΣΕΦΗΜΕΡΙΔΩΝ(ギリシャ語)。Argos SA 2012年3月8日にオリジナルからアーカイブされました。検索された19年6月2010年。
^ 0ΣΧΟΛΙΑ。「ミュージックコーナー–ΜουσικήΕνημέρωσηΣτοΔιαδίκτυο」。Musiccorner.gr 。取り出される9年2月2012。
^ 「iTunes–音楽– DespinaVandiによるC’estlaVie」。Itunes.apple.com。2010年7月5日。取り出される9年2月2012。
^ C’est La Vie(CD)。デスピナヴァンディ。スパイシーな効果。2010年。
CS1 maint:その他(リンク)
外部リンク
公式サイト

投稿日:
カテゴリー: C