C’est_la_Vie_(Martin_Solveig_album)

C’est la Vieは、フランスのDJ兼レコードプロデューサーのMartinSolveigによる3枚目のスタジオアルバムです。これは、2008年6月2日にUniversal Licensing Music and MixtureStereophonicによってリリースされました。これは、シングルを生み出した「セラビは」、「私はあなたがしたい」と「ワン2.3つ」。アルバムの特別版「DefinitiveEdition」が2009年9月28日にリリースされ、シングル「 Boys&Girls」とリミックスのボーナスディスクが含まれています。
C’est la Vie
スタジオのアルバムによって
マーティン・ソルヴェイグ
リリース済み
2008年6月2日 (2008-06-02)
記録
2007〜 2008年
ジャンル 家 長さ 46:05 ラベル
ユニバーサルライセンス音楽
混合ステレオフォニック
プロデューサー
マーティン・ソルヴェイグ Michael Tordjman マーティンソルヴェイグ年表
快楽主義者(2005)
C’est la Vie(2008)
スマッシュ(2011)
シングルからセラビ
「C’estlaVie」リリース:2008年1月21日
「IWantYou」リリース:2008年9月15日
「One2.3Four」リリース:2008年12月22日
「ボーイズ&ガールズ」リリース:2009年9月28日
内容
1 トラックリスト
1.1 決定版
2 人員
3 チャート
3.1 ウィークリーチャート 3.2 年末チャート
4 参考文献
トラックリスト
マーティン・ソルヴェイグが作曲、作曲、プロデュースしたすべての曲。ただし、ソルヴェイグとマイケル・トルジマンが作曲、プロデュースした「BeautyFalse」と「SomeOtherTime」は除きます。
番号。
題名
長さ
1.1。
「C’estlaVie」(Jay Sebagをフィーチャー) 3:23 2.2。
「IWantYou」(Lee Fieldsをフィーチャー) 4:25 3.3。
「バタフライ」(ステフィ・ハイクをフィーチャー) 5:04 4.4。
「BeautyFalse」(マーティン・ソルヴェイグによる演奏) 4:10 5.5。
「楽観的」(ゲイル・コクランの言葉) 1:19 6.6。
“ワン2.3つ” (Chakib Chambiを搭載)
4:00 7。 「TouchMe」(ステフィ・ハイクをフィーチャー) 5:23 8.8。
「ボトムライン」(マーティン・ソルヴェイグによる) 4:05 9.9。
「GiveItto Me」(マーティン・ソルヴェイグによる演奏) 5:12 10.10。
「表面的」(リー・フィールズをフィーチャー) 4:00 11.11。
「SomeOtherTime」(ジェイ・セバッグをフィーチャー) 5:04 全長: 46:05 決定版
ディスク1
番号。
題名
長さ
1.1。
「ボーイズ&ガールズ」(ドラゴネットをフィーチャー) 3:44 2.2。
「C’estlaVie」(Jay Sebagをフィーチャー) 3:23 3.3。
「IWantYou」(リー・フィールズをフィーチャー) 4:25 4.4。
「バタフライ」(ステフィ・ハイクをフィーチャー) 5:04 5.5。
「BeautyFalse」(マーティン・ソルヴェイグによる演奏) 4:10 6.6。
「楽観的」(ゲイル・コクランの言葉)
1:19 7。 「One2.3Four」(チャキブチャンビをフィーチャー) 4:00 8.8。
「TouchMe」(ステフィ・ハイクをフィーチャー) 5:23 9.9。
「ボトムライン」(マーティン・ソルヴェイグによる) 4:05 10.10。
「GiveItto Me」(マーティン・ソルヴェイグによる演奏) 5:12 11.11。
「表面的」(リー・フィールズをフィーチャー) 4:00 12.12。
「SomeOtherTime」(ジェイ・セバッグをフィーチャー) 5:04 ディスク2
番号。
題名
長さ
1.1。
「イントロ」   2.2。
「One2.3Four」(Deepside Deejaysリミックス)   3.3。
「One2.3Four」(Popofリミックス)   4.4。
「Boys&Girls」(Les Petits Pilousリミックス)   5.5。
「C’estlaVie」(フェッドvs.マーティンクラブミックス)   6.6。
「C’estlaVie」(ブラッディビートルーツリミックス)
  7。 「IWantYou」(モーグリ&テプルリミックス)   8.8。
「IWantYou」(レイドバック・ルーク・インストルメンタル)   9.9。
「Boys&Girls」(Bart B More “Dans Tes Rave”リミックス)   10.10。
「楽観的」(ビンゴプレイヤーズボックス)   11.11。
“Give It to Me” (Kolombo&Compuphonic mix – MS edit)   12.12。
「GiveItto Me」(タイガーストライプスリミックス)   13.13。
「One2.3Four」(メイソンのダークディスコミックス)   14.14。
「TouchMe」(ダブを実行しているジョン・パラドックス)   15.15。
「TouchMe」(マークメンデスリミックス)   16.16。
「One2.3four」(Felix DaHousecatのATLSia失礼なレトロミックス)   人員
Martin Solveig –リードボーカル、バックボーカル、楽器、ミキシング、プロダクション、プログラミング
Cyril Atef –ドラム
Chakib Chambi –リードボーカル、バックボーカル
ゲイルコクラン–話し言葉
トムコイン–マスタリング
ソフィーデリラ–ギター
Lee Fields –リードボーカル
パスカルガーノン–エンジニア
Jean-Baptiste Gaudray –ギター
Quentin Ghomari –トランペット
StephyHaïk–リードボーカル、バックボーカル
Armelle Kergall –表紙と裏表紙の写真
アントワーヌルグラン–小冊子バック写真
レオ&モナ–アートワーク
Laurent Meyer –サックス
GuyN’Sangué–ベースギター
Jay Sebag –リードボーカル、バックボーカル
LoïcSeron–トロンボーン
デビッドシャマ–内部写真
Michael Tordjman –楽器、制作、プログラミング
フィリップワイス–ミキシング
パリのStudioDavoutでミックス
フランスのMixtureStudioでミックスされた「C’estlavie」と「Poptimistic」
ニューヨーク市スターリングサウンドでマスター
チャート
ウィークリーチャート
チャート(2008)
ピーク位置
ベルギーのアルバム(ウルトラトップフランダース) 99 ベルギーのアルバム(ウルトラトップワロン) 23 フランスのアルバム(SNEP) 16 スイスのアルバム(シュヴァイツァーヒットパレード) 59 年末チャート
チャート(2008)
ポジション
フランスのアルバム(SNEP) 182 参考文献
^ 「C’EstLaVie:Martin Solveig:TéléchargementsMP3」(フランス語)。Amazon.fr 。検索された14年7月2015。
^ 「IWantYou:Martin Solveig:TéléchargementsMP3」(フランス語)。Amazon.fr 。検索された14年7月2015。
^ 「One2.34-Single Version:Martin Solveig:TéléchargementsMP3」(フランス語)。Amazon.fr 。検索された14年7月2015。
^ 「Boys&Girls:Martin Solveig:TéléchargementsMP3」(フランス語)。Amazon.fr 。検索された14年7月2015。
^ 「C’estlavie –決定版– Martin Solveig – CDアルバム」(フランス語)。フナック。検索された14年7月2015。
^ 「Ultratop.be– Martin Solveig – C’est la vie」(オランダ語)。ハングメディエン。
^ 「Ultratop.be– Martin Solveig – C’est la vie」(フランス語)。ハングメディエン。
^ “Lescharts.com – Martin Solveig – C’est lavie”。ハングメディエン。
^ “Swisscharts.com – Martin Solveig – C’est lavie”。ハングメディエン。
^ 「Topdel’annéeTopAlbums2008」(フランス語)。SNEP 。

投稿日:
カテゴリー: C