C’est_La_Vie_(Phosphorescent_album)

C’est La Vieは、 Phosphorescentによる7枚目のスタジオアルバムです。アルバムは2018年10月5日にデッドオーシャンズでリリースされました。
C’est La Vie
スタジオのアルバムによって
燐光
リリース済み
2018年10月5日
スタジオ
スピリットサウンドスタジオ、ナッシュビル
ジャンル
インディーロック、インディーポップ、インディーフォーク、オルタナティヴカントリー、サイケデリックポップ
長さ 46:05 ラベル
デッドオーシャンズ
蓄光年表
ムチャチョ(2013)
C’est La Vie(2018)
専門家による評価
スコアの集計
ソース
評価 Metacritic 80/100
スコアを確認する
ソース
評価
全ての音楽
叫ぶ!
8/10
保護者
最適なライン
8.5 / 10
ペースト
8.2 / 10
ピッチフォーク
7.6 / 10
スキニー
スラントマガジン
秘密裏に
8/10
内容
1 リリース
2 重要なレセプション
3 トラックリスト
4 チャート
5 人員
6 参考文献
リリース
2018年7月30日、Matthew Houck(芸名Phosphorescent)は、ファーストシングル「NewBirthNewEngland」とともに7枚目のアルバムのリリースを発表しました。
重要なレセプション
C’est La Vieは、批評家からの「一般的に好意的な」レビューに遭遇しました。で、Metacritic主流の出版物からのレビューに100のうちの加重平均格付けを割り当てて、このリリースでは、受け取った平均19件の口コミをもとにして80のスコアを。 Aggregator Album of the Yearは、21件のレビューの批判的なコンセンサスに基づいて、リリースに100点満点中76点を与えました。
トラックリスト
番号。
題名
長さ
1.1。
「ブラックムーン/シルバーウェーブ」 1:16 2.2。
「C’estLaVieNo.2」 3:26 3.3。
「ニューイングランドでの新生」 5:00 4.4。
「ここから」 5:21 5.5。
「ホーンの周り」 8:11 6.6。
「クリスマスダウンアンダー」
6:17 7。 「私の美しい少年」 5:46 8.8。
「これらの岩」 4:26 9.9。
「ブラックウェーブ/シルバームーン」 6:22 全長: 46:05 チャート
C’est LaVieの
チャートパフォーマンス
チャート(2018 ピーク位置
スコットランドのアルバム(OCC) 37 ベルギーのアルバム(ウルトラトップフランダース) 89 オランダのアルバム(アルバムトップ100) 130 UK Americana Albums(OCC) 1 UK Independent Albums(OCC) 16 US Independent Albums(Billboard) 12 米国のトップフォークアルバム(ビルボード) 16 人員
AllMusicから採用されたクレジット
ミュージシャン
マシューフック–プライマリーアーティスト、ボーカル、プロデューサー
リッキーレイジャクソン–ギター
ルーク・レイノルズ–ギター
クリストファーマリン–ドラム
ケビンブラック–ベース
Jo Schornikow –アコーディオン、ピアノ
スコット・ステープルトン–ピアノ
Dave Roe –ベース
Rustine Bragaw –ベース
Alexis Saski –バックボーカル
Maureen Murphy –バックボーカル
Kyshona Armstrong –バックボーカル
ニコール・ボッグス–バックボーカル
製造
リチャード・ドッド–マスタリング
Vance Powell –エンジニア
Andrija Tokic –エンジニア
参考文献
^ B 「イヤーレビューのアルバム」。アルバムオブザイヤー。 ^ a b “C’est La Vie by Phosphorescent Reviews andTracks”。Metacritic。CBSインタラクティブ。
^ トーマス、フレッド(2018年10月3日)。「Phosphorescent:C’estLaVie」。AllMusic。
^ シルベスター、ダニエル(2018年10月4日)。「Phosphorescent:C’estLaVie」。叫ぶ。
^ 「Phosphorescent:C’est La Vie review –フルコマンドのオルタナティブロックオリジナル」。ガーディアン。2018年10月3日。
^ Howieson、Craig(2018年10月1日)。「蓄光のC’estLa Vieは、壊滅的に正直で妥協のない美しさです」。ベストフィットのライン。
^ サーモン、ベン(2018年10月10日)。「Phosphorscent:C’est LaVieアルバムレビュー」。貼り付けます。
^ Jarnow、Jesse(2018年10月10日)。「レビュー:Phosphorescent-C’estLaVie」。ピッチフォーク。
^ セフトン、マックス(2018年10月4日)。「Phosphorescent– C’estLaVie」。
^ Goller、Josh(2018年10月2日)。「レビュー:Phosphorscent、C’estLaVie」。スラントマガジン。
^ Pilley、Max(2018年10月5日)。「PhosphorescentC’estLaVie」。レーダーの下。
^ 「C’estLaViebyPhosphorescent」。Bandcamp。2018-10-05 。
^ Kenneally、Cerys(2018年7月30日)。「燐光は5年ぶりのアルバムを発表、株式新しいトラック『ニューイングランドの新しい誕生』」。ベストフィットのライン。
^ 「公式スコットランドアルバムチャートトップ100」。オフィシャルチャートカンパニー。 ^ 「Ultratop.be– Phosphorescent – C’est La Vie」(オランダ語)。ハングメディエン。 ^ “Dutchcharts.nl – Phosphorescent – C’est La Vie”(オランダ語)。ハングメディエン。 ^ 「公式アメリカーナアルバムチャートトップ40」。オフィシャルチャートカンパニー。 ^ 「公式の独立したアルバムチャートトップ50」。オフィシャルチャートカンパニー。 ^ 「独立したアルバムチャート」。ビルボード。
^ 「アメリカーナ/フォークアルバムチャート」。ビルボード。
^ 「C’estLaVie-Phosphorescent-Credits」。AllMusic 。

投稿日:
カテゴリー: C