C’est_ma_vie

「するC’estのMA VIEは」あるバラードによってタイプの歌エバリーナ・サセンコ表さリトアニアでユーロビジョン・ソング・コンテスト2011で開催された、デュッセルドルフ、ドイツ、の両方televoteと陪審員の投票を獲得した後Eurovizija 2011、全国選抜ショーリトアニアのために。歌は主に英語で歌われますが、フランス語でもいくつかのフレーズが
「C’estmavie」
ユーロビジョンソングコンテスト2011エントリー 国 リトアニア
アーティスト EvelinaSašenko 言語
英語フランス語
作曲家 PauliusZdanavičius 作詞家
アンドリュス・カイリス
ファイナルパフォーマンス
準決勝結果 5位 準決勝ポイント 81 最終結果 19日 最後のポイント 63 エントリー年表
◄「東ヨーロッパのファンク」(2010)   
「ラブ・イズ・ブラインド」(2012)►
ユーロビジョンで
リトアニアは、2011年5月10日の最初の準決勝で17位からスタートし、ユーロビジョンキャンペーンを開始しました。エヴェリーナは、土曜日の夜の決勝で5位になり、81ポイントを獲得しました。最初の準決勝の終了後、リトアニアは2011年5月14日のグランドファイナルでポジション4を獲得しました。
決勝戦では、彼女が歌の2番目の詩を歌い始めたときに、いくつかの手話が使用されましたが、これはほんの短い時間でした。好業績にもかかわらず、投票には反映されず、63ポイントで19位にとどまりました。
参考文献
^ http://www.esctoday.com/news/read/16864

投稿日:
カテゴリー: C