C’est_Noël

「C’estNoël」は、1956年にアンリ・ベティが作曲したフランスの人気曲で、歌詞はジーン・マンスです。
「C’estNoël」
シングルによるフェルナンデル
アルバムHonorédeMarseilleから
リリース済み
1956年 (1956)
記録 1956年 ジャンル
クリスマス・キャロル
長さ 2:55 ラベル
デッカ
ソングライター
アンリ・ベティ(音楽)、ジーン・マンス(歌詞)
物語
1956年、アンリ・ベッティは映画「オノレ・ド・マルセイユ」の音楽を作曲し、ジャン・マンスの歌詞で4曲の音楽も作曲しました。これらはすべて、フェルナンデルが演奏します。
C’estNoëlはフェルナンデルが映画で歌う4曲の1つでしたが、シーンは
時にカットされました。そのため、同じ年にリリースされた、映画の他の3曲(Toutçac’estMarseille、Quel plaisir!Quel travail!、Oh!Honoré)がすべてPaulBonneauによって編成されたレコードにのみ表示されます。
この曲のメロディーは、1950年にアンリ・ベッティが女の子の父親になったときに書かれました。フェルナンデルがこの曲を歌ったシーンは、姪のジョゼットの役を演じたクレア・ディアマントが彼女の上に座っていたクリスマスの夜の装飾でした。ラップ。女優は撮影時6歳で、アンリ・ベッティの娘と同じ年齢でした。
カバーバージョン
同じ年、この曲はティノ・ロッシとピエール・スパイアーズと彼のオーケストラ、そしてジョルジュ・ゲタリーとジョー・マウストと彼のオーケストラによって録音されています。
参考文献
^ シャンソンレトロ ^ 百科事典

投稿日:
カテゴリー: C