C’est_peut-être_pas_l’Amérique

 「C’estpeut-êtrepasl’Amérique」  
「するC’est PEUT-ETRE PAS L’Amérique」(英語の翻訳:「それはアメリカでないかもしれませんが」)だったルクセンブルクの中のエントリユーロビジョン・ソング・コンテスト1981で行われ、フランス人によってフランスの歌手ジャン・クロード・パスカル。パスカルは、ルクセンブルグ/フランスのアンヌマリーデイビッド、イスラエルのイズハールコーエン、アイルランドのジョニーローガン、スウェーデンのシャロッテペレッリとキャロラ、ノルウェーのアレクサンドルリバクとともに、60年前の開始以来コンテストに戻った数少ないユーロビジョンの勝者の1人でした。彼は1961年にルクセンブルクの歌で優勝しました。Nous les amoureux “。
「C’estpeut-êtrepasl’Amérique」
シングルカバー
ユーロビジョンソングコンテスト1981エントリー 国 ルクセンブルク
アーティスト
ジャン・クロード・パスカル
言語
フランス語
作曲家
ソフィー・マフノ、
ジャン・クロード・パスカル、 ジャン・クロード・プチ
作詞家
ソフィー・マフノ、
ジャン・クロード・パスカル、 ジャン・クロード・プチ
導体
ジョエル・ロシェ
ファイナルパフォーマンス
最終結果 11日 最後のポイント 41 エントリー年表
◄「パパピンゴウイン」(1980)   
「Coursaprèsletemps」(1982)►
「C’estpeut-êtrepasl’Amérique」
歌の抜粋
このファイルの再生に問題がありますか?メディアヘルプを参照して
「C’estpeut-êtrepasl’Amérique」はヨーロッパとそのライフスタイルを称賛しており、パスカルは「アメリカがすべてではない」と歌い、南フランスの風とそこで聞く音楽を好むと説明しています。パスカルはまた、ドイツ語で「Heut’ist vieles sehr amerikanisch」(「今日、ほとんどのものは非常にアメリカ的」)というタイトルの曲を録音しました。
この曲は夜に4番目に演奏されました(ドイツのレナ・ヴァライティスに続いて「ジョニー・ブルー」、イスラエルのハコル・オーバー・ハビビに続いて「ハライラ」)。投票の終了時に、それは41ポイントを獲得し、20のフィールドで11位になりました。
それは次のように成功したルクセンブルクの代表で1982年大会でスヴェトラーナ「とクールアフタールタン」。ジャン・クロード・パスカルは1992年に亡くなりました。
ソースと外部リンク
ユーロビジョンソングコンテストの公式サイト、1981年の歴史
詳細な情報と歌詞、The Diggiloo Thrush、「C’estpeut-êtrepasl’Amérique」
IMDB.com、Jean-Claude Pascal
Stub icon  
このルクセンブルク関連

投稿日:
カテゴリー: C