DAウェイブリング

D._A._Weibring
ドナルドアルバート “DA”ウェイブリングジュニア(1953年5月25日生まれ)は、PGAツアーやチャンピオンズツアーでいくつかのトーナメントを含む数々のトーナメントで優勝したアメリカのプロゴルファーです。
DAウェイブリング
個人情報
フルネーム
ドナルドアルバートウェイブリングジュニア
生まれ
(1953-05-25)1953年5月25日(67歳)イリノイ州クインシー
高さ
6フィート1インチ(1.85 m)
重量
200ポンド(91 kg; 14 st)
国籍
 アメリカ
レジデンス
カリフォルニア州ランチョサンタフェ
キャリア
カレッジ
イリノイ州立大学
プロに転向 1975 以前のツアー
PGAツアーチャンピオンズツアー
プロの勝利 13 最高ランク
36(1988年7月3日)
ツアー別の勝利数
PGAツアー 5 日本ゴルフツアー 1 オーストラリアのPGAツアー 1 PGAツアーチャンピオンズ 5 その他 1 メジャー選手権で最高の結果
マスターズトーナメント T7:1987 PGAチャンピオンシップ T3:1987 全米オープン T3:1988 全英オープン選手権 T8:1985 業績と賞
PGAツアーカムバックプレーヤーオブザイヤー 1991 Weibringはイリノイ州クインシーで生まれました。彼の父は幼い頃からゴルフを始めた。1975年、Weibringはイリノイ州立大学で経営学士号を取得して卒業し、その年の後半にプロに転向しました。
Weibringは5つのPGAツアーイベントで優勝しました。彼の最初のイベントは1979年のQuadCitiesで、3回優勝するイベントでした。彼の最後のツアー優勝は1996年のキヤノングレーターハートフォードオープンでした。ワイブリングはメジャー選手権で5回のトップ10フィニッシュを達成しました。PGAチャンピオンシップで2回、他のチャンピオンシップで1回です。
ワイブリングは2003年5月に50歳になった後、チャンピオンズツアーに参加し、これまでに5回優勝しています。2004年、彼はチャンピオンズツアーをリードし、アリアンツチャンピオンシップでのワイヤーツーワイヤーの勝利を含む25回の出場で15回のトップ10フィニッシュを達成しました。
ワイブリングは2001年にイリノイ州のPGA殿堂入りしました。彼は独自のゴルフコースの設計および管理会社を持っています。彼には3人の子供がいます:2人の娘(Allison&Katey)と1人の息子(Matt)。彼の息子はジョージア工科大学で2回のオールアメリカンゴルファーであり、Web.comツアーの現在のプレーヤーでした。
内容
1 プロの勝利(13)
1.1 PGAツアー優勝(5) 1.2 日本ゴルフツアー機構優勝(1) 1.3 PGAツアーオブオーストラリアが優勝(1) 1.4 その他の勝利(1) 1.5 チャンピオンズツアー優勝(5)
2 メジャー選手権の結果
2.1 概要
3 プレーヤーズチャンピオンシップの結果
4 チャンピオンズツアーメジャー選手権
4.1 勝ち(1) 4.2 結果のタイムライン
5 アメリカ代表チーム出場
6 も参照してください
7 参考文献
8 外部リンク
プロの勝利(13)
PGAツアー優勝(5)
番号。
日付
トーナメント
勝ち点
勝利のマージン
準優勝
1 1979年7月22日 エドマクマホン-ジェイシーズクワッドシティーズオープン −14(67-65-69-65 = 266) 2ストローク

  カルビン・ピート
2 1987年8月23日 ベアトリスウエスタンオープン −9(70-69-68 = 207)* 1ストローク

  ラリーネルソン、

  グレッグ・ノーマン
3 1991年9月15日 ハーディーズゴルフクラシック (2) −13(68-67-68-64 = 267) 1ストローク

  ポール・エイジンガー、

  ピーター・ヤコブセン
4 1995年9月24日 クワッドシティークラシック (3) −13(64-65-68 = 197)* 1ストローク

  ジョナサン・ケイ
5 1996年6月30日 キヤノングレーターハートフォードオープン −10(68-65-70-67 = 270) 4ストローク

  トムカイト
*注:天候により、トーナメントは54ホールに短縮されました。
PGAツアープレーオフ記録(0–2)
番号。 年 トーナメント
相手
結果
1 1980年 アンディウィリアムズ-サンディエゴオープンインビテーショナル

  トムワトソン 最初の追加ホールでパーを失った
2 1991 ラスベガスインビテーショナル

  アンドリューマギー 2番目の余分なホールでパーに負けました
日本ゴルフツアー機構優勝(1)
番号。
日付
トーナメント
勝ち点
勝利のマージン
準優勝
1 1985年10月20日 ポラロイドカップゴルフダイジェストトーナメント −16(66-72-65-65 = 268) 2ストローク

  船渡川育宏
PGAツアーオブオーストラリアが優勝(1)
番号。
日付
トーナメント
勝ち点
勝利のマージン
準優勝
1 1985年12月1日 ニュージーランド航空シェルオープン −16(64-67-66-67 = 264) 1ストローク

  ロジャー・デービス
その他の勝利(1)
1989ファミリーハウスインターナショナル
チャンピオンズツアー優勝(5)
伝説
チャンピオンズツアーメジャー選手権(1)
その他のチャンピオンズツアー(4)
番号。 日付 トーナメント 勝ち点 勝利のマージン
準優勝
1 2003年9月21日 SASチャンピオンシップ −13(65-72-66 = 203) 1ストローク

  トムカイト、

  ボビー・ワドキンス
2 2004年5月23日 アリアンツチャンピオンシップ −9(65-68-71 = 204) 3ストローク

  トム・ジェンキンス
3 2005年5月22日 ブルーノのメモリアルクラシック −15(67-65-69 = 201) 2ストローク

  トム・ジェンキンス、

  トムカイト
4 2007年8月5日 3Mチャンピオンシップ −18(65-66-67 = 198) 1ストローク

  ジェイ・ハース
5 2008年10月12日 コンステレーションエナジーシニアプレーヤーズチャンピオンシップ −9(67-70-66-68 = 271) 1ストローク

  フレッドファンク
チャンピオンズツアープレーオフ記録(0–1)
番号。 年 トーナメント
相手
結果
1 2005年 アリアンツチャンピオンシップ

  トム・ジェンキンス 2番目の余分な穴でバーディーに負けました
メジャー選手権の結果
トーナメント 1979年 1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986 1987年 1988年 1989年
マスターズトーナメント
切る
T7 切る T46
全米オープン T19 切る T43
T20 T38 切る
切る T3 T21
全英オープン選手権 T8 T30 PGAチャンピオンシップ 切る T46 T39 切る 切る 69 T65 4 T3 T52
トーナメント 1990年 1991 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年
マスターズトーナメント T25 切る 切る
全米オープン
T11 切る 切る T25 T23 全英オープン選手権
切る T60 PGAチャンピオンシップ
切る T44 T47 T31 T17
  トップ10
  プレイしなかった
CUT =ハーフウェイカットを逃した”T” =同点
概要
トーナメント
勝ちます 2位 3位
トップ5
トップ10
トップ25
イベント
カット
マスターズトーナメント0 0 0 0 1 2 7 3
全米オープン0 0 1 1 1 7 14 9 全英オープン選手権0 0 0 0 1 1 4 3
PGAチャンピオンシップ0 0 1 2 2 3 15 11 合計0 0 2 3 5 13 40 26
行われた最も連続したカット– 6(1988 USオープン– 1992マスターズ)
トップ10の最長ストリーク– 2(1986 PGA – 1987マスターズ)
プレーヤーズチャンピオンシップの結果
トーナメント 1979年 1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986 1987年 1988年 1989年 1990年 1991 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年
プレーヤーズチャンピオンシップ 切る T64 T51 T27 切る 切る 2 T33 切る 切る T21 T36 T41 切る T61 T69 T43
切る
トーナメント 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
プレーヤーズチャンピオンシップ WD   トップ10
  プレイしなかった
CUT =ハーフカットを逃したWD =撤回”T”は場所の引き分けを示します
チャンピオンズツアーメジャー選手権
勝ち(1) 年 チャンピオンシップ
勝ち点
マージン
準優勝 2008年 コンステレーションエナジーシニアプレーヤーズチャンピオンシップ
−9(67-70-66-68 = 271)
1ストローク

  フレッドファンク
結果のタイムライン
2012年以前の結果は時系列ではありません。
トーナメント 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011 2012年 2013年 全米プロシニアゴルフ選手権 T48 T17 T31 10 T12 T53 DNP 切る T18 切る 78
伝統 T10 T4 T9 T29 3 T7 DNP T21 T41 T47 DNP
シニアプレーヤーズチャンピオンシップ DNP T13 T5 T22 T5 1 WD T20 T51 WD DNP
全米シニアオープン DNP 6 T2 T8 T5 T34 DNP WD T37 DNP 切る
全英シニアオープン選手権 5 T61 DNP T6 T19 DNP DNP DNP DNP DNP DNP
DNP =プレーしなかったCUT =ハーフカットを逃したWD =トーナメントから撤退”T”は場所の引き分けを示します勝利のための緑の背景。トップ10の黄色の背景。
アメリカ代表チーム出場
ダンヒルカップ:1987
も参照してください
PGAツアーで最も勝利したゴルファーのリスト
参考文献
^ 「1988年7月3日までの1988年第27週」 (pdf)。OWGR 。 ^ 「PGAツアーの公式サイトのプロフィール」。PGAツアー。
^ 「ゴルフメジャー選手権–DAウェイブリング」。
^ 「PGAツアーの公式サイトでのマットウェイブリングのプロフィール」。PGAツアー。
外部リンク
PGAツアー公式サイトでのDAウェイブリング
日本ゴルフツアー機構公式サイトでのDAウェイブリング
公式ワールドゴルフランキング公式サイトでのDAウェイブリング

投稿日:
カテゴリー: D