DFヘッティアラッチ

D._F._Hettiarachchi
ドン・フランク・ヘッティアラッチ(1919年5月3日-1970年)はセイロン人の政治家でした。
本。
ドン・フランク・ヘッティアラッチ
のメンバー セイロン議会以下のためのNivitgala
1947年から1952年にオフィスで
前任者
作成された座席
成功
WHウェラガマ
1956年から1960年にオフィスで
前任者
WHウェラガマ
成功
S.モリーゴダ
1965年から1970年にオフィスで
前任者
S.モリーゴダ
成功
ピヤダサハリシュチャンドラ
個人情報
生まれ
(1919-05-03)1919年5月3日
死亡しました
1970年1月1日(1970-01-01)(50歳)
政治団体
スリランカ自由党
その他の政治的所属
スリランカサマサマジャ党、マハジャナエクサスペラムナ
Hettiarachchiは、1947年8月23日から1947年9月20日までの間に開催された第1回議会選挙で、スリランカ社会主義党(LSSP)を代表して、Nivitigala有権者のメンバーとして最初に議会に選出されました。彼は5,626票(総投票数の43.58%)を獲得し、統一国民党(UNP)の候補者であるジャヤウィーラクルップを24票差でわずかに破った。クルップは元セイロン国家評議会のメンバーであり、地区のUNPの主要な主催者であったため、これは重大な動揺でした。
彼は、座席再争わ第二議会選挙1952年5月24日と1952年5月30日の間で開催された、UNP候補に敗れハロルドWeragama Hettiarachchiの9257票とは反対に12785票(総投票の57.4パーセント)をポーリングし、(41.6パーセント総投票数の)。
Hettiarachchiは、1956年4月5日から1956年4月10日までの間に開催された第3回議会選挙で再び出馬しましたが、今回はスリランカ自由党(SLFP)の候補者として、ニビタガラの議席を取り戻すことに成功しました。彼は16,205票(総投票数の66%)を獲得し、UNPのライバルであり座っているメンバーであるウェラガマを7,985票上回りました。
1960年3月19日に開催された第4回議会選挙で、HettiarachchiはMahajana Eksath Peramuna(MEP)候補として立候補し、7,314(総投票数の39.4%)、UNP候補のKE Seneviratneを1,417票上回り、 SLFP候補のADAbeysuriyaに先んじて4,581票。しかしながら、主要な政党のどちらも選挙で十分な過半数を獲得することができなかったので、新しい選挙が呼ばれた。その後の1960年7月の選挙で、 HettiarachchiはSLFP候補のStanley Molligodaの議席を失い、4人の候補者の分野で3位になり、総投票数の22.6%しか獲得できませんでした。
Hettiarachchiは、1965年3月22日に開催された次の議会選挙に出馬しました。今回はSLFP候補として、UNP候補として立候補した現職のMolligodaを破りました。Hettiarachchiは、Molligodaの9,981票(全体の39.1%)とは対照的に、14,943票(全体の58.5%)を投票しました。
Hettiarachchiは、直前に死亡した1970年5月の議会選挙、彼のSLFPの交換、によって満たされるNivitagalaの空席とPiyadasa Harischandra。
参考文献
^ 「Hon.Hettiarachchi、ドンフランク、MP」 過去のメンバーのディレクトリ。スリランカの国会。 ^ JātikaRājyaSabhāva。Pustakālaya(1972)。セイロンの立法府のメンバー:1931-1972。図書館、国会。p。63。
^ 「1947年の議会総選挙の結果」(PDF)。スリランカ選挙局。
^ Jiggins、Janice(1979)。カーストと家族政治シンハラ語1947-1976。ケンブリッジ大学出版局。p。109. ISBN  9780521220699。 ^ 「1952年の議会総選挙の結果」(PDF)。スリランカ選挙局。
^ 「1956年の議会総選挙の結果」(PDF)。スリランカ選挙局。
^ 「1960年3月19日の議会総選挙の結果」(PDF)。スリランカ選挙局。
^ 「1960年7月20日の議会総選挙の結果」(PDF)。スリランカ選挙局。
^ 「1965年の議会総選挙の結果」(PDF)。スリランカ選挙局。
^ 「議会の討論:公式レポート」。89。セイロンガバメントプレス。1970年:2829年。
引用ジャーナルには|journal=(ヘルプ)が必要です ^ 「1970年議会総選挙の結果」(PDF)。スリランカ選挙局。

投稿日:
カテゴリー: D