DGボイス

D._G._Boyce
デビッド・ジョージボイスとしても知られている(1942-2020)、ジョージ・ボイス、はアイルランドの歴史に特化した北アイルランドの歴史家でした。
彼はで教育を受けたLurganの大学でのアーマーとのクイーンズ大学ベルファスト。彼はで原稿の部門で働いていたボドリアン図書館でオックスフォード1971年まで、彼はで政治と国際関係学科の講師だった2004まで1971からスウォンジー大学。彼は王立歴史学会の会員でもありました。
彼は英国人名事典のオックスフォード辞書に15の記事を寄稿しました。
彼の死は2020年8月17日に起こった。彼の葬儀はスウォンジーで行われたが、彼の遺灰は2021年にダウン州に収容されることになっている。 本 イギリス人とアイルランドの問題:イギリスの世論とアイルランドの政策の作成1918-1922(1972)。
(ジェームズ・カランとポーリーン・ウィンゲートの
者)17世紀から現在(1978年)までの新聞の歴史。
アイルランドのナショナリズム(1982年第1版、1991年第2版、1995年第3版)。
(者)、アイルランドの革命、1879-1923(1987)。
英国連合主義の危機:セルボーン第二伯爵の国内文書、1885-1922(1987)。
英国の権力の危機:セルボーン第二伯爵の帝国および海軍の論文、1895-1910(1987)。
19世紀のアイルランド:安定性の探求(1990)。
(者)、パーネル・イン・パースペクティブ(1991)。
アイルランド1828-1923:優勢から民主主義へ(1992)。
(者)、17世紀以来のアイルランドの政治思想(1993)。
アイルランドの質問とイギリスの政治、1868-1996(1996)。
現代アイルランドの歴史の作成(1996)。
脱植民地化と大英帝国1775-1997(1999)。
連合の擁護者:1801年(2000年)以来の英国およびアイルランドの連合主義の調査。
(者)、17世紀および18世紀のアイルランドにおける政治的言説(2001)。
(者)、1800年(2004年)以来のアイルランドの歴史における問題と展望。
移行期のアイルランド、1867年から1921年(2004年)。
(者)、The Ulster Crisis:1885-1921(2005)。
フォークランド紛争(2005)。
(者)、グラッドストーンとアイルランド:ビクトリア朝時代の政治、宗教、国籍(2011年)。
ノート
^ Bの プロフィールスウォンジー大学 ^ プロフィールMITプレスで ^ ODNBの寄稿者ページ(サブスクリプションが必要) ^ ウォーカー、ブライアンM. 「デビッドジョージボイス:アングロアイリッシュ関係の著名な歴史家-感謝」。www.irishtimes.com 。

投稿日:
カテゴリー: D