DJジョンソン(バスケットボール)

D._J._Johnson_(basketball)
ダレルジェローム “DJ”ジョンソンジュニア(1993年10月8日生まれ)は、アメリカのプロバスケットボール選手です。ジョンソンは2.06m(6’9 “)に立って、パワーフォワードとセンターポジションを演じています。カンザス州立大学で5年間大学バスケットボールをプレーした後、ジョンソンは2017年のNBAドラフトに参加しましたが、ドラフトの2ラウンドには選ばれませんでした。
DJジョンソン
フリーエージェント
ポジション
パワーフォワード/センター
個人情報
生まれ
(1993-10-08)1993年10月8日(27歳)ミズーリ州セントルイス
国籍
アメリカン
記載されている高さ
6フィート9インチ(2.06 m)
記載されている重量
225ポンド(102 kg)
キャリア情報
高校
パークウェイノース(ミズーリ州セントルイス郡)
カレッジ
カンザス州(2012–2017)
NBAドラフト
2017 /ドラフトなし
キャリアをプレイ
2017年〜現在
職業履歴
2017〜 2018年
ラブリオ 2018〜2019 モビスフィーバス 2019年 ドラドスデチワワ 2019年 バンビシャス奈良
2019〜 2020年
サンタクルーズウォリアーズ
キャリアのハイライトと賞
All- Big 12 Honorable Mention(2017)
内容
1 高校でのキャリア
2 大学でのキャリア
3 プロとしてのキャリア
4 バスケットボールトーナメント
5 参考文献
6 外部リンク
高校でのキャリア
ジョンソンはで高校のバスケットボールを果たしたパークウェイ北高校にセントルイス郡、ミズーリ。彼はセントルイスポストディスパッチ大学校分類で10位の最終ランキングで終了しました。ジョンソンは、2011〜12年のシニアとして、28試合で平均16.3ポイント、11.9リバウンド、5.0ブロック、1.6スティール、1.2アシストを獲得し、バイキングの得点、リバウンド、フィールドゴール率、ブロックをリードし、エリアリーダーにランクインしました。ブロック(2番目)とリバウンド(4番目)の両方で。
大学でのキャリア
カンザスステートの新入生として、ジョンソンは30試合をプレーし、1試合あたり2.3ポイント、2.5リバウンド、合計11ブロックを獲得しました。2年生として、ジョンソンは33のコンテストでプレーし、ゲームあたり平均3.4ポイント、3.5リバウンド、0.5ブロックと数を増やし、プレー時間を1ゲームあたり13.9分に改善しました。次のシーズン、彼は怪我のために単一のゲームに現れませんでした。ジョンソンは、4年生の間、チームのスターターセンターであり、11.3ポイント5.7リバウンド、1ゲームあたり1.5ブロックでした。彼は、トニーキット、マーカスマッカロー、スティーブソルトナーに加わり、1シーズンでフィールドから60%以上接続した4番目のワイルドキャットになりました。
プロとしてのキャリア
2017年のNBAドラフトでドラフトを解除した後、ジョンソンはギリシャバスケットボールリーグのラブリオに参加しました。彼は2019年にNBAGリーグのサンタクルーズウォリアーズに参加しました。
バスケットボールトーナメント
DJジョンソンはバスケットボールトーナメントの2018年版でチームパープル&ブラックのためにプレーしました。アトランタダーティサウスへのチームの最初のラウンドの敗北で、彼は9ポイント、3リバウンド、2アシストを獲得しました。
参考文献
^ B 「カンザス州立バイオ」。2017年8月13日にオリジナルからアーカイブされました。 ^ 「セカンドチャンスプレーヤーは家を見つけ、テキサスサザンで新しい成功を楽しんでください」。sportando.com。2017年3月16日。
^ 「サンタクルーズウォリアーズは2019-20オープニングナイト名簿を発表します」。NBA.com。2019年11月7日。
外部リンク
カンザスステートワイルドキャッツバイオ
ESPN.comプロフィール
DJジョンソンはNFLのトライアウト後にバスケットボールに焦点を戻します

投稿日:
カテゴリー: D