DJトラハン

D._J._Trahan
ドナルドローランド “DJ”トラハンジュニア(1980年12月18日生まれ)はアメリカのプロゴルファーです。
DJトラハン
個人情報
フルネーム
ドナルド・ローランド・トラハン・ジュニア
ニックネーム DJ 生まれ
(1980-12-18)1980年12月18日(40歳)ジョージア州アトランタ
高さ
6フィート3インチ(1.91 m)
重量
185ポンド(84 kg; 13.2 st)
国籍
 アメリカ
レジデンス
サウスカロライナ州マウントプレザント
キャリア
カレッジ
クレムソン大学
プロに転向 2003年 現在のツアー
PGAツアー
プロの勝利 3 最高ランク
62(2008年10月12日)
ツアー別の勝利数
PGAツアー 2 コーンフェリーツアー 1 メジャー選手権で最高の結果
マスターズトーナメント T44:2009 PGAチャンピオンシップ T31:2008 全米オープン T4:2008 全英オープン選手権
カット:2009
業績と賞
ベンホーガン賞 2002年 内容
1 若いころ
2 プロとしてのキャリア
3 アマチュア勝ち(11)
3.1 大学の勝利(5) 3.2 大学の優等生
4 プロの勝利(3)
4.1 PGAツアー優勝(2) 4.2 全国ツアー優勝(1)
5 メジャー選手権の結果
6 プレーヤーズチャンピオンシップの結果
7 世界ゴルフ選手権の結果
8 アメリカ代表チーム出場
9 も参照してください
10 参考文献
11 外部リンク
若いころ
  DJトラハン(右)と彼の父
ドントラハン(左)
トラハンはジョージア州アトランタでドン・トラハンの息子として生まれました。生まれて間もなく、両親はサウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランドに移り、そこで若い年をハーバータウンゴルフリンクスでプレーし、ヒルトンヘッドアイランド高校に通いました。その後、サウスカロライナ州スパルタンバーグに移り、ポールM.ドーマン高校に通い卒業し、ゴルフと野球の両方をプレーしました。彼はクレムソン大学に通った。彼は2000年に全米アマチュアパブリックリンクスで優勝し、2001年のウォーカーカップと2002年のアイゼンハワートロフィーで米国を代表しました。
プロとしてのキャリア
2003年にプロに転向した後、トラハンは2004年に全国ツアーに参加し、ミッコスケ選手権でそのシーズンの最後のフルフィールドイベントで優勝しました。彼は2005年にPGAツアーの新人であり、WGC-アメリカンエクスプレス選手権の代替イベントである2006年サザンファームビューロークラシックで彼の最初のPGAツアータイトルを獲得しました。彼は2008年1月20日にジャスティンレナードを3打でボブホープクライスラークラシックで2回目のイベントに勝ちました。彼は公式ワールドゴルフランキングのトップ100に登場しています。
アマチュア勝ち(11)
2000米国アマチュアパブリックリンク
2001ジョーンズカップインビテーショナル、サウスカロライナアマチュア
2002 Azalea Invitational、Monroe Invitational、サウスカロライナアマチュア
大学の勝利(5)
2000ラスベガスインターカレッジ
2001カーペットクラシック、ジェリーペイトインビテーショナル
2002NCAAイーストリージョナル
2003年メルセデスベンツインターカレッジ
大学の優等生
All-ACC:第1チーム(2000–2003)
ACCフレッシュマンオブザイヤー:2000
ACCプレーヤーオブザイヤー:2002
オールアメリカン:2000(佳作、第1チーム新入生)、2001(佳作)、2002(第1チーム)、2003(第1チーム)
ベンホーガン賞:2002
ジャック・ニクラウス賞:2002
ACC 50周年記念ゴルフチーム:2002年(リストに名前が挙げられているアクティブな大学のゴルファーのみ)
カロライナゴルフ協会年間最優秀選手:2000-2002
トラハンの大学でのキャリアの中で、クレムソンは2つのACCタイトル(2000、2003)、3つのNCAA東部地域タイトル(2000、2002、2003)、および2003NCAAディビジョンIチャンピオンシップを獲得しました。2001年のチームは全国準優勝で、2002年のチームは全国大会で3位になりました。
プロの勝利(3)
PGAツアー優勝(2)
番号。 日付 トーナメント 勝ち点 勝利のマージン
準優勝
1 2006年10月1日 サザンファームビューロークラシック −13(65-68-71-71 = 275) プレーオフ

  ジョーデュラント
2 2008年1月20日 ボブホープクライスラークラシック −26(67-64-68-70-65 = 334) 3ストローク

  ジャスティンレナード
PGAツアープレーオフ記録(1–0)
番号。 年 トーナメント
相手
結果
1 2006年 サザンファームビューロークラシック

  ジョーデュラント 3番目の追加ホールでバーディーで勝ちました
全国ツアー優勝(1)
番号。 日付 トーナメント 勝ち点 勝利のマージン
準優勝
1 2004年10月24日 ミッコスケ選手権 −16(68-67-68-65 = 268) 4ストローク

  ニック・ワトニー
メジャー選手権の結果
トーナメント 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
マスターズトーナメント 切る
切る T44
全米オープン
切る
T4 切る
全英オープン選手権
切る
PGAチャンピオンシップ
切る T31 切る
トーナメント 2010年 2011 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
マスターズトーナメント
全米オープン
切る
全英オープン選手権
PGAチャンピオンシップ 67 切る
  トップ10
  プレイしなかった
CUT =ハーフウェイカットを逃した””T”” =同点
プレーヤーズチャンピオンシップの結果
トーナメント 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011 2012年
プレーヤーズチャンピオンシップ 切る 切る T51 切る 切る 切る DQ
CUT =ハーフカットを逃したDQ =失格「T」は場所の同点を示します
世界ゴルフ選手権の結果
トーナメント 2008年 2009年
マッチプレー
チャンピオンシップ T57 T46
招待状 T8
チャンピオンズ
  プレイしなかった
「T」=タイHSBCチャンピオンズは2009年までWGCイベントにならなかったことに注意して
アメリカ代表チーム出場
アマチュア
ウォーカーカップ:2001
アイゼンハワートロフィー:2002年(受賞者)
パーマーカップ:2002(受賞者)
も参照してください
2004年PGAツアークオリファイングスクール卒業生
2019コーンフェリーツアーファイナル卒業生
参考文献
^ 「2008年10月12日に終了する2008年第41週」 (pdf)。OWGR 。
外部リンク
DJ TrahanでPGAツアー公式サイト
DJ Trahanの公式世界ゴルフランキングの公式サイト”

投稿日:
カテゴリー: D