D.ジャクソンコールマン

D._Jackson_Coleman

D.ジャクソンコールマンは、コロンビア大学のエドワードS.ハークネスアイ研究所のニューヨーク長老派病院の臨床眼科の教授です。彼は元ジョン・ミルトン・マクリーン眼科教授であり、ワイル・コーネル医療センターの名誉会長であり、1979年から2006年まで会長を務めました。彼の専門は網膜疾患と超音波で、コロンビア大学メディカルセンターの患者と協力しています。コールマンはまた、超音波に関する研究にも携わっており、コロンビア大学メディカルセンターの眼科で同僚のロナルドシルバーマンとのキャリアを通じて追求してきました。
内容
1 キャリア
2 研究
3 オフィスと賞
4 最近の出版物
4.1 本 4.2 ピアレビュー
5 参考文献
キャリア
コールマンは、ユニオンカレッジで学士号を、バッファロー大学医学部で医学の学位を取得しています。でコロンビアメディカル部門で彼のインターンシップに続いベルビュー病院、彼が添え米国公衆衛生局ワシントンD.C.に。彼は、国立衛生研究所の特別フェローとして、コロンビア長老派教会のエドワードS.ハークネスアイ研究所で眼科研修を修了しました。
彼は1979年までコロンビア長老派医療センターのスタッフに留まり、ニューヨーク病院の眼科の会長兼チーフとコーネル大学医科大学のジョンミルトンマクリーン眼科教授に任命されました。彼は1991年から1992年まで、また1994年から1997年まで、医療委員会の会長を務めました。彼はまた、マンハッタンアイ・イヤー・スロート病院(MEETH)の外科ディレクター、ニューヨーク市のリバーサイド研究所の主任研究員、メモリアル・スローン・ケタリングがんセンターのコンサルタントも務めました。その後、ルーツに戻り、現在はコロンビア大学メディカルセンターのハークネスアイ研究所で眼科の教授を務めています。
研究
彼は物理学に興味を持っていたため、目を検査して治療するための新しい超音波技術を開発しました。一緒にウィリアム・ケーニッヒととルイ・カッツ、彼が最初に市販の作成Bスキャン超音波機器を。 彼の多数の特許には、超音波振動手術用ナイフ、超音波診断および治療用トランスデューサーアセンブリ(方法論付き)、治療用超音波およびリアルタイム超音波スキャンのシステム、および角膜バイオメトリ。彼の先駆的な外科技術には、ニューヨークでの最初の硝子体網膜手術が含まれ、彼が開発した超音波を使用して、眼の外傷の初期段階で手術することで患者の回復の予後を大幅に改善できることを示しています。彼は硝子体網膜手術を専門としており、画像研究に長年の関心を持っていました。チャールズとマーガレットダイソンからの寛大な贈り物で、彼は世界の主要な網膜研究プログラムの1つであるマーガレットM.ダイソンビジョン研究所を設立しました。ダイソンインスティテュートは、加齢性黄斑変性症の原因と考えられる治療法、および網膜と脈絡膜の超音波画像診断に関する研究を続けています。
オフィスと賞
コールマンは、American Institute of Ultrasound in Medicine、Societas Internationalis de Diagnostica Ultrasonica en Ophthalmologia、World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology、Inc。など、世界中のすべての主要な超音波医学会の役員を務めています。アメリカ網膜学会および国際網膜学会のクラブジュールゴニンの元会長。コールマンは、200を超える査読論文と眼科教科書の多数の章を執筆しており、最近、彼の教科書の第2版である眼と眼窩の超音波検査を発表しました。
彼の研究により、彼は視覚と眼科学の研究協会から眼科学のミルドレッド・ヴァイゼンフェルト賞、クラブ・ジュール・ゴニンのハーマン・ワッカー賞、網膜学会の網膜研究の功績賞、Kreissigを含む多くの賞を受賞しています。ユーレティナ会議からの賞、およびイタリアのフェラーラにあるフェラーラ大学からの名誉学位。さらに、コールマンは、2001年にモーリスR.グリーンバーグ功労賞を受賞しました。これは、ニューヨーク長老派病院/ワイルコーネルメディカルセンターが専門スタッフのメンバーに授与した最高の栄誉です。彼は視覚および眼科学研究協会のフェローになりました。
最近の出版物 本 Coleman DJ、Silverman RH、Lizzi FL、Reinstein DZ、Rondeau MJ、Lloyd HO、Daly SW 「目と軌道の超音波検査」。第2版​​。リッピンコットウィリアムズ&ウィルキンス、フィラデルフィア、2006年。
ピアレビュー
コールマン、Dジャクソン; シルバーマン、ロナルドH; ロンドー、マークJ; ロイド、ハリエットO; Khanifar、Aziz A; チャン、RVポール(2013)。「加齢性黄斑変性症:脈絡膜虚血?」。眼科学の英国ジャーナル。97(8):1020–3。土井:10.1136 / bjophthalmol-2013-303143。PMC  3717761。PMID  23740965。
キム、デビッドY; シルバーマン、ロナルドH; チャン、ロビソンバーノンポール; Khanifar、Aziz A; ロンドー、マーク; ロイド、ハリエット; シュレーゲル、ピーター; コールマン、ドナルドジャクソン(2013)。「全身シルデナフィル(バイアグラ®)後の脈絡膜灌流と厚さの測定」。ActaOphthalmologica。91(2):183–8。土井:10.1111 /j.1755-3768.2011.02305.x。PMC  3528845。PMID  22974308。
シルバーマン、ロナルドH; ケッターリング、ジェフリーA; マモウ、ジョナサン; ロイド、ハリエットO; Filoux、Erwan; コールマン、Dジャクソン(2012)。「環状アレイを用いた硝子体のパルス符号化超音波イメージング」。眼科手術、レーザー、およびイメージング。43(1):82–6。土井:10.3928 / 15428877-20110901-03。PMC  3261320。PMID  21902166。
Reinstein、Dan Z; ゴッベ、マリン; アーチャー、ティモシーJ; シルバーマン、ロナルドH; コールマン、Dジャクソン(2010)。「円錐角膜の上皮、間質、および角膜の総厚:アルテミス超高周波デジタル超音波による3次元ディスプレイ」。Journal of RefractiveSurgery。26(4):259–71。土井:10.3928 / 1081597X-20100218-01。PMC  3655809。PMID  20415322。
シルバーマン、ロナルドH; コング、ファンティング; チェン、YC; ロイド、ハリエットO; キム・ヒョンハム; カンナタ、ジョナサンM; Shung、K。Kirk; コールマン、D。ジャクソン(2010)。「眼組織の高解像度光音響イメージング」。医学と生物学における超音波。36(5):733–42。土井:10.1016 /j.ultrasmedbio.2010.02.006。PMC  2881573。PMID  20420969。
Reinstein、Dan Z; アーチャー、ティモシーJ; ゴッベ、マリン; シルバーマン、ロナルドH; コールマン、Dジャクソン(2010)。「アルテミス超短波デジタル超音波アークスキャナーによる層状角膜厚さ測定の再現性」。Journal of RefractiveSurgery。26(9):646–59。土井:10.3928 / 1081597X-20091105-01。PMC  4464782。PMID  19928698。
Reinstein、Dan Z; アーチャー、ティモシーJ; ゴッベ、マリン; シルバーマン、ロナルドH; コールマン、Dジャクソン(2010)。「遠視レーシック後の上皮の厚さ:アルテミスの超高周波デジタル超音波による3次元ディスプレイ」。Journal of RefractiveSurgery。26(8):555–64。土井:10.3928 / 1081597X-20091105-02。PMC  4492162。PMID  19928697。
Reinstein、Dan Z; アーチャー、ティモシーJ; ゴッベ、マリン; シルバーマン、ロナルドH; コールマン、Dジャクソン(2010)。「アルテミス超短波デジタル超音波アークスキャナーによる層状角膜厚さ測定の再現性」。Journal of RefractiveSurgery。26(9):646–59。土井:10.3928 / 1081597X-20091105-01。PMC  4464782。PMID  19928698。
米川義博; 太陽、恵み; シルバーマン、ロナルドH。; コールマン、D。ジャクソン; チャン、RVポール。「眼科診断における高周波超音波の役割」。現代の眼科。8(7):1–7。土井:10.1097 / 01.COP.0000347362.24136.98(非アクティブ2021-01-11)。CS1 maint:2021年1月の時点でDOIは非アクティブです(リンク)
Reinstein、D。Z; Srivannaboon、S; ゴッベ、M; アーチャー、T。J; シルバーマン、R。H; サットン、H; コールマン、D。J(2009)。「アルテミスの超短波デジタル超音波によって測定された近視レーシックによって誘発された上皮の厚さプロファイルの変化」。Journal of RefractiveSurgery。25(5):444–50。土井:10.3928 / 1081597X-20090422-07。PMC  2695568。PMID  19507797。
Reinstein、Dan Z; アーチャー、ティモシーJ; ゴッベ、マリン; シルバーマン、ロナルドH; コールマン、Dジャクソン(2009)。「正常な角膜の間質の厚さ:アルテミスの超高周波デジタル超音波による3次元ディスプレイ」。Journal of RefractiveSurgery。25(9):776–86。土井:10.3928 / 1081597X-20090813-04。PMC  2751865。PMID  19772263。
マモウ、ジョナサン; Aristizábal、オーランド; シルバーマン、ロナルドH; ケッターリング、ジェフリーA; ターンブル、ダニエルH(2009)。「眼科および小動物イメージング用の環状アレイを備えた高周波チャープ超音波イメージング」。医学と生物学における超音波。35(7):1198–208。土井:10.1016 /j.ultrasmedbio.2008.12.017。PMC  2703701。PMID  19394754。
シルバーマン、ロナルドH; パテル、モニカS; ギャル、オメル; サラップ、アマン; Deobhakta、Avnish; ダバブネ、ハイサム; Reinstein、Dan Z; Feleppa、Ernest J; コールマン、Dジャクソン(2009)。「超音波速度と後方散乱に対する角膜水和の影響」。医学と生物学における超音波。35(5):839–46。土井:10.1016 /j.ultrasmedbio.2008.11.009。PMC  2705943。PMID  19195769。
Reinstein、D。Z; アーチャー、T。J; シルバーマン、R。H; ロンドー、M。J; コールマン、D。J(2009)。「アルテミスVHFデジタル超音波を使用した高近視における前室角および毛様体溝径と白から白の角膜径との相関」。Journal of RefractiveSurgery。25(2):185–94。土井:10.3928 / 1081597X-20090201-03。PMC  2649749。PMID  19241769。
ヴァンダービーク、ブライアンL; シルバーマン、ロナルドH; スター、クリストファーE(2009)。「前眼部光コヒーレンストモグラフィーと高周波超音波生体顕微鏡で画像化されたレーザーinsitu角膜切除後の両側ザルツマン様結節性角膜変性」。白内障と屈折矯正手術のジャーナル。35(4):785–7。土井:10.1016 /j.jcrs.2008.09.033。PMID  19304107。
コング、ファンティング; チェン、Y。C; ロイド、ハリエットO; シルバーマン、ロナルドH; キム・ヒョンハム; カンナタ、ジョナサンM; Shung、K。Kirk(2009)。「集束レーザーと超音波ビームによる高解像度光音響イメージング」。応用物理学の手紙。94(3):33902. Bibcode:2009ApPhL..94c3902K。土井:10.1063 /1.3073749。PMC  2682755。PMID  19529786。
シルバーマン、ロナルドH; ケッターリング、J。A; Mamou、J; コールマン、D。J(2008)。「目の改善された高解像度超音波イメージング」。眼科のアーカイブ。126(1):94–7。土井:10.1001 /archopht.126.1.94。PMC  2582753。PMID  18195224。
Reinstein、D。Z; アーチャー、T。J; ゴッベ、M; シルバーマン、R。H; コールマン、D。J(2008)。「正常な角膜の上皮の厚さ:アルテミスの超高周波デジタル超音波による3次元ディスプレイ」。Journal of RefractiveSurgery。24(6):571–81。土井:10.3928 / 1081597x-20080601-05。PMC  2592549。PMID  18581782。
ポール、タニア; リム、ミラ; スター、クリストファーE; ロイド、ハリエットO; コールマン、Dジャクソン; シルバーマン、ロナルドH(2008)。「OrbscanIIシステム、接触超音波厚さ測定、およびArtemis2システムによって測定された角膜中央部の厚さ」。白内障と屈折矯正手術のジャーナル。34(11):1906–12。土井:10.1016 /j.jcrs.2008.07.013。PMC  2601704。PMID  19006737。
キム・ヒョン; カンナタ、J; 劉、R; ジンチャン; シルバーマン、R; Shung、K(2008)。「高周波高調波イメージング用の20MHz / 40MHzデュアルエレメントトランスデューサ」。超音波、強誘電体、周波数制御に関するIEEEトランザクション。55(12):2683–91。土井:10.1109 /TUFFC.2008.983。PMC  2717901。PMID  19126492。
Reinstein、D。Z; アーチャー、T。J; ゴッベ、M; シルバーマン、R。H; コールマン、D。J(2008)。「正常な角膜の上皮の厚さ:アルテミスの超高周波デジタル超音波による3次元ディスプレイ」。Journal of RefractiveSurgery。24(6):571–81。土井:10.3928 / 1081597x-20080601-05。PMC  2592549。PMID  18581782。
シルバーマン、ロナルドH; ケッターリング、ジェフリーA; コールマン、Dジャクソン(2007)。「環状アレイトランスデューサを使用した前眼部の高周波超音波イメージング」。眼科。114(4):816–22。土井:10.1016 /j.ophtha.2006.07.050。PMC  1847571。PMID  17141314。
シルバーマン、ロナルドH; ケッターリング、ジェフリーA; コールマン、Dジャクソン(2007)。「環状アレイトランスデューサを使用した前眼部の高周波超音波イメージング」。眼科。114(4):816–22。土井:10.1016 /j.ophtha.2006.07.050。PMC  1847571。PMID  17141314。
コールマン、Dジャクソン; シルバーマン、ロナルドH; ロンドー、マークJ; ロイド、ハリエットO; デイリー、スザンヌ(2014)。「眼科診断における高周波超音波の現在の役割の説明」。眼科の専門家によるレビュー。1(1):63–76。土井:10.1586 /17469899.1.1.63。PMC  2796804。PMID  20037660。
Reinstein、D。Z; サットン、H。F; Srivannaboon、S; シルバーマン、R。H; アーチャー、T。J; コールマン、D。J(2006)。「ArtemisVHFデジタル超音波アークスキャンを使用した3D角膜ラメラフラップの厚さの精度と再現性によるマイクロケラトームの有効性の評価」。Journal of RefractiveSurgery。22(5):431–40。土井:10.3928 / 1081-597X-20060501-03。PMID  16722480。
ベルモント、S。C; チェン、S; ルフィ、R; チャイ、S。J; シルバーマン、R; コールマン、D。J(2006)。「非接触ホルミウムレーザー熱角膜形成術治療スポットの超高周波超音波分析」。Journal of RefractiveSurgery。22(4):376–86。土井:10.3928 / 1081-597X-20060401-15。PMID  16629071。
シルバーマン、ロナルドH; コールマン、Dジャクソン; ケッターリング、ジェフリーA; Lizzi、Frederic L(2005)。「目の高周波高調波イメージング」。ウォーカーでは、ウィリアムF; エメリアノフ、スタニスラフY(編)。医用画像2005:超音波画像と信号処理。SPIEの議事録。5750。pp。16–25。Bibcode:2005SPIE.5750 … 16S。土井:10.1117 /12.595412。PMC  1635964。PMID  17102825。
Lizzi、F。L; コールマン、D。J(2004)。「眼科超音波の歴史」。Journal of UltrasoundinMedicine。23(10):1255–66。土井:10.7863 /jum.2004.23.10.1255。PMID  15448314。S2CID  34105599。
ロンドー、M。J; Barcsay、G; シルバーマン、R。H; Reinstein、D。Z; クリシュナムルシー、R; チャビ、A; デュ、T; コールマン、D。J(2004)。「前眼房と後眼房の直径の超高周波超音波バイオメトリー」。Journal of RefractiveSurgery。20(5):454–64。土井:10.3928 / 1081-597X-20040901-08。PMID  15523957。
コールマン、D; シルバーマン、R。H; ロンドー、M。J; ボルト、H。C; ロイド、H。O; Lizzi、F。L; Weingeist、T。A; チェン、X; Vangveeravong、S; Folberg、R(2004)。「高リスクブドウ膜黒色腫の超音波パラメータイメージングの予後指標の非侵襲的invivo検出」。眼科。111(3):558–64。土井:10.1016 /j.ophtha.2003.06.021。PMID  15019336。
コールマン、D。ジャクソン; シルバーマン、ロナルドH; チャビ、アルミラ; ロンドー、マークJ; Shung、K.Kirk; カンナタ、ジョン; リンコフ、ハーベイ(2004)。「後部の高解像度超音波イメージング」。眼科。111(7):1344–51。土井:10.1016 /j.ophtha.2003.10.029。PMID  15234135。
カンナタ、JM; リッター、TA; Wo-Hsing Chen; シルバーマン、RH; Shung、KK(2003)。「医用画像アプリケーション向けの効率的な広帯域単一要素(20-80 MHz)超音波トランスデューサの設計」。超音波、強誘電体、周波数制御に関するIEEEトランザクション。50(11):1548–57。土井:10.1109 /TUFFC.2003.1251138。PMID  14682638。S2CID  2552028。
シルバーマン、ロナルドH; フォルバーグ、ロバート; ロンドー、マークJ; ボルト、Hカルバー; ロイド、ハリエットO; 陳、雪; Lizzi、Frederic L; ヴァインガイスト、トーマスA; コールマン、Dジャクソン(2003)。「ブドウ膜黒色腫における予後的に重要な組織学的特徴の検出のためのスペクトルパラメータイメージング」。医学と生物学における超音波。29(7):951–9。土井:10.1016 / S0301-5629(03)00907-4。PMID  12878240。
リンコフ、ハーベイ; マジャロフ、B; リンコフ、N; Movshovich、A; サクセナ、S; コールマン、D。J; シューベルト、H; Rosberger、D; マコーミック、S(2003)。「網膜下出血から発する硝子体雲の病因」。眼科のアーカイブ。121(1):91–6。土井:10.1001 /archopht.121.1.91。PMID  12523892。
コールマン、D。ジャクソン; 魚、スーザンK(2001)。「老眼、調節、そして成熟したカテナリー」。眼科。108(9):1544–51。土井:10.1016 / S0161-6420(01)00691-1。PMID  11535447。
シルバーマン、RH; フロリダ州リッツィ; ウルシー、BG; コザレッリ、L; ケッターリング、JA; Deng、CX; フォルバーグ、R; コールマン、DJ(2001)。「角膜と水晶体を超高周波超音波にさらすための安全レベル」。Journal of UltrasoundinMedicine。20(9):979–86。土井:10.7863 /jum.2001.20.9.979。PMID  11549159。S2CID  25714772。
シルバーマン、ロナルドH; Reinstein、Dan Z; Lizzi、Frederick L; コールマン、D。J(2001)。「角膜の特性評価と強化された生物測定のための超音波信号処理」。インサナでは、マイケルF; シュン、K。カーク(編)。医用画像2001:超音波画像と信号処理。SPIEの議事録。医用画像2001:超音波画像と信号処理。4325。pp。346–55。Bibcode:2001SPIE.4325..346S。土井:10.1117 /12.428210。S2CID  136979004。
クルーゼ、D; シルバーマン、R; エリクソン、S; コールマン、DJ; フェラーラ、K(2000)。「微小循環における血流イメージングのためのリアルタイム高周波超音波の最適化」。2000IEEE超音波シンポジウム。議事録。国際シンポジウム(カタログ番号00CH37121)。2。pp。1461–92。土井:10.1109 /ULTSYM.2000.921599。ISBN 978-0-7803-6365-6。S2CID  123688111。
シルバーマン、R。H; Lizzi、F。L; ウルシー、B。G; ロンドー、M。J; Eldeen、N。B; Kaliscz、A; ロイド、H。O; コールマン、D。J(2001)。「毛様体の高解像度超音波イメージングと特性評価」。調査眼科学および視覚科学。42(5):885–94。PMID  11274063。
コールマン、Dジャクソン; シルバーマン、ロナルドH; ロンドー、マークJ(2000)。”眼科”。医学と生物学における超音波。26:S128–30。土井:10.1016 / S0301-5629(00)00185-X。PMID  10794896。
Reinstein、D。Z; シルバーマン、R。H; ラエフスキー、T; シモーニ、G。J; ロイド、H。O; ナジャフィ、D。J; ロンドー、M。J; コールマン、D。J(2000)。「レーザーinsitu角膜レーシックにおける角膜上皮と間質の3D厚さ測定マッピングのためのアークスキャン超短波デジタル超音波」。Journal of RefractiveSurgery。16(4):414–30。PMID  10939721。
シルバーマン、ロナルドH; Lizzi、Frederick L; カリシュ、アンドリュー; コールマン、D。J(2000)。「目の三次元高解像度超音波イメージング」。Shungでは、K。Kirk; インサナ、マイケルF(編)。Medical Imaging 2000:超音波イメージングと信号処理。SPIEの議事録。Medical Imaging 2000:超音波イメージングと信号処理。3982。pp。36–46。Bibcode:2000SPIE.3982 … 36S。土井:10.1117 /12.382254。S2CID  129101915。
Deng、Cheri X; Lizzi、Frederic L; カリシュ、アンドリュー; ロサド、エンジェル; シルバーマン、ロナルドH; コールマン、Dジャクソン(2000)。「二重周波数帯域技術を使用した超音波造影剤の研究」。医学と生物学における超音波。26(5):819–31。土井:10.1016 / S0301-5629(00)00217-9。PMID  10942829。
参考文献
^ コールマン、D。J; カーリン、B(1967)。「超音波を使用した人間の目の視軸測定のための新しいシステム」。眼科のアーカイブ。77(1):124–7。土井:10.1001 /archopht.1967.00980020126027。PMID 6015709。   ^ コールマン、D。ジャクソン; Konig、William F; カッツ、ルイ(1969)。「眼科評価のための手動の超音波スキャンシステム」。アメリカ眼科学会誌。68(2):256–63。土井:10.1016 / 0002-9394(69)94068-9。PMID 4307960。   ^ Lizzi、F。L; バート、W。J; コールマン、D。J(1970)。「眼の超音波の伝播に対する眼の構造の影響」。眼科のアーカイブ。84(5):635–40。土井:10.1001 /archopht.1970.00990040637016。PMID 5478893。   ^ Lizzi、FL; コールマン、DJ; ドリラー、J; Ostromogilsky、M; スタンリーチャン; Greenall、P(1984)。「眼科治療のための超音波温熱療法」。ソニックスと超音波に関するIEEEトランザクション。31(5):473–81。土井:10.1109 /T-SU.1984.31532。S2CID 31848750。   ^ Reinstein、D。Z; シルバーマン、R。H; ラエフスキー、T; シモーニ、G。J; ロイド、H。O; ナジャフィ、D。J; ロンドー、M。J; コールマン、D。J(2000)。「レーザーinsitu角膜レーシックにおける角膜上皮と間質の3D厚さ測定マッピングのためのアークスキャン超短波デジタル超音波」。Journal of RefractiveSurgery。16(4):414–30。PMID 10939721。   ^ コールマン、Dジャクソン; ジャック、ロバートL; フランツェン、ルイーズA(1973)。「眼の外傷における超音波検査」。アメリカ眼科学会誌。75(2):279–88。土井:10.1016 / 0002-9394(73)91024-6。PMID 4697184。  

投稿日:
カテゴリー: D