DLナラシムハチャー

D._L._Narasimhachar
Doddabele Lakshmi Narasimhachar(1906年10月27日– 1971年5月7日)は、カンナダ語の 言語学者、文法学者、辞書
者、作家、文芸評論家、
者であり、1932年から1962年までマイソール大学のカンナダ語学科で教鞭を執っていました。Halegannada(旧カンナダ語)古代読んで彼を助けた碑文を記録。彼はカンナダ語で4冊の本を執筆し、約9巻を
し、11の序文を書き、30年間で100近くの記事(カンナダ語と英語の両方)、英語の7つのモノグラフを書き、4つのカンナダ語の作品の紹介を概説しました。彼は1960年にビーダルで開催された第41回カンナダ語SahityaSammelan(年次カンナダ語会議)を主宰しました。彼はマイソール州からカンナダ語Rajyotsava賞を受賞しました。1969年、彼の母校であるマイソール大学は、カンナダ語研究の世界への生涯にわたる貢献を認めて、彼に名誉博士号(D. Litt)を授与しました。
DLナラシムハチャー
生まれ
(1906-10-27)1906年10月27日
チッカナヤカナハリ、
マイソール王国、
死亡しました
1971年5月7日(1971-05-07)(64歳)
マイソール、
カルナータカ州、インド
国籍
インド人
で知られている
カンナダ語GranthaSampadane
配偶者
ムトゥンマ 賞 Kannada Sahitya Parishat Award、Festschrift Volume- “Jnanopasaka” (1960)& “Upayana”(1967)
学歴
母校
マハラジャカレッジ、マイソール&セントラルカレッジ、バンガロール。
指導教官
BM Srikantaiah、TS Venkanayya
学術研究
規律
カンナダ語、インド学、Halegannada、カルナタカ州の歴史、金石学
機関
マイソール大学
著名な学生
G. Venkatasubbiah、M。ChidanandaMurthy、TV Venkatachala Sastry
ウェブサイト
DLナラシムハチャー
内容
1 初期の人生と教育
2 学者
3 文学的な貢献
3.1 厳選された作品
3.1.1 本
3.1.2 者 3.1.3 はじめに
3.1.4 エッセイ
3.1.5 イングリッシュワークス
4 認識
5 参考文献
6 参考文献
7 外部リンク
初期の人生と教育
  BAオナーズII年マハラジャカレッジ集合写真BMSrikantaiah、S。SrikantaSastri、DL Narasimhachar、G。Venkatasubbiah
DL Narasimhacharの若い年は、カルナタカ州南部のTumku r地区、つまりPavagada、Madhugiri、Siraなどの町に広がっていました。ブラフミニカル家の出身であるDLNは、パンディットの貞潔なサンスクリット語で訓練を受けました。Narasimhacharの執筆は、地元の学校雑誌「SchoolFolk」への繰り返しの寄稿で早い段階で始まりました。彼の学士号(1927年)のために、彼はバンガロールのセントラル大学への入学を求めました。そこで彼は、カンナダ語をオプションの科目として取り上げました(彼の主要な科目である物理学と化学に加えて)。ちなみに、任意科目での彼のスコアは彼の最高であり、これは最終的に彼をカンナダ語のマハラジャ大学、マイソール(1929)で修士号を取得するように導きました。マハラジャ大学、マイソールでの彼の同時代人は、KV Puttappa、KV Raghavachar、Anantharangachar、K.Venkataramappaのような将来の文学名でした。マハラジャ大学の教員は、マイソールは含まBM Srikantaiah、ララパリAnanthaクリシュナ・シャルマ、V. Seetharamaiah、CRナラシンハSastry、ツ・ベンカナイアとARクリシュナShastryを。余暇には、オリエンタル研究図書館に頻繁に出入りして、古いカンナダ語の写本を閲覧していました。HV Nanjundaiah優秀な修士学生のための脇ゴールドメダルセットは1929年DL Narasimhacharに授与された
学者
  オリエンタルリサーチライブラリー、マイソール
DL Narasimhacharは、マイソールのオリエンタルリサーチライブラリーでリサーチアシスタントとしてキャリアをスタートさせました。彼は同時に、カンナダ語のマハラジャ大学カンナダ語学部で非常勤講師を務めました。初期のVeerashaiva文学の「タイミング」に捧げられた進行中の研究プロジェクトが彼の注目を集めました。彼は、この学術的努力のために取っておかれた研究助成金の最初の受領者になりました。オリエンタルリサーチライブラリーを離れた後、1932年に大学の常勤講師に任命され、1939年まで同じ職務を続けました。2年間の短い在職期間の間、彼は現在のマイソールのユバラジャ大学で教鞭をとりました。彼の親部門に戻り、そこで彼は第二次世界大戦の終わりまで教えました。
1945年後半、彼は助教授に昇進し、バンガロールのセントラルカレッジに転校しました。10年の終わりまでに、彼は彼がキャリアを始めた部門の准教授としてマイソールに戻った。1954年、彼は「カンナダ語-カンナダ語」辞書プロジェクトの
長に任命されました。DL Narasimhacharは、1962年に引退するまでの残りの年数を、カンナダ語研究の教授としてマイソールに勤務しました。彼のキャリアは1932年から1962年までの30年間に及びました。
大学補助金委員会(UGC)は、次の6年間以降1962年からDLNにポスドクフェローシップを拡張しました。
文学的な貢献
  マハラジャズ大学の教員:左から右に座っているMHクリシュナ(左から3番目)、ARクリシュナサストリー(左から4番目)、S。スリカンタサストリ(左から7番目)、ララパリアナンサクリシュナシャルマ(左から8番目)、下に立っている行-V。Seetharamaiah(左から4番目)とDL Narasimhachar(左から7番目)
DL Narasimhacharの奨学金は、「テキスト批評」と「独立研究」の2つの方針に沿っていました。「カンナダ語-カンナダ語」辞書プロジェクトに参加したことで、当時、彼は辞書の初版を発表しました。彼は亡くなった後、このプロジェクトでTNSrikantaiahを引き継ぎました。 1959年から63年の間、彼はマイソール大学のジャーナル「Prabuddha Karnataka」の
者であり、KS Narasimha Swamyの「Shilalathe」、「Vaddaradhane」、「PampaRamayanaSangraha」および「スクマラ・チャリタム」は彼に多くの注目を集めました。ナラシマチャーは州全体のエピグラフィック研究に関与しました。彼のハレガンナダ語の知識は、彼がこれらの碑文の多くを解読するのに役立ちました。彼はマイソール・アカシュヴァニ(後のオールインディアラジオ)について多くの講演を行いました。 「Pīṭhikegaḷu、lēkhanagaḷu」というタイトルの出版物は、30年にわたる彼の初期のエッセイと講義の大要でした。
厳選された作品 本 Narasimhachar、DL: “”Hampeya Harihara””(1939)
Narasimhachar、DL: “”Shabda Vihara””(1956)
Narasimhachar、DL: “”ŚivakōtyācāryaviracitaVaḍḍārādhane””(1959)
Narasimhachar、DL: “”Kannada Grantha Sampadane””(1964)
Narasimhachar、DL: “”Gōvinahāḍu””(1967)
Narasimhachar、DL: “”Peetekagalu-Lekhanagalu””(1971)
Narasimhachar、DL: “”Pampa Bharata Dipike””(1971) 者 Narasimhachar、DL: “”Bhīṣmaparvasaṅgraha””(1930)
Narasimhachar、DL: “”Pampa Ramayana Sangraha””
Narasimhachar、DL: “”Siddarama Charithra””(1941)
Narasimhachar、DL: “”KarnāṭakaMahābhārata.Bhīṣmaparva””(1950)
Narasimhachar、DL: “”Siddarama Charitheya Sangraha””(1962)
Narasimhachar、DL: “”RāghavāṅkakaviyaSiddharāmacāritra””(1975)
Narasimhachar、DL: “”Sukumara Charitam””(1954)
Narasimhachar、DL: “”Shabdamanidarpanam””(1964)
Narasimhachar、DL: “”KēśirājaviracitaŚabdamaṇidarpaṇaṃ””(1964)
Narasimhachar、DL: “”KannaḍaSāhityaPariṣattinaKannaḍanighaṇṭu””(1971-1990)
はじめに
Narasimhachar、DL: “”Kannadadalli Vidambana Sahitya””(1947)
Narasimhachar、DL: “”Kannadadalli Vidambana Sahitya””(1947)
Narasimhachar、DL: “”Toogudevege””(1963)
Narasimhachar、D。L。: “”Basava Sthothra Geethe””(1954)
Narasimhachar、D。L。:「VyavaharaKannada」(1956)
Narasimhachar、DL: “”Shilalathe””(1958)
エッセイ
Narasimhachar、DL: “”Indina Kannada Kavithe””(1943)
Narasimhachar、DL: “”Kumaravyasana Karna””(1958)
Narasimhachar、DL:「RannaKaviya SahashraVarshikothsava」
Narasimhachar、DL:「VijayanagaraKaladaSahitya」
Narasimhachar、DL: “”Gadayuddha:Ondu Padyada Arthavichara””(1967)
Narasimhachar、DL:「NighantuRachane」
Narasimhachar、DL: “”Granthasampadane””(1971)
イングリッシュワークス
Narasimhachar、DL:「Satavahanasの下のカルナタカでの社会的および宗教的生活」
Narasimhachar、DL:「アリケサリンIIの系譜–第7巻」
Narasimhachar、DL:「古いカンナダ語からの4つのエティモス」(Emeneauプレゼンテーション)
認識
DL Narasimhacharは、30年にわたって多数の本とエッセイを執筆しました。彼の著名な学生の中には、G。VenkatasubbiahとTV VenkatachalaSastryが含まれます。カンナダ語Sahitya Parishatは彼に与えSahityaアカデミー賞。彼は1960年にビーダルで開催された彼らの年次会衆の第41回を主宰しました。2つの記念論文集は「Jnanopasaka」(1960)と「Upayana」(1967)と題された現代の学者によって捧げられました。記念巻は、2005年にハンピ大学によって「ಡಿ。ಎಲ್。ನರಸಿಂಹಾಚಾರ್ಶತಮಾನಸ್ಲ」というタイトルで発表されました。彼の学生とカンナダ語litterateurテレビVenkatachala Sastryが彼の元教師で回顧録を執筆し、題しメンター「ಪ್ರೊಫೆಸರ್ಡಿを。ಎಲ್。ನರಸಿಂಹಾಚಾರ್ಯರಹೆಚ್ಚಿನಬರಹಗಳು」2008年マイソールの政府は、カンナダ語Rajyotsava賞を受賞しました。カンナダ語研究の世界に捧げられた生涯を認めて、彼の母校であるマイソール大学は、1969年に名誉博士号を授与しました。1962年に引退した後、彼は(大学助成委員会)UGCリサーチフェローに任命されました。次の6年。彼は1971年5月7日に65歳で亡くなりました。
参考文献
「ジャイナラーマーヤナ」-インドの歴史的四半期(1939年)
「Śabda-Vihāra:Kannaḍakavi-kāvyamāle36。」Upadhye、AN(1957):317-318
「Kharatara-Bṛhadgurvāvali:SinghiJainaGranthamālā、No.42」Upadhye、AN(1957):317-317
「レビューされた作品:ジャイナ教の修道院生活の歴史:(碑文と文学から)」AN Upadhye(1957); バンダルカーオリエンタル研究所年報Vol。38、No。3/ 4(1957年7月-10月)、315-317ページ
「中部インド語群の読者」ANUpadhye(1957)によるレビュー。バンダルカーオリエンタル研究所の年報
「Sukumāra-Caritaṁ:ŚāntināthaKaviの」TS Shama Rao(1957)によるレビュー。バンダルカーオリエンタル研究所の年報
DN Shankara Bhat(1963)による「カンナダ語動詞形態:Vaḍḍa:ra:dhane」。デカンカレッジ研究所紀要
BR Gopal(1973)による「碑文ノート:カタバプラとナヤナデバ」。インド歴史会議の議事録
「Vaddaradhane:研究;研究出版物シリーズ:38。」(1980)Laddu、SD; pp 304-305、JSTOR
「中世初期のカルナータカ州南部の宗教と社会。」Bhat、Malini U.(1995); ir.inflibnet.ac.in
リペピ、ティジアナ。「Maritohtadaryaと他のTohtadaryasについて:Kaivalyasaraの作者は誰ですか?サンスクリット語のVirasaiavaテキストに関する帰属の問題。」Rivista degli studi orientali71.Fasc。1/4(1997):169-183
「カンナダ語の知的歴史における規範に縛られた実践から実践に縛られた規範へ。」南インドの地平線:シェルドンのポロックによる70歳の誕生日の機会にフランソワグローの祝福のボリューム。(2004):389。
デフリ、ラジェンドラ。「Nabratnagarh、Sesai、Distt-Gumla、JharkhandのDhobi Math MandirWallの物語アート。」(2013)
「ダーラヴァーダ県のアグラハラキーワード:アグラハラ-意味」KC Santhosh Kumar(2014); 歴史3.9
「カハマナソマデーヴァのビジョリロック碑文。」中世初期のインドの女性と社会:エピグラフの再解釈。Verma、Anjali、他による。(2019); 巻 3.第1位。ニューデリー:Orient BooksreprintCorporation。ix-xii。
参考文献
^ Paramaśivayya、Jī。Śaṃ。、1933-Kr̥ṣṇa、Na。””Jñānōpāsaka:Ḍi.El。En。avaravyaktitvamattukr̥tigaḷakuritulēkhanagaḷu””。ボドリアン図書館、オックスフォード。Beṅgaḷūru:KannaḍaSāhityaPariṣattu 。CS1 maint:複数の名前:作成者リスト(リンク) ^ 「NARASIMHACHARD」。shastriyakannada.org 。
^ a b Vidyashankar、S(1993)。ಡಿ。ಎಲ್。ನರಸಿಂಹಾಚಾರ್。バンガロール:Kannada SahityaParishath。pp。1–2。
^ 「DLNarasimhachar(1)– Dr S. Srikanta Sastri |公式ウェブサイト」。www.srikanta-sastri.org 。
^ Vidyāśaṅkar、Es; KannaḍaSāhityaPariṣattu(1992)。Ḍi。エル。Narasiṃhācār(カンナダ語)。Beṅgaḷūru:KannaḍaSāhityaPariṣattu。OCLC 30594658。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1970)。ವಡ್ಡಾರಾಧನೆ(Vaḍḍārādhane)。Śāradāマンディラ。OCLC 20586362。   ^ a b ಶ್ರೀನಿವಾಸರಾಘವಾಚಾರ್、ತಿರುವಳ್ಳೂರ್; ನರಸಿಂಹಾಚಾರ್、ಡಿ。ಎಲ್(1980)。ಪಂಪರಾಮಾಯಣಸಂಗ್ರಹ。OCLC 1006429090。   ^ B Śāntinātha。Śāmarāv、Ṭi。Es; Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1954)。Sukumāracaritaṃ。Śivamogga:KarnāṭakaSaṅgha。OCLC 263740197。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1971)。Pīṭhikegaḷu、lēkhanagaḷu(カンナダ語)。OCLC 20074288。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1968)。ハリハラハンペヤ。Maisūru:Prasārāṅga、MaisūruViśvavidyānilaya。OCLC 31267582。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1959)。ŚivakōtyācāryaviracitaVaḍḍārādhane。Śāradāマンディラ。OCLC 36274884。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル(2005)。Kannaḍagranthasampādane(カンナダ語)。マイスール:Ḍi。Vi。け。ムルティ。OCLC 796212464。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1967)。Gōvinahāḍu。Śāradāマンディラ。OCLC 533357621。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1971)。ಪಂಪಭಾರತದೀಪಿಕೆ。KannaḍaAdhyayanaSaṃsthe、MaisūruViśvavidyānilaya。OCLC 20918331。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル; Veṅkaṇṇayya、Ṭi。Es; Śrīkaṇṭhayya、Tī(1930)。Bhīṣmaparvasaṅgraha。GaurnameṇṭBrāñcPres。OCLC 263722676。   ^ Rāghavāṅka; Veṅlaṇṇayya、Ṭi。Es; Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1941)。Siddharāmacāritra。Śivamogga:KarṇāṭakaSaṅgha。
^ Śrīnivāsācār、Ḍi; Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1950)。KarnāṭakaMahābhārata。MaisūruViśvavidyānilaya。OCLC 263740313。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1962)。Siddharāmacariteyasaṅgraha。Śāradāマンディラ。OCLC 276640226。   ^ Veṅkaṇṇayya、Ṭi。Es; Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1975)。ರಾಘವಾಂಕಕವಿಯಸಿದ್ಧರಾಮಚರಿತಂ(RāghavāṅkakaviyaSiddharāmacāri)タ。Veṃ。SmārakaGranthamāle。OCLC 18751877。   ^ Keśirāja(2012)。Śabdamaṇidarpaṇaṃ(カンナダ語)。マイスール:Ḍi。Vi。け。MūrtiPrakāśana。OCLC 898436227。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1964)。ಕೇಶಿರಾಜವಿರಚಿತಶಬ್ದಮಣಿದರ್ಪಣ(ケサイラジャviracitaŚabdamaṇidarpaṇaṃ) 。Maisūru:Śāradāマンディラ、1964 OCLC 228776339。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル; Veṅkaṭasubbayya、Ji(1971)KannaḍaSāhityaPariṣattinaKannaḍanighaṇṭu/ [Di。エル。Narasiṃhāchār… et al(カンナダ語)。KannaḍasāhityaPariṣattu。OCLC 82917667。   ^ 「国立図書館」。Nationallibrary.gov.in 。
^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル(1967)。ウパヤナ; (カンナダ語)。Bengaḷūru:Prō。Ḍi。エル。En。SaṃbāvanāGranthaprakāśanaSamiti。OCLC 26050445。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル; Haḷḷikēri、Eph。Ṭi(2005)。Ḍi。エル。Narasiṃhācārśatamānasmaraṇe。Prasārāṅga、KannaḍaViśvavidyālaya。OCLC 73504692。   ^ Narasiṃhācār、Ḍi。エル; Venkatachala Sastry、T。V(2008)。ಪ್ರೊಫೆಸರ್ಡಿ。ಎಲ್。ನರಸಿಂಹಾಚಾರ್ಯರಹೆಚ್ಚಿನಬರಹಗಳು。Bi。Eṃ。ŚrīSmārakaPratiṣṭhāna。OCLC 425961068。   ^ AN、Upadhye(1957)。「レビューされた作品:中部インド語群の読者:(改訂版)2部構成。パートI:テキストとパートII:スニティクマールチャッテルジ、スクマールセンによるメモ」。バンダルカーオリエンタル研究所の年報。38(3/4):318–319。JSTOR 44082836。   ^ Shama Rao、TS(1957年10月)。「Sukumāra-Caritaṁ:ŚāntināthaKaviの」。バンダルカーオリエンタル研究所の年報。38(3/4):319–320。JSTOR 44082837。   ^ バート、DNシャンカラ(1963年)。「カンナダ語動詞形態:Vaḍḍa:ra:dhane」。デカンカレッジ研究所紀要。21:1〜18。JSTOR 42929875。   ^ Gopal、BR(1973)。「碑文ノート:カタヴァプラとナヤナダデヴァ」。インド歴史会議の議事録。34:341–343。JSTOR 44138667。  
外部リンク
公式サイト
NARASIMHACHAR DL 、1906-71″

投稿日:
カテゴリー: D