D-Crunch

D-Crunch
D-Crunch(韓国語:  디크런치)は、ソウルのAll- SCompanyによって結成された韓国のアイドルグループです。このグループは、ラッパーのヒョンホ、OV、ミンヒョク、チャニョン、ジョンスン、ディランの8人のメンバーで構成されています。ボーカリストのヒョンウクとヒョノ。nonetはからのデビューシングル「宮」をリリース0806を2018年3ヵ月後、グループがリリース、8月6日に初のミニアルバムM1112(4colors)を「盗む」と一緒に。年末までに、D-CrunchはAsia ArtistAwardsでFocusAwardを受賞しました。”準備はできたか?” 2枚目のミニアルバムM0527より 2019年5月27日にリリースされました。ヒョンウは健康上の理由から2020年12月にD-Crunchを去りました。 D-Crunch 2019年6月 にCOEXで
開催されたK-popミュージカルフェスティバルで演奏するD-Crunch
背景情報
原点
ソウル、韓国
ジャンル
K-POP、ヒップホップ
活動年数
2018年–現在 (2018)
ラベル
All-S Company、Ai Grand Korea
関連する行為 Geupsik-Dan ウェブサイト
aigrandkorea .com
メンバー
ヒョンウク
ヒョンホ OV ヒョノ
ミニョク
チャニョン
ジョンスン
ディラン
過去のメンバー
ヒョンウ
内容
1 歴史
1.1 2018:フォーメーションとデビュー 1.2 2019年〜現在:海外プロモーション
2 ミュージカルスタイル
3 慈善活動
4 メンバー
4.1 現在のメンバー 4.2 元メンバー
5 ディスコグラフィー
5.1 アルバム
5.1.1 長時間のプレイ
5.1.2 シングルアルバム
5.2 シングル 5.3 ゲスト出演
6 ミュージックビデオ
7 賞とノミネート
8 参考文献
9 外部リンク
歴史
2018:フォーメーションとデビュー
  2018年8月
、金浦のロッテモールでのサイン会中のD-Crunch
D-クランチはリー・ジョンソク、女の子のグループのプロデューサーですべて-S会社の下に形成された女の子の日。Diamond-Crunchの略で、「強力なパフォーマンスと強力な音楽性」でダイヤモンドを壊す能力を意味します。ヒップホップミュージックを基盤として、その名前に関するその他の考慮事項には、ヒップホップフォースとヒップホップギャングが含まれていました。このグループは、6人のラッパー(Hyunho、OV、Minhyuk、Chanyoung、Jungseung、Dylan)と3人のボーカリスト(Hyunwook、Hyunoh、Hyunwoo)で構成されています。 ヒョンホとジョンスンは、それぞれ最初と最後のメンバーでした。メンバーは1年間一緒に訓練しました。チームはリーダーのOVとHyunwookによって率いられています。
D-Crunchのデビューは2018年7月4日に最初に発表されました。グループの立ち上げに先立ち、All-S Companyの女性研修生であるHyungshinとGaramに加えて、OV、Chanyoung、Jungseung、DylanがユニットGeupsikでデビューしました。 -「Geupsik」のダン。 D-Crunchは8月8日にデビューシングルアルバム0806とそのリードシングル「Palace」をリリースしました。ダイヤモンド画像の使用は、デビュー時に同じ要素を使用していたボーイグループSeventeenの傲慢さの告発につながりました。は、公式のファンクラブ名としてCaratを使用し、同様に紹介の挨拶に「ブームブーム」というフレーズを含めています。D-Crunchはその主張を否定した。 11月12日、グループは最初のミニアルバムM1112(4colors)と「Stealer」をフォローアップしました。 D-Crunchは、デビュー後4か月以内に初めて2018 Asia ArtistAwardsでFocusAwardを受賞しました。
2019年〜現在:海外プロモーション
D-Crunchは、日本で開催された2019 K-pop Dream StarAuditionのオーディションに応募した100人を超える応募者の1人でした。グループはファイナル8に進み、3月16日に舞浜アンフィシアターで演奏しました。 9人の審査員と聴衆のパネルによって投票され、D-Crunchは最も多くのポイントを獲得し、グランプリを受賞しました。入賞者として、バンドはプロモーション費用をカバーするために最大1億円(917349.84米ドル)を受け取ります。 D-Crunchは、3月22日の記者会見から始まったプロモーションツアーに着手するためにマレーシア中を旅しました。 6つのショーケースを実施し、地元のラジオやテレビ放送に出演しました。 5月、グループはKCON 2019日本大会に参加し、ホーチミン市で開催された2020年大邱-慶尚北道観光道路キャンペーンに参加し、韓国の観光振興を支援しました。
D-Crunchは2枚目のミニアルバムM0527とシングル「AreYouReady?」をリリースしました。月27上に翌月、彼らはライジングスター賞を受賞した2019アジアモデル賞を、出席しました。バンドは、7月27日からミャンマーのヤンゴンのパズンダウン郡区にあるオーシャンセンターで2日間のショーケースを開催した。 D-Crunchが日本の音楽市場に参入する前に、彼らは東京全体で2週間のプロモーションキャンペーンを開始した。グループは9月20日のショーケースを含む16のプロモーションパフォーマンスを開催しました。彼らは「AreYouReady?」の日本語版をリリースしました。10月16日に国内でのデビューシングルとして。
D-Crunchは10月24日にアラブ首長国連邦で開催されたKoreaFestival 2019で演奏し、文化体育観光部が主催する10月27日の韓国-クウェート外交関係40周年記念コンサートのためにクウェートを訪れました。 チャニョンによれば、グループは中東の文化に合うように振り付けを修正した。マスメディア情報大臣のモハメッド・アル・ジャブリは、後者の公演が行われる直前にキャンセルした。 D-Crunchは聴衆に謝罪し、イベントは終了した。日刊紙Al-Anbaによると、大臣はD-Crunchの踊りと服装は「クウェートの人々の習慣や伝統に従わなかった」と判断した。
2020年初頭、D-CrunchはAll-S Companyとの独占契約を終了し、Ai GrandKoreaと契約しました。このグループは、サービスWe Xを使用してデジタルシングルを制作するための資金調達プロジェクトを確立しました。このサービスは、寄稿者に曲の権利を付与し、曲が生み出す収益を共有します。彼らは5月22日にオンラインミュージックストアを通じて「ピエロ」という曲をリリースした。
D-Crunchは2020年10月20日に3枚目のミニアルバムAcrossTheUniverseと同名のタイトルトラックをリリースしました。
2020年12月28日、ヒョンウは腰痛が長引くためグループを去ると発表された。
ミュージカルスタイル
  2018年11月 明洞でのD-Crunch
大道芸
D-Crunchのメンバー全員が作詞作曲と振り付けに参加しています。彼らはヒップホップに音楽の基礎を築き、歌詞を通して「メッセージを届ける」ことを試みています。 GIG(Good Thing Is Good Thingの頭字語)は、Hyunwook、OV、およびHyunohを妥協するグループ内の作詞作曲チームです。それらはD-Crunchの音楽監督を形作っています。各メンバーは、グループのスタイルに合うようにさらに開発されたアイデアをソングライターに提供します。東亜日報のイ・ジョンヨンは彼らを「シンガーソングライターアイドルグループ」と呼んだ。 D-Crunchは、ロールモデルとしてBTSを挙げています。
慈善活動
D-Crunchは、デビュー1周年を記念して、2019年8月24日にソウルのサムソンドン地区にあるSACアートホールで国内ソロコンサートを開催しました。彼らはGreenUmbrella ChildFundと提携し、コンサートの収益のすべてが財団に寄付されました。グループのメンバーは、初年度を記念して、パフォーマンスによって生み出された収入で「ファンにとって意味のある何か」と「苦労している子供たちを助ける」ことを望んでいたと説明した。
D-Crunchは、「CrownforKorea」というミュージックビデオに参加したさまざまなジャンルの18人のボーカリストの1人でした。それは囲まれ、2020年3月25日にリリースされましたパンデミックCOVID-19とチャリティーシングル「と比較した私たちは、世界です」。このプロジェクトについて、クォン・ウキ監督は「この国に住むすべての人に、自分たちの価値観を守り、この時代を乗り越えれば、優勝者になるという勇気を与える」という意向を表明した。 D-Crunchはまた、江南区と提携して、視聴者にK-popの振り付けを教えることで、視聴者を「コロナうつ病」から解放することを目的としたビデオシリーズのコンテンツを制作しました。「K-pop在宅ケア」と題され、彼らはExoの「テンポ」にダンスの指示を与えた。
メンバー
メンバーと役割のリスト。
現在のメンバー
ヒョンウク(현욱)–リーダー、メインボーカル
ヒョンホ(현호)–ラップ
OV –リーダー、ラップ
ヒョノ(현오)–ボーカル
ミニョク(민혁)–ラップ
チャニョン(찬영)–ラップ
ジョンスン(정승)–ラップ
ディラン(딜란)–ラップ
元メンバー
ヒョンウ(현우)–ボーカル
ディスコグラフィー
アルバム
長時間のプレイ
題名 アルバムの詳細 ピーク位置
販売 KOR M1112(4色)
リリース:2018年11月12日
レーベル:All-S Company、Kakao M
フォーマット:CD、デジタルダウンロード 39 KOR:1

投稿日:
カテゴリー: D