D-キューブシティ

D-Cube_City
D-Cube Cityは韓国のソウルにあるメガコンプレックスで、デパート、オフィススペース、公園、アートセンター、劇場、ホテル、レストラン、テーマパーク、個人住宅で構成されています。 2011年に建設された大成工業団地。本社はここにこの多目的施設は、東京の六本木ヒルズを開発したのと同じグループによって開発されました。
D-キューブシティ
新道林駅からのDキューブシティビュー
一般情報
タイプ
混用
住所
360から45 Sindorim洞、九老区、ソウル、大韓民国
町または都市
ソウル 国 韓国
着工 2007年 完了 2011 オープン 2011 費用
1.3兆ウォン
クライアント
大成工業株式会社
技術的な
フロア数
51階建てと8つの地下室
床面積
350,054平方メートル
設計・施工
建築家
Samoo Architects&Engineers(ローカルデザイン/エグゼクティブ/レジデンシャルアーキテクト)、Jerde Partnership(デザインアーキテクト)
他のデザイナー
ランドスケープアーキテクト:オイコス、コンサルタント:森ビルカンパニー
元請業者
大成工業株式会社
賞と賞品
2012 MIPIMアワードファイナリスト、ショッピングセンターカテゴリー
ウェブサイト
公式サイト
内容
1 建築
2 建設および販売
3 も参照してください
4 参考文献
建築
D-Cube Cityの6エーカーの公園、広場、庭園は、建物の階段状の屋根全体に広がっています。スチールとガラスのファサードとオープンな内部アーキテクチャは、隣接する公園や庭園に多くの店舗がオープンしているため、視覚的にも文字通りにも、周囲の風景が構造に入る機会を提供します。大きなアトリウムには、多くの種類の植物のほか、内部の水の特徴と6階建ての滝が「水の流れ」は、インテリアの美的テーマの1つです。
建設中、絶滅危惧種のカエル、Kaloulaborealisが現場で発見されました。設計者は、提案された構造物の場所がカエルの生息地であることを発見した後、50億ウォンのエコロジーパークを再現し、新しい生息地としてランドスケープデザインに組み込みました。
建設および販売
大成工業は建設、小売流通、ホテル事業を通じて事業を拡大しなければならなかったが、その財政構造はすぐに破産した。
大成工業は2007年まで約4000億ウォンの融資を行っていたが、2011年末にはD-CUBE都市建設プロジェクトファイナンス(PF)9770億ウォンの返済により、債務は278.8兆ウォンに増加した。そのため、2012年にD-cubeオフィス、D-cubeホテル、2014年11月にD-cubeデパートを売却した。
も参照してください
なんばパークス(大阪)
キャナルシティ博多(福岡)
リバーウォーク北九州(福岡)
六本木ヒルズ(東京)
参考文献
^ 「建物の統計」。 ^ 「BuildingDevelopers」。
^ 「風景」。2013-03-27にオリジナルからアーカイブされました。
^ 「アーキテクチャ1」。2012-10-20にオリジナルからアーカイブされました。
^ 「アーキテクチャ2」。
^ 「アーキテクチャ3」。2013-03-27にオリジナルからアーカイブされました。
^ 「アーキテクチャ4」。
^ 「アーキテクチャ5」。
^ 「絶滅危惧種のカエル」。
コーディネート:北緯37度30分35秒東経 126度53分25秒 / 北緯37.509677度東経126.890336度 / 37.509677; 126.890336

投稿日:
カテゴリー: D