Dフラットマイナー

D-flat_minor
参照:
嬰ハ短調
D-フラットマイナーである理論鍵に基づいてD ♭ピッチDからなる、♭、E ♭、F ♭、G ♭、A ♭、B ♭ ♭、及びC ♭。その調号には、6つのフラットと1つのダブルフラットがその相対的なメジャーはFフラットメジャー(通常はEメジャーに置き換えられます)であり、その並列メジャーはDフラットメジャーです。通常、その直接異名同音に相当する嬰ハ短調が使用されます。
Dフラットマイナー
関係調
Fフラットメジャー異名同音:Eメジャー
パラレルキー
変ニ長調
ドミナントキー
変イ短調異名同音:嬰ト短調
サブドミナント
変ト長調異名同音:嬰ヘ短調
異名同音
嬰ハ短調
コンポーネントピッチ
D ♭、E ♭、F ♭、G ♭、A ♭、B 、C ♭
Dフラットナチュラルマイナースケールは次のとおりです。
音階と和声のバージョンに必要な変更は、必要に応じて臨時記号で書き込まれます。Dフラットハーモニックマイナースケールとメロディックマイナースケールは次のとおりです。
Dフラットマイナーは通常、エイミービーチの太陽のカンティクルの2番目と3番目の小節のように、Cシャープマイナーの異名同音調として表記されます。しかし、珍しいことに、ヴェルディの最も有名なオペラの2つ、椿姫とリゴレットは、どちらもDフラットマイナーで終わります(ただし、パラレルメジャーの5フラット調号で書かれています)。マーラー彼からのテーマのモチーフ『デアクライネAppell』( 『注文の呼び出し』)第四及び第五交響曲は、両方の表記を使用しています。彼の交響曲第4番(第一楽章)にはD-フラットマイナーではなく、彼の交響曲であります.5嬰ハ短調です。彼の交響曲第9番のアダージョでは、メインテーマに続くソロファゴット補間が最初にDフラットマイナーで表示され、Cシャープマイナーでさらに2回表記されます。同様に、ブルックナーの交響曲第8番のアダージョでは、音調がDフラットマイナーであるフレーズはCシャープマイナーとして表記されています。
参考文献
^ エイミービーチ&ベティブキャナン(2006)。太陽のカンティクル。AR Editions、Inc.p。xiii。ISBN 0-89579-583-3。 ^ エルンスト・レヴィ(1985)。調和の理論。SUNYプレス。p。62. ISBN  0-87395-993-0。 ^ James L. Zychowicz(2005)。「構造上の考慮事項」。マーラーの第4交響曲。オックスフォード大学出版局。p。28. ISBN  0-19-816206-5。 ^ エーロタラスティ(1996)。「音楽史の再考」。エーロタラスティでは; ポールフォーセル; リチャード・リトルフィールド(編)。成長における音楽記号論。インディアナ大学出版局。pp。14–15。ISBN  0-253-32949-3。 ^ テオドールW.アドルノ(1992)。マーラー:音楽の人相学。エドモンド・ジェフコット訳。シカゴ大学出版局。頁 165 -166。ISBN  0-226-00769-3。
音階とキー

投稿日:
カテゴリー: D