D-キシロース吸収試験

D-xylose_absorption_test
D-キシロース吸収検査は、胃腸粘膜の完全性の欠陥が原因で近位小腸の吸収不良を示す状態を診断するために実施される医療検査です。 D-キシロースは単糖または単糖であり、吸収前の消化に酵素を必要としません。その吸収には無傷の粘膜のみが必要です。対照的に、多糖類は、最終的に単糖類として吸収されるように、それらを分解するためにアミラーゼなどの酵素を必要とします。このテストは以前に使用されていましたが、抗体テストによって冗長化されています。
D-キシロース吸収試験
目的
小腸検査の吸収不良
正常な人では、25gの経口投与量のD-キシロースが5時間で約4.5gで尿中に吸収および排泄されます。D-キシロースの尿中排泄の減少は、小腸細菌異常増殖やウィップル病などの胃腸粘膜が関与する状態で見られます。細菌の異常増殖の場合、抗生物質による治療後、D-キシロース吸収の値は正常に戻ります。対照的に、抗生物質の投与後にD-キシロースの尿中排泄が正常でない場合、問題は吸収不良の非感染性の原因(すなわち、セリアック病)によるものであるに違いありません。
参考文献
^ 「吸収不良の臨床的特徴および診断」。 ^ D-キシロース吸収MedlinePlus。2012年12月19日にアクセス。

投稿日:
カテゴリー: D