DABUS

DABUS
DABUSは、Stephen Thalerによって作成された人工知能(AI)システムです。伝えられるところによると、2つの発明が考案されました。 DABUSを発明者として指定する特許出願の提出により、AIシステムによって行われたと報告されている発明に対して特許を付与できるかどうかについて特許庁および裁判所が決定を下しました。
内容
1 さまざまな管轄区域の歴史
1.1 欧州特許庁 1.2 イギリス 1.3 アメリカ
2 参考文献
さまざまな管轄区域の歴史
欧州特許庁
欧州特許庁(EPO)が2件の断ったの欧州特許出願米国(下記参照)と同様の理由で、発明者としてDABUSを命名します。 2020年8月の時点で、2つのEPO決定は控訴中である。
イギリス
同様の申請がThalerによって2018年10月17日と11月7日に英国知的財産庁に提出されました。同局はThalerに、16日以内に各発明に関する発明者の声明と特許付与権(特許フォーム7)を提出するよう要請しました。出願日の月。Thalerは、DABUSを発明者として指名し、その状況で機械を発明者と見なすべきであると彼が信じた理由を詳細に説明するフォームを提出しました。
彼の申請は、次の理由で却下されました。(1)機械を発明者として指名することは、1977年特許法の要件を満たしていない。(2)IPOは、ターラーが発明者に帰属する権利を取得した方法について満足していませんでした。ターラーはその決定に満足せず、「聴聞官」として知られる役人の前で聴聞会を求めた。2019年12月4日付けの決定により、審問官はターラーの控訴を却下しました。
タラーは、特許裁判所(特許、登録意匠、植物の品種、半導体地形の紛争を決定したイングランドとウェールズの高等法院のチャンスリー部門内の専門裁判所)に対する審理官の決定に対して上訴しました。上訴は、2020年7月15日にマーカス・スミス裁判官の前で行われ、彼はタラー対特許、意匠および商標の会計監査役 EWHC 2412(パット)で彼の決定を下した。裁判官は聴聞官の決定を支持した。
アメリカ
発明に関する特許出願はUSPTOによって拒否され、USPTOは、特許出願において発明者として指名できるのは自然人のみであると主張しました。
参考文献
^ Sonnemaker、タイラー。「いいえ、人工知能は合法的に何かを発明することはできません。「自然人」だけが発明することができます」と米国特許庁は言います。ビジネスインサイダー。
^ 「EPOは機械発明者を指定するDABUS特許出願を拒否します」。epo.org。欧州特許庁。2019年12月20日。
^ 「EPOは、マシンを発明者として指名する2つの特許出願を拒否する決定の根拠を公開しています」。epo.org。欧州特許庁。2020年1月28日。
^ Sandys、エイミー(2020年6月5日)。「AI発明者の討論における決定をレビューするためのEPOとUKIPO」。ジューブ特許。
^ Re Stephen L Thaler BL O / 741/19
^ http://www.bailii.org/ew/cases/EWHC/Patents/2020/2412.html2020年9月21日 ^ 「米国特許庁は、人工知能は法的な発明者になることはできないと規定しています」。www.theverge.com 。
^ https://amp.cnn.com/cnn/2020/04/30/us/artificial-intelligence-inventing-patent-office-trnd/index.html
 
この人工知能関連

投稿日:
カテゴリー: D