DAD1

DAD1
ドリチル-ジホスホオリゴ糖-タンパク質グリコシルトランスフェラーゼサブユニットDAD1は、ヒトではDAD1遺伝子によってコードされる酵素です。 DAD1 識別子
エイリアス
DAD1、OST2、細胞死に対する防御者1
外部ID
OMIM:600243 MGI:101912 HomoloGene:1027 GeneCards:DAD1
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 14番染色体(ヒト)
バンド 14q11.2 開始
22,564,907 bp
終わり
22,589,224 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 14番染色体(マウス)
バンド
14 C2 | 14 27.7 cM
開始
54,235,479 bp
終わり
54,254,104 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能
• ドリチル-ジホスホオリゴ糖-タンパク質グリコトランスフェラーゼ活性• オリゴサッカリルトランスフェラーゼ活性
細胞成分
• 膜の不可欠なコンポーネント• オリゴサッカリルトランスフェラーゼ複合体• 細胞外エクソソーム• 小胞体膜• 膜• 小胞体
生物学的プロセス
• タンパク質グリコシル化• アポトーシスプロセスの負の調節• アスパラギンを介したタンパク質のN結合型グリコシル化• 胚盤胞の開発• 栄養への応答• 薬剤への応答• アポトーシスプロセス• タンパク質のN結合型グリコシル化
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 1603 13135 Ensembl ENSG00000129562 ENSMUSG00000022174 UniProt P61803 P61804 RefSeq(mRNA) NM_001344 NM_001113358 NM_010015
RefSeq(タンパク質) NP_001335 NP_001106829 NP_034145
場所(UCSC)
Chr 14:22.56 – 22.59 Mb
Chr 14:54.24 – 54.25 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
内容
1 関数
2 相互作用
3 参考文献
4 参考文献
関数
アポトーシス細胞死に対する防御因子であるDAD1は、当初、温度感受性tsBN7細胞株におけるプログラム細胞死の負の調節因子として同定されました。DAD1タンパク質は、非許容温度へのシフト後に温度感受性細胞で消失し、DAD1タンパク質の喪失がアポトーシスを引き起こしたことを示唆しています。DAD1は、無傷の膜と精製酵素の両方でオリゴサッカリルトランスフェラーゼの密接に関連するサブユニットであると考えられており、真核生物におけるN結合型グリコシル化の本質的な性質を反映しています。
相互作用
DAD1はMCL1と相互作用することが示されています。
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000129562 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000022174 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「マウスPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ a b “Entrez Gene:細胞死に対するDAD1ディフェンダー1″。
^ 牧島T、吉見M、小宮山S、原N、西本T。「哺乳類のオリゴ糖転移酵素のサブユニットであるDAD1は、bcl-2タンパク質ファミリーの1つであるMcl-1と相互作用します」。J.Biochem。128(3):399–405。土井:10.1093 /oxfordjournals.jbchem.a022767。PMID 10965038。  
参考文献
Yulug IG、CG、Fisher EM、Ylug IG(1995)を参照して「その欠陥がアポトーシス細胞死を引き起こすDAD1タンパク質は、ヒト14番染色体にマッピングされます」。ゲノミクス。26(2):433–5。土井:10.1016 / 0888-7543(95)80241-D。PMID  7601483。
Apte SS、Mattei MG、Seldin MF、Olsen BR(1995)。「死1(DAD1)遺伝子に対する高度に保存された防御因子は、ヒト14番染色体-q12およびマウス14番染色体にマッピングされ、植物および線虫の相同体を持っています」。FEBSLett。363(3):304–6。土井:10.1016 / 0014-5793(95)00321-Y。PMID  7737422。
丸山K、菅野S(1994)。「オリゴキャッピング:真核生物のmRNAのキャップ構造をオリゴリボヌクレオチドに置き換える簡単な方法」。遺伝子。138(1–2):171–4。土井:10.1016 / 0378-1119(94)90802-8。PMID  8125298。
中島徹、関口徹、倉岡晃、福島晃、柴田悠、小宮山晋、西本毅(1993)。「その欠陥がハムスターBHK21細胞のアポトーシス細胞死を引き起こす新規タンパク質DAD1をコードするヒトcDNAの分子クローニング」。モル。細胞。Biol。13(10):6367–74。土井:10.1128 /mcb.13.10.6367。PMC  364695。PMID  8413235。
Kelleher DJ、Gilmore R(1997)。「アポトーシス細胞死に対する防御因子であるDAD1は、哺乳類のオリゴ糖転移酵素のサブユニットです」。手順 国立 Acad。科学 アメリカ。94(10):4994–9。土井:10.1073 /pnas.94.10.4994。PMC  24619。PMID  9144178。
牧島T、中島T、永田久野K、福島K、飯田H、坂口M、池原Y、小宮山S、西本T(1997)。「アポトーシスに関与する高度に保存されたDAD1タンパク質は、N-結合型グリコシル化に必要です」。遺伝子細胞。2(2):129–41。土井:10.1046 /j.1365-2443.1997.1070303.x。PMID  9167970。
鈴木恭子、吉友中川健一、丸山健一、須山晃、菅野智之(1997)。「完全長濃縮および5 ‘末端濃縮cDNAライブラリーの構築と特性評価」。遺伝子。200(1–2):149–56。土井:10.1016 / S0378-1119(97)00411-3。PMID  9373149。
Zhong XP、Krangel MS(1999)。「TCRα遺伝子とDad1遺伝子の間のDNaseI過敏性部位2〜6領域内のエンハンサー遮断活性」。J.Immunol。163(1):295–300。PMID  10384128。
牧島徹、吉見正明、小宮山聡、原直樹、西本徹(2000)。「哺乳類のオリゴ糖転移酵素のサブユニットであるDAD1は、bcl-2タンパク質ファミリーの1つであるMcl-1と相互作用します」。J.Biochem。128(3):399–405。土井:10.1093 /oxfordjournals.jbchem.a022767。PMID  10965038。
Gevaert K、Goethals M、Martens L、Van Damme J、Staes A、Thomas GR、Vandekerckhove J(2003)。「プロテオームの探索と、ソートされたN末端ペプチドの質量分析によるタンパク質プロセシングの分析」。ナット バイオテクノロジー。21(5):566–9。土井:10.1038 / nbt810。PMID  12665801。
柴谷T、David LL、McCormack AL、Frueh K、Skach WR(2005)。「哺乳類のオリゴ糖転移酵素のプロテオミクス分析により、Sec61、TRAP、および2つの潜在的な新しいサブユニットを含む複数のサブ複合体が明らかになりました」。生化学。44(16):5982–92。土井:10.1021 / bi047328f。PMID  15835887。
 
ヒト14番染色体上の遺伝子に関するこ

投稿日:
カテゴリー: D