DAP3

DAP3
28Sリボソームタンパク質S29、ミトコンドリア、別名死関連タンパク質3(DAP3)は、ヒトでは第1染色体上のDAP3遺伝子によってコードされるタンパク質です。 この遺伝子はコードするミトコンドリアリボソーム(ミトリボソーム)の28Sサブユニットタンパク質であり、翻訳、細胞呼吸、アポトーシスにおいて重要な役割を果たします。 さらに、DAP3は癌の発生に関連していますが、一部の癌を助け、他の癌を抑制することが観察されています。 DAP3 利用可能な構造 PDB オーソログ検索:PDBe RCSB
PDBIDコードのリスト 3J9M 識別子
エイリアス
DAP3、DAP-3、MRP-S29、MRPS29、bMRP-10、死関連タンパク質3、S29mt
外部ID
OMIM:602074 MGI:1929538 HomoloGene:3404 GeneCards:DAP3
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 1番染色体(ヒト)
バンド 1q22 開始
155,687,960 bp
終わり
155,739,010 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 3番染色体(マウス)
バンド
3 F1 | 3 39.01 cM
開始
88,920,803 bp
終わり
88,951,181 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能
• リボソームの構造成分• GO:0001948タンパク質結合• RNA結合• ヌクレオチド結合• GTP結合
細胞成分
• 小さなリボソームサブユニット• ミトコンドリア内膜• リボソーム• ミトコンドリアリボソーム• ミトコンドリア• ミトコンドリアの小さなリボソームサブユニット• 核質
生物学的プロセス
• アポトーシスシグナル伝達経路• ミトコンドリアの翻訳伸長• ミトコンドリアの翻訳終結• アポトーシスプロセス
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 7818 65111 Ensembl ENSG00000132676 ENSMUSG00000068921 UniProt P51398 Q9ER88 RefSeq(mRNA)
NM_001199849 NM_001199850 NM_001199851 NM_004632 NM_033657
NM_001164533 NM_022994 NM_001368419
RefSeq(タンパク質)
NP_001186778 NP_001186779 NP_001186780 NP_004623 NP_387506
NP_001158005 NP_075370 NP_001355348
場所(UCSC)
Chr 1:155.69 – 155.74 Mb
Chr 3:88.92 – 88.95 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
内容
1 構造
2 関数
3 臨床的な意義
4 相互作用
5 参考文献
6 参考文献
7 外部リンク
構造
DAP3の遺伝子は、小mitoribosomalサブユニットの下部領域に位置する46 kDaのタンパク質をコードします。 このタンパク質には、GTPに結合するPループモチーフと、ミトコンドリアへの局在化に関与する高度に保存された17残基のターゲティング配列が含まれています。 興味深いことに、このタンパク質のリン酸化部位の多くは高度に保存されており、GTP結合モチーフの周りに集まっています。
いくつかのスプライスバリアントが、5’UTR領域で大きく異なるヒトESTで観察されました。 この遺伝子の偽遺伝子は、1番染色体と2番染色体にも見られます。
関数
DAP3はミトリボソームの28Sサブユニットタンパク質であり、ミトコンドリアマトリックスに局在します。 ミトリボソームの一部として、DAP3はミトコンドリアゲノムにコードされている13のETC複合体タンパク質の翻訳に関与し、その結果、細胞呼吸の調節に関与します。 DAP3は、死関連タンパク質(DAP)ファミリーのメンバーとして、ミトコンドリアの外側にも見られ、次のようなアポトーシス因子との相互作用を通じて外因性アポトーシス経路を開始します。腫瘍壊死因子-アルファ、Fasリガンド、およびガンマインターフェロン。 さらに、DAP3は因子IPS-1と相互作用して、カスパーゼ3、8 、および9を活性化し、アノイキスと呼ばれる細胞外アポトーシスのタイプをもたらします。 さらに、DAP3は、ミトコンドリアの断片化の媒介を通じてアポトーシスに寄与する可能性がこれは、この機能が酸化ストレス応答、活性酸素種(ROS)の生成、そして最終的にはミトコンドリアの恒常性の媒介にまで及ぶためです。 DAP3は生命に不可欠であり、胚におけるその欠失は致命的です。それにもかかわらず、DAP3とそのアポトーシス活性はAKTリン酸化によって阻害される可能性が
臨床的な意義
前述のように、死に関連するタンパク質3(DAP3)は、細胞呼吸とアポトーシスにおいて調節的な役割を果たします。反対と細胞呼吸の両方が細胞死経路の重要な要素であり、虚血再灌流障害において根本的な機構的役割を果たしています。
通常の胚形成過程中、または細胞損傷(心臓発作や脳卒中中の虚血再灌流損傷など)中、または癌の発生と過程中に、アポトーシス細胞は、細胞収縮、原形質膜ブレブ、核凝縮、断片化などの構造変化を起こしますDNAと核。これに続いてアポトーシス小体に断片化され、食細胞によって迅速に除去され、それによって炎症反応が防止されます。これは、特徴的な形態学的、生化学的および分子的変化によって定義される細胞死のモードです。それは最初に「収縮壊死」として説明され、次にこの用語は、組織動態における有糸分裂と反対の役割を強調するためにアポトーシスに置き換えられました。アポトーシスの後期段階では、細胞全体が断片化され、核および/または細胞質の要素を含む細胞膜に結合したアポトーシス小体が多数形成されます。壊死の超微細構造の外観はまったく異なり、主な特徴はミトコンドリアの腫れ、原形質膜の破壊、細胞の崩壊です。アポトーシスは、多くの生理学的および病理学的プロセスで発生します。これは、プログラム細胞死として胚発生中に重要な役割を果たし、「不要な」細胞を除去するメカニズムとして機能するさまざまな通常の進化的プロセスを伴います。
DAP3は多くの癌に関係しています。研究によると、DAP3の発現は、B細胞リンパ腫、非小細胞肺がん、頭頸部がん、乳がん、胃がん、結腸がんの腫瘍細胞では、おそらく遺伝子の過剰メチル化が原因で、低いか存在しない傾向があることが示されました。プロモーター。 さらに、DAP3の発現は癌の予後の改善と正の相関があり、タンパク質がそのアポトーシス促進機能を通じて癌の進行と戦うことを示しています。 結果として、DAP3は化学療法などの治療的治療の有効性を監視するための潜在的なバイオマーカーとして役立つ可能性がしかしながら、多形性膠芽腫(GBM)や胸腺腫などの他のがんでは、DAP3の発現がアップレギュレートされていることがわかった。 したがって、さまざまな癌におけるDAP3の特定の役割については、さらなる研究が必要です。
相互作用
DAP3は以下と相互作用することが示されています: DELE、 IPS-1、 AKT、 PKA、 PKC、 NOA1、 FADD、 糖質コルチコイド受容体、
熱ショックタンパク質90kDaアルファ(細胞質ゾル)、メンバーA1、および TNFRSF10A。 参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000132676 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000068921 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「マウスPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ Kissil JL、Deiss LP、Bayewitch M、Raveh T、Khaspekov G、Kimchi A(1995年11月)。「インターフェロンガンマ誘導細胞死の新規メディエーターであるDAP3の単離」。Journal of BiologicalChemistry。270(46):27932–6。土井:10.1074 /jbc.270.46.27932。PMID 7499268。   ^ Kissil JL、キムチA(1997年9月)。「insituハイブリダイゼーションによるヒト染色体1q21への死関連タンパク質3(DAP3)の割り当て」。細胞遺伝学および細胞遺伝学。77(3-4):252 DOI:10.1159 / 000134587。PMID 9284927。   ^ a b c d e f g “Entrez Gene:DAP3死関連タンパク質3″。
^ a b c d e f Tang T、Zheng B、Chen SH、Murphy AN、Kudlicka K、Zhou H、Farquhar MG。「hNOA1は複合体IおよびDAP3と相互作用し、ミトコンドリアの呼吸とアポトーシスを調節します」。Journal of BiologicalChemistry。284(8):5414–24。土井:10.1074 /jbc.M807797200。PMC 2643507。PMID 19103604。    ^ a b c d e f Miller JL、Koc H、Koc EC。「哺乳類ミトコンドリアリボソームタンパク質DAP3のリン酸化部位の同定」。タンパク質科学。17(2):251–60。土井:10.1110 /ps.073185608。PMC 2222727。PMID 18227431。    ^ a b c d e Jacques C、Fontaine JF、Franc B、Mirebeau-Prunier D、Triau S、Savagner F、Malthiery Y。「死に関連するタンパク質3はヒト甲状腺腫瘍細胞腫瘍で過剰発現している」。ブリティッシュジャーナルオブキャンサー。101(1):132–8。土井:10.1038 /sj.bjc.6605111。PMC 2713694。PMID 19536094。    ^ a b c d e f g Jia Y、Ye L、Ji K、Zhang L、Hargest R、Ji J、Jiang WG。「死亡関連タンパク質-3、DAP-3は、周術期化学療法および根治的胃切除後の胃癌患者の術前化学療法の有効性および予後と相関している」。ブリティッシュジャーナルオブキャンサー。110(2):421–9。土井:10.1038 /bjc.2013.712。PMC 3899757。PMID 24300973。    ^ a b c d e f g h i j k Wazir U、Jiang WG、Sharma AK、Mokbel K。「ヒト乳癌におけるDAP3のmRNA発現:臨床病理学的パラメーターとの相関」。抗癌研究。32(2):671–4。PMID 22287761。   ^ a b c d e f 宮崎T、シェンM、藤倉D、土佐N、キムHR、コンS、上出T、リードJC。「アノイキスにおける死関連タンパク質3(DAP3)の機能的役割」。Journal of BiologicalChemistry。279(43):44667–72。土井:10.1074 /jbc.M408101200。PMID 15302871。   ^ a b c d e f g Han MJ、Chiu DT、Koc EC。「5 ‘上流のオープンリーディングフレームによるミトコンドリアリボソームタンパク質S29(MRPS29)発現の調節」。ミトコンドリア。10(3):274–83。土井:10.1016 /j.mito.2009.12.150。PMC 2844934。PMID 20079882。    ^ Gracia-Sancho J、Casillas-RamírezA、Peralta C。「虚血/再灌流傷害から肝臓を保護する分子経路:2015年の更新」。臨床科学。129(4):345–62。土井:10.1042 / CS20150223。PMID 26014222。   ^ Ekert PG、Vaux DL。「ミトコンドリアの死の部隊:強化された殺人者または無実の傍観者?」細胞生物学における現在の意見。17(6):626–30。土井:10.1016 /j.ceb.2005.09.001。PMID 16219456。   ^ a b Kissil JL、キムチA(1998年6月)。「死に関連するタンパク質:遺伝子同定からそれらのアポトーシスおよび腫瘍抑制機能の分析まで」。今日の分子医学。4(6):268–74。土井:10.1016 / s1357-4310(98)01263-5。PMID 9679246。   ^ Kerr JF、Wyllie AH、Currie AR(1972年8月)。「アポトーシス:組織動態に幅広い影響を与える基本的な生物学的現象」。ブリティッシュジャーナルオブキャンサー。26(4):239–57。土井:10.1038 /bjc.1972.33。PMC 2008650。PMID 4561027。    ^ a b 宮崎T、リードJC。「GTP結合アダプタータンパク質は、TRAIL受容体をアポトーシス誘導タンパク質に結合します」。ネイチャーイミュノロジー。2(6):493–500。土井:10.1038 / 88684。PMID 11376335。   ^ a b Hulkko SM、Wakui H、Zilliacus J。「アポトーシス促進性タンパク質死関連タンパク質3(DAP3)は、糖質コルチコイド受容体と相互作用し、受容体機能に影響を及ぼします」。生化学ジャーナル。349(3):885–93。土井:10.1042 / bj3490885。PMC 1221218。PMID 10903152。   
参考文献
丸山K、菅野S(1994)。「オリゴキャッピング:真核生物のmRNAのキャップ構造をオリゴリボヌクレオチドに置き換える簡単な方法」。遺伝子。138(1–2):171–4。土井:10.1016 / 0378-1119(94)90802-8。PMID  8125298。
鈴木恭子、吉友中川健一、丸山健一、須山晃、菅野智之(1997)。「完全長濃縮および5 ‘末端濃縮cDNAライブラリーの構築と特性評価」。遺伝子。200(1–2):149–56。土井:10.1016 / S0378-1119(97)00411-3。PMID  9373149。
Hulkko SM、Wakui H、Zilliacus J(2000)。「アポトーシス促進性タンパク質死関連タンパク質3(DAP3)は、糖質コルチコイド受容体と相互作用し、受容体機能に影響を及ぼします」。生化学。J。349(Pt 3):885–93。土井:10.1042 / bj3490885。PMC  1221218。PMID  10903152。
Morgan CJ、Jacques C、Savagner F、Tourmen Y、Mirebeau DP、MalthièryY、Reynier P(2001)。「保存されたN末端配列はヒトDAP3をミトコンドリアに標的化する」。生化学。生物物理学。解像度 コミュン。280(1):177–81。土井:10.1006 /bbrc.2000.4119。PMID  11162496。
Cavdar Koc E、Ranasinghe A、Burkhart W、Blackburn K、Koc H、Moseley A、Spremulli LL(2001)。「アポトーシスの新顔:死に関連するタンパク質3とPDCD9はミトコンドリアのリボソームタンパク質です」。FEBSLett。492(1–2):166–70。土井:10.1016 / S0014-5793(01)02250-5。PMID  11248257。
Cavdar Koc E、Burkhart W、Blackburn K、Moseley A、Spremulli LL(2001)。「哺乳類ミトコンドリアリボソームの小サブユニット。存在するリボソームタンパク質の完全な補体の同定」。J.Biol。化学。276(22):19363–74。土井:10.1074 /jbc.M100727200。PMID  11279123。
宮崎T、リードJC(2001)。「GTP結合アダプタータンパク質は、TRAIL受容体をアポトーシス誘導タンパク質に結合します」。ナット Immunol。2(6):493–500。土井:10.1038 / 88684。PMID  11376335。
鈴木徹、寺崎正明、竹本堀C、花田徹、上田徹、和田晃、渡辺健一(2001)。「哺乳類ミトコンドリアリボソームのプロテオミクス分析。28S小サブユニットのタンパク質成分の同定」。J.Biol。化学。276(35):33181–95。土井:10.1074 /jbc.M103236200。PMID  11402041。
Kenmochi N、Suzuki T、Uechi T、Magoori M、Kuniba M、Higa S、Watanabe K、Tanaka T(2001)。「ヒトミトコンドリアリボソームタンパク質遺伝子:54遺伝子の染色体へのマッピングとヒト障害への影響」。ゲノミクス。77(1–2):65–70。土井:10.1006 /geno.2001.6622。PMID  11543634。
バーガーT、クレッツラーM(2002)。「細胞破壊後のみのDAP3とFADDの相互作用」。ナット Immunol。3(1):3–5。土井:10.1038 / ni0102-3b。PMID  11753396。
Hulkko SM、Zilliacus J(2002)。「アポトーシス促進性DAP3と糖質コルチコイド受容体の間の機能的相互作用」。生化学。生物物理学。解像度 コミュン。295(3):749–55。土井:10.1016 / S0006-291X(02)00713-1。PMID  12099703。
バーガーT、クレッツラーM(2002)。「TRAIL誘導アポトーシスはミトコンドリアアポトーシスメディエーターDAP3とは無関係です」。生化学。生物物理学。解像度 コミュン。297(4):880–4。土井:10.1016 / S0006-291X(02)02310-0。PMID  12359235。
Zhang Z、Gerstein M(2003)。「ヒトゲノムにおける100を超えるミトコンドリアリボソームタンパク質偽遺伝子の同定と特性評価」。ゲノミクス。81(5):468–80。土井:10.1016 / S0888-7543(03)00004-1。PMID  12706105。
ムカメルZ、キムチA(2004)。「死に関連するタンパク質3はミトコンドリアに局在し、細胞死の際のミトコンドリアの断片化のプロセスに関与しています」。J.Biol。化学。279(35):36732–8。土井:10.1074 /jbc.M400041200。PMID  15175341。
廣田T、小原K、松田A、赤星M、中島K、長谷川K、高橋N、清水M、関口H、小久保M、土居美咲、藤原H、宮武A、藤田K、榎本T、岸F、鈴木Y 、齋藤秀樹、中村裕一、白川徹、たまり醤油(2004)。「死関連タンパク質-3(DAP3)の遺伝子の遺伝的変異と成人喘息との関連」。J.ハム。ジェネット。49(7):370–5。土井:10.1007 / s10038-004-0161-4。PMID  15179560。
宮崎T、シェンM、藤倉D、土佐N、金HR、紺S、上出T、リードJC(2004)。「アノイキスにおける死関連タンパク質3(DAP3)の機能的役割」。J.Biol。化学。279(43):44667–72。土井:10.1074 /jbc.M408101200。PMID  15302871。
佐々木秀樹、井出直樹、雪上秀樹、小林裕一、深井一郎、山川裕一、藤井裕一(2004)。「ArgおよびDAP3の発現はヒト胸腺腫の病期と相関していた」。クリン。Exp。転移。21(6):507–13。土井:10.1007 / s10585-004-2153-3。PMID  15679048。
外部リンク
PDBe-KBは、ヒト28Sリボソームタンパク質S29、ミトコンドリア(DAP3)のPDBで利用可能なすべての構造情報の概要を提供します。

投稿日:
カテゴリー: D