DAP(遺伝子)

DAP_(gene)
死に関連するタンパク質1は、ヒトではDAP遺伝子によってコードされるタンパク質です。 DAP 識別子
エイリアス
DAP、死に関連するタンパク質
外部ID
OMIM:600954 MGI:1918190 HomoloGene:3235 GeneCards:DAP
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 5番染色体(ヒト)
バンド 5p15.2 開始
10,679,230 bp
終わり
10,761,272 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 15番染色体(マウス)
バンド
15 | 15 B2
開始
31,224,314 bp
終わり
31,274,341 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 1611 223453 Ensembl ENSG00000112977 ENSMUSG00000039168 UniProt P51397 Q91XC8 RefSeq(mRNA) NM_004394 NM_001291963 NM_146057
RefSeq(タンパク質) NP_001278892 NP_004385 NP_666169
場所(UCSC)
Chr 5:10.68 – 10.76 Mb
15番染色体:31.22 – 31.27 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
DAP遺伝子は、基本的な、エンコードプロリンに富む、15-KDのタンパク質を。死に関連するタンパク質は、インターフェロンガンマによって誘導されるプログラム細胞死の正のメディエーターとして機能します。
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000112977 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000039168 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「マウスPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ Feinstein E、Druck T、Kastury K、Berissi H、Goodart SA、Overhauser J、Kimchi A、Huebner K(1996年2月)。「DAP1とDAPK(IFN-γによって引き起こされるプログラム細胞死を積極的に媒介する遺伝子)の染色体領域5p12.2と9q34.1への割り当て」。ゲノミクス。29(1):305–7。土井:10.1006 /geno.1995.1255。PMID 8530096。   ^ Deiss LP、Feinstein E、Berissi H、Cohen O、Kimchi A(1995年2月)。「ガンマインターフェロン誘導細胞死の潜在的なメディエーターとしての新規セリン/スレオニンキナーゼおよび新規15kDタンパク質の同定」。GenesDev。9(1):15–30。土井:10.1101 /gad.9.1.15。PMID 7828849。   ^ a b 「Entrez遺伝子:DAP死関連タンパク質」。
参考文献
Levy-Strumpf N、キムチA(1999)。「死亡関連タンパク質(DAP):遺伝子同定からそれらのアポトーシスおよび腫瘍抑制機能の分析まで」。オンコジーン。17(25):3331–40。土井:10.1038 /sj.onc.1202588。PMID  9916995。
オルセンJV、ブラゴエフB、グナドF、他 (2006)。「シグナル伝達ネットワークにおけるグローバル、インビボ、および部位特異的リン酸化ダイナミクス」。セル。127(3):635–48。土井:10.1016 /j.cell.2006.09.026。PMID  17081983。S2CID  7827573。
Zougman A、WiśniewskiJR(2006)。「リンカーヒストンと高移動度群タンパク質を超えて:過塩素酸可溶性タンパク質のグローバルプロファイリング」。J.プロテオーム解像度。5(4):925–34。土井:10.1021 / pr050415p。PMID  16602700。
Gerhard DS、Wagner L、FeingoldEAなど。(2004)。「NIH完全長cDNAプロジェクトの状況、品質、および拡大:哺乳類遺伝子コレクション(MGC)」。ゲノム解像度。14(10B):2121–7。土井:10.1101 /gr.2596504。PMC  528928。PMID  15489334。
鈴木恭子、山下亮、城田眞他 (2004)。「ヒトとマウスの遺伝子の配列比較により、プロモーター領域の相同ブロック構造が明らかになる」。ゲノム解像度。14(9):1711–8。土井:10.1101 /gr.2435604。PMC  515316。PMID  15342556。
Strausberg RL、Feingold EA、GrouseLHなど。(2003)。「15,000を超える完全長のヒトおよびマウスのcDNA配列の生成と初期分析」。手順 国立 Acad。科学 アメリカ。99(26):16899–903。土井:10.1073 /pnas.242603899。PMC  139241。PMID  12477932。
 
ヒト5番染色体上の遺伝子に関するこ

投稿日:
カテゴリー: D