DAPK2

DAPK2
死に関連するプロテインキナーゼ2は、ヒトではDAPK2遺伝子によってコードされる酵素です。 DAPK2 利用可能な構造 PDB オーソログ検索:PDBe RCSB
PDBIDコードのリスト
1WMK、1WRZ、1Z9X、1ZUZ、1ZWS、2A27、2A2A、2CKE
識別子
エイリアス
DAPK2、DRP-1、DRP1、死亡関連プロテインキナーゼ2、死亡関連プロテインキナーゼ2
外部ID
OMIM:616567 MGI:1341297 HomoloGene:74940 GeneCards:DAPK2
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 15番染色体(ヒト)
バンド 15q22.31 開始
63,907,036 bp
終わり
64,072,033 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 9番染色体(マウス)
バンド
9 C | 9 35.75 cM
開始
66,158,223 bp
終わり
66,272,242 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能
• トランスフェラーゼ活性• ヌクレオチド結合• プロテインキナーゼ活性• カルモジュリン結合• キナーゼ活性• プロテインセリン/スレオニンキナーゼ活性• GO:0001948タンパク質結合• 同一のタンパク質結合• ATP結合
細胞成分
• 細胞質• オートファゴソーム内腔• 細胞質小胞• ゴルジ装置• 細胞内膜結合細胞小器官• 細胞核
生物学的プロセス
• アポトーシスプロセスの調節• GO:0007243細胞内シグナル伝達• の調節内因性アポトーシスシグナル伝達経路• リン• タンパク質リン酸化• 好酸球走化性の正の調節• オートファジーの調節• アノイキス• 好中球走化性の正の調節• 自己リン酸化• 好中球遊走• アポトーシスプロセス• ペプチジル-セリンリン酸化• ペプチジル-スレオニンリン酸化
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 23604 13143 Ensembl ENSG00000035664 ENSMUSG00000032380 UniProt Q9UIK4 Q8VDF3 RefSeq(mRNA) NM_014326 NM_001363730 NM_010019
RefSeq(タンパク質) NP_055141 NP_001350659 NP_034149
場所(UCSC)
15番染色体:63.91 – 64.07 Mb
Chr 9:66.16 – 66.27 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
この遺伝子は、セリン/スレオニンプロテインキナーゼファミリーに属するタンパク質をコードしています。このタンパク質には、N末端プロテインキナーゼドメインと、それに続く、プログラム細胞死の正の調節因子である死関連プロテインキナーゼ1(DAPK1)と有意に類似した保存されたカルモジュリン結合ドメインが含まれています。この遺伝子の過剰発現は、細胞アポトーシスを誘導することが示されました。複数のポリアデニル化部位を使用します。 DAPK2 mRNAは、選択的スプライシングを受けて、DAPK3のようなコード化転写物を生成する可能性が
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000035664 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000032380 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「マウスPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ Kawai T、Nomura F、Hoshino K、Copeland NG、Gilbert DJ、Jenkins NA、Akira S(1999年6月)。「死に関連するプロテインキナーゼ2は、その触媒活性を介してアポトーシスをシグナル伝達する新しいカルシウム/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼです」。オンコジーン。18(23):3471–80。土井:10.1038 /sj.onc.1202701。PMID 10376525。   ^ a b “Entrez Gene:DAPK2死関連プロテインキナーゼ2″。
^ Shoval、Yishay; ベリッシ、ハンナ; キムチ、アディ; ピエトロコフスキー、シュムエル(2011)。「DAPキナーゼの新しいモジュール性:DRP-1遺伝子の選択的スプライシングはZIPkのようなアイソフォームを生成します」。PLOSONE。6(2):e17344。土井:10.1371 /journal.pone.0017344。PMC 3050894。PMID 21408167。   
参考文献
インバルB、シャニG、コーエンO、他。(2000)。「死関連プロテインキナーゼ関連タンパク質1、アポトーシスに関与する新規セリン/スレオニンキナーゼ」。モル。細胞。Biol。20(3):1044–54。土井:10.1128 /MCB.20.3.1044-1054.2000。PMC  85221。PMID  10629061。
Shani G、Henis-Korenblit S、Jona G、他 (2001)。「自己リン酸化は、二量体化とカルモジュリン結合を制御することにより、DRP-1キナーゼのアポトーシス活性を抑制します」。EMBOJ。20(5):1099–113。土井:10.1093 / emboj /20.5.1099。PMC  145456。PMID  11230133。
Wong TS、Chang HW、Tang KC、他 (2002)。「鼻咽頭癌における死に関連するプロテインキナーゼ遺伝子の高頻度のプロモーター過剰メチル化および患者の末梢血におけるその検出」。クリン。CancerRes。8(2):433–7。PMID  11839660。
Chan MW、Chan LW、Tang NL、他 (2002)。「膀胱癌患者の腫瘍組織および排尿における複数の遺伝子の高メチル化」。クリン。CancerRes。8(2):464–70。PMID  11839665。
インバルB、ビアリックS、サバナイI、他 (2002)。「DAPキナーゼとDRP-1は、プログラム細胞死の際に膜の小胞形成とオートファジー小胞の形成を仲介します」。J. CellBiol。157(3):455–68。土井:10.1083 /jcb.200109094。PMC  2173279。PMID  11980920。
佐藤A、豊田M、伊藤F他 (2002)。「結腸直腸癌および胃癌におけるDAPキナーゼ遺伝子発現のサイレンシングに関連するDNAメチル化およびヒストン脱アセチル化」。Br。J.がん。86(11):1817–23。土井:10.1038 /sj.bjc.6600319。PMC  2375414。PMID  12087472。
Strausberg RL、Feingold EA、GrouseLHなど。(2003)。「15,000を超える完全長のヒトおよびマウスのcDNA配列の生成と初期分析」。手順 国立 Acad。科学 アメリカ。99(26):16899–903。土井:10.1073 /pnas.242603899。PMC  139241。PMID  12477932。
Gerhard DS、Wagner L、FeingoldEAなど。(2004)。「NIH完全長cDNAプロジェクトの状況、品質、および拡大:哺乳類遺伝子コレクション(MGC)」。ゲノム解像度。14(10B):2121–7。土井:10.1101 /gr.2596504。PMC  528928。PMID  15489334。
バリオス-ロディレスM、ブラウンKR、オズダマーB、他 (2005)。「哺乳類細胞における動的シグナル伝達ネットワークのハイスループットマッピング」。科学。307(5715):1621–5。土井:10.1126 /science.11​​05776。PMID  15761153。
オルセンJV、ブラゴエフB、グナドF、他 (2006)。「シグナル伝達ネットワークにおけるグローバル、インビボ、および部位特異的リン酸化ダイナミクス」。セル。127(3):635–48。土井:10.1016 /j.cell.2006.09.026。PMID  17081983。
Rizzi M、Tschan MP、Britschgi C、他 (2007)。「死に関連するプロテインキナーゼ2は、正常な骨髄分化中にアップレギュレートされ、骨髄性白血病細胞の好中球の成熟を促進します」。J.ロイコック。Biol。81(6):1599–608。土井:10.1189 /jlb.0606400。PMID  17347302。

 生物学ポータル
 
ヒト15番染色体上の遺伝子に関するこ

投稿日:
カテゴリー: D