DARPA FORESTER

DARPA_FORESTER
DARPA FORESTERが共同で主催する技術開発プログラムである国防高等研究計画庁(DARPA)と米陸軍彼らは葉で隠されているとき、地面に人員や車両を追跡することができ、高度な空中UHFレーダーシステムを生成するためのもの。FORESTERは、FO PEN Reconnaissance、Surveillance、Tracking and Engagement Radarの頭字語です(FOPEN自体はFOliage PENetrationの頭字語です)。
内容
1 説明
2 開発
3 参考文献
4 外部リンク
説明
FORESTERは、解像度6メートルのGMTIレーダーシステムで、長さ21.5フィート(6.6 m)のポッド内に取り付けられ、A160ハミングバードヘリコプターの無人航空機(UAV)の下に搭載されるように設計されています。このシステムは、30マイル(48 km)の距離から、樹木に覆われた車両や歩行中の兵士を検出できるため、戦闘計画担当者は待ち伏せの可能性を検出できます。ポッドは、収納されたインライン位置から展開位置まで90度回転するように設計されています。20,000フィート(6,100 m)でホバリングしているヘリコプターUAVから、FORESTERは155平方マイル(400 km 2)の領域をカバーできます。
FORESTERプログラムマネージャーのLyndallBeamerによると、「DARPA / US Army A160 Hummingbird無人航空機ヘリコプターまたはその他の適切なプラットフォームにセンサーシステムを採用することで、堅牢で広域の全天候型スタンドオフ機能が提供されます。」
コストは1ユニットあたり250万ドルで、50以上の数量で1ユニットあたり100万ドルの生産目標が見込まれます。
開発
FORESTERプログラムは、DARPAの情報イノベーションオフィス(I2O)によって管理されており、ハードウェアは、ニューヨーク州シラキュースの本社でSRCによってDARPA用に製造されています。FORESTERの最初のプロトタイプは、A160がフェーズ1飛行試験プログラムをまだ完了していないため、UH-60ブラックホークヘリコプターを使用して飛行試験されました。A160のテスト飛行は2008年8月に始まりました。
参考文献
^ 「DARPAファクトシート」。アーカイブされたオリジナルの2008年11月23日に。 ^ a b c Robinson、Clarence Jr、「Radar Counters Camouflage」、Signal Online Armed Forces Communications and Electronics Association ^ 「DAPRAFORESTERファクトシート、2ページ」。アーカイブされた元2009-04-03に。
^ a b c Norris、Guy、「ボーイングロータリーUAVは記録を樹立することを目指している」、Aviation Week&Space Technology、2008年3月30日、2008年8月29日アクセス
外部リンク
ボーイングA160ハミングバードのフォアスターを示すDARPACGアニメーションビデオ

投稿日:
カテゴリー: D