DARPAグローバル自律言語活用プログラム

DARPA_Global_autonomous_language_exploitation_program
グローバル自律言語搾取(GALE)プログラムによって資金を供給されたDARPA多ニュース番組、ドキュメントおよび通信の他の形態からの自動情報抽出のための技術を開発するために2005年に開始します。このプログラムには、自動音声認識、機械翻訳、情報検索という3つの主要な課題が含まれていました。プログラムの焦点は、北京語とアラビア語のスピーチを認識し、それを英語に翻訳することでした。
IBM、BBN(John Makhoulが率いる)、およびSRIが率いるチームがプログラムに参加しました。 ICSIとワシントン大学の両方がSRIチームの下でプログラムに参加しました。
参考文献
^ 「GALE-グローバルな自律言語の活用」。 ^ アンダーソン、ネイト(2006年11月9日)。「国防総省は大規模な音声認識および翻訳プログラムに資金を提供しています」。

投稿日:
カテゴリー: D