DARPAグランドチャレンジ

DARPA_Grand_Challenge
DARPAグランドチャレンジは、アメリカのための懸賞で自律走行車が資金を提供、米国防総省の国防高等研究計画庁、の最も顕著な研究機関、米国国防総省。議会はDARPAに、基本的な発見と軍事利用の間のギャップを埋める革新的で高収益の研究を後援するというDARPAの使命を促進するために賞金を授与することを承認しました。最初のDARPAグランドチャレンジは、限られた時間内に実質的なオフロードコースを完了することができる最初の完全自律型地上車両を作成するために必要な技術の開発を促進するために作成されました。3番目のイベント、DARPAアーバンチャレンジは、最初のチャレンジを模擬都市環境での自律運用に拡張しました。最新のチャレンジである2012DARPA Robotics Challengeは、自律型緊急保守ロボットに焦点を当てています。
チームケース車両、デクスターが正面を向いた、レース当日のDARPAグランドチャレンジのサイト
DARPAグランドチャレンジの最初の大会は、2004年3月13日に米国のモハーベ砂漠地域で、カリフォルニア州バーストーの直前から州間高速道路15号線に沿って続く150マイル(240 km)のルートに沿って開催されました。プリムのカリフォルニアとネバダの国境を過ぎたところ。どのロボット車両もルートを終了しませんでした。カーネギーメロン大学のレッドチームと車のサンドストーム(ハンビーを改造したもの)が最も遠い距離を移動し、コースの11.78 km(7.32マイル)を完了してから、スイッチバックターンを行った後に岩にぶら下がった。勝者は宣言されず、賞金は授与されませんでした。そのため、2005年に2回目のDARPAグランドチャレンジイベントが予定されていました。DARPAグランドシャランジはシャットダウンされ、もう実行されていません
内容
1 歴史と背景
2 2004グランドチャレンジ
3 2005グランドチャレンジ
4 2007年アーバンチャレンジ
5 2012ロボティクスチャレンジ
6 2013FANGチャレンジ
7 2017-2021地下チャレンジ
8 2018ローンチチャレンジ
9 技術
10 も参照してください
11 参考文献
12 外部リンク
12.1 マスコミ報道
歴史と背景
参照:
自動運転車の歴史
完全自動運転車は、日本(1977年から)、ドイツ(Ernst Dickmanns and VaMP)、イタリア(ARGOプロジェクト)、欧州連合(EUREKAプロメテウスプロジェクト)、米国での取り組みから、長年にわたって国際的な取り組みを続けてきました。アメリカ、および他の国。DARPAは、1966年にスタンフォード研究所(現在はSRIインターナショナル)のShakeyロボットプロジェクトで始まった最初の完全自律型ロボットの開発に資金を提供しました。道路のオンとオフを運転できる最初の自律型地上車両は、1984年に始まった戦略的コンピューティングイニシアチブの一環としてDARPAによって開発され、自律型陸上車両とNavlabによる自律ナビゲーションのデモンストレーションにつながりました。
グランドチャレンジは、世界で最初の自動運転車の長距離競技でした。自動運転車の分野における他の研究努力は、より伝統的な商業的または学術的アプローチを採用しています。米国議会は、2015年までに地上軍の3分の1を自律化するという最終目標を掲げて、ロボット開発を促進する最初のグランドチャレンジに賞金(100万ドル)を提供することをDARPAに承認しました。2004年のイベントの後、トニーテザー博士は賞金はに増加したと発表したDARPAのディレクター、$ 10月9日、2005年2007アーバンチャレンジでは第一、第二、第三の場所で主張された次のイベントのために200万受信$ 200万、$ 1それぞれ百万ドルと50万ドル。2019年には14の新しいチームが出場しました。
名簿に少なくとも1人の米国市民がいる限り、コンテストは世界中のチームや組織に開かれていました。チームは高校、大学、企業、その他の組織から参加しています。初年度は100以上のチームが登録し、さまざまな技術スキルをレースにもたらしました。2年目には、米国の36州と4つの外国から195チームがレースに参加しました。
2004グランドチャレンジ
DARPAグランドチャレンジ(2004)
DARPAグランドチャレンジの最初の大会は、2004年3月13日に米国のモハーベ砂漠地域で、カリフォルニア州バーストーの直前から州間高速道路15号線に沿って続く150マイル(240 km)のルートに沿って開催されました。ただ、過去カリフォルニア-ネバダ州にある国境プリム。どのロボット車両もルートを終了しませんでした。カーネギーメロン大学のレッドチームと車のサンドストーム(ハンビーを改造したもの)が最も遠い距離を移動し、コースの11.78 km(7.32マイル)を完了した後、スイッチバックターンを行った後、岩にぶら下がった。勝者は宣言されず、賞金は授与されませんでした。そのため、2回目のDARPAグランドチャレンジイベントが2005年に予定されていました。
2005グランドチャレンジ
DARPAグランドチャレンジ(2005)
DARPAグランドチャレンジの2回目の大会は、2005年10月8日の午前6時40分に始まりました。2005年のレースの23人のファイナリストのうち1人を除くすべてが、2004年のレースで最高の車両が完了した11.78 km(7.32マイル)の距離を超えました。5台の車両が212km(132マイル)のコースを無事に完了しました。
車両 チームの名前 チームホーム 所要時間(h:m)
結果
スタンリー スタンフォードレーシングチーム スタンフォード大学、カリフォルニア州パロアルト 6:54 最初の場所
砂嵐 レッドチーム カーネギーメロン大学、ペンシルベニア州ピッツバーグ 7:05 二位
H1ghlander レッドチーム 7:14 第三位
Kat-5 チームグレイ ルイジアナ州メタリーのグレイ保険会社 7:30 4位
TerraMax チームテラマックス Oshkosh Truck Corporation、ウィスコンシン州オシュコシュ 12:51 10時間以上の制限、5位
2005年のレースでは、車両は3つの狭いトンネルを通過し、100回以上の鋭い左右のターンを交渉しました。レースはビール瓶峠、片側に完全なドロップオフ、反対側に岩肌がある曲がりくねった峠で締めくくられました。 2004年のコースでは、より多くの標高ゲインが必要であり、ルートの始点近くでいくつかの非常に鋭いスイッチバック(Daggett Ridge)が必要でしたが、コースのカーブははるかに少なく、一般的に道路は2005年のコースよりも広くなりました。
  2007年のDARPAアーバンチャレンジのために開発された車両
スタンフォード大学とカーネギーメロン大学のチーム間の自然な競争(スタンフォード大学チームの責任者であるセバスチアンスランは、以前はカーネギーメロン大学の教員であり、CMUチームの責任者であるレッドウィッタカーの同僚でした)がレース中に繰り広げられました。スタンレーが通過する前に、機械的な問題がH1ghlanderを悩ませていました。ニューオーリンズ郊外のチームがレースの数週間前にハリケーンカトリーナに巻き込まれたため、グレイチームのエントリーはそれ自体が奇跡でした。5番目のフィニッシャーであるTerramaxは、Oshkosh Truckからの30

投稿日:
カテゴリー: D