D’erlanger

D’erlanger
は日本のロックバンドについてです。その他の使用法については、D’Erlangerを参照してくださいD’erlanger(フランス語で「卑猥な誘惑」を意味するとバンドが信じているD’ERLANGERとして定型化された)は、1983年にギタリストのCipherとベーシストのSeelaによって結成された京都府出身の日本のロックバンドです。もともとスピードとパワーメタルを演奏していたが、ドラマーのテツとボーカリストのキョウを採用した後、1989年にデビューアルバム「ラ・ヴィ・エン・ローズ」のオルタナティブロック・サウンドに切り替えた。その年、翌年、BMGジャパンとのメジャーレーベルレコード契約を獲得。彼らはリリースしました1990年3月にバジリスクでチャートのトップ5に到達しました。しかし、12月にグループは突然解散を発表しました。 D’erlanger 原点
京都府、日本
ジャンル
オルタナティブロック
ゴシックロック
パンク
ハードロック
活動年数
1983–1990、2007–現在
ラベル
マンドレイクルート
デンジャークルー
BMGジャパン
最先端
ワーナーミュージックジャパン
ウェブサイト
www .derlanger .jp
メンバー
暗号
シーラ 哲 京
過去のメンバー 薫 Shi-Do
めまいが
脚光を浴びる時間が短いにもかかわらず、彼らはよく知られており、ヴィジュアル系の創設者の1人と見なされています。 D’erlangerは2007年に再結成し、ゴシックロックの感触を追加する新しいハードサウンドを備えたアルバムLazzaroをリリースしました。それ以来、彼らはさらに6枚のスタジオアルバムをリリースし、いくつかの海外公演を含む広範囲にツアーを行いました。
内容
1 歴史
1.1 解散への形成:1983–1990 1.2 再会:2007–2012 1.3 ワーナーミュージックジャパン:2013年〜現在
2 メンバー
3 ディスコグラフィー
3.1 アルバム 3.2 シングル 3.3 ホームビデオ
4 参考文献
5 外部リンク
歴史
解散への形成:1983–1990
D’erlangerは、1983年12月にCipherとSeelaによってそれぞれギターとベースで結成されました。同じ高校のボーカリスト薫とドラマーShi-Doがすぐに参加してラインナップを完成させた。彼らは1984年5月にサイファーがちょうど15歳だった大阪バーボンハウスで最初の公演を行いました。1984年8月、薫はバンドを去り、ディジーに取って代わられた。
彼らは1985年までに「今夜」「素晴らしい獣の誕生!!」の3本のデモテープをリリースしました。と「ブルー」。1986年10月26日、目黒鹿鳴館で開催された「ニューパワーメタルオーディション」に参加しました。インディーズレーベルの1周年を祝うためにMandrakeRootRecordsが主催したものです。D’erlangerがコンテストで優勝し、レーベルは1987年2月20日にシングル「Girl」をリリースしました。これは3000部に限定されていました。彼らはライブオムニバスアルバムHungryDaysにも「LikeaBeast」という曲で登場しました。その後、2月22日に別のデモテープを無料で配布しました。このテープには「SadisticEmotion」のみが含まれていました。
1987年8月1日、D’erlangerは目黒鹿鳴館で初の個展を開催しました。 Shi-Doがバンドを去ることを決定した直後、彼は10月にCipherと並んで44MagnumのローディーであったTetsuに置き換えられました。 その後、ディジーは1988年6月にバンドを去り、以前は短命のデッドワイヤーとセーバータイガーでテツと共演していたキョウが7月1日に彼らの新しいボーカリストになった。
  1990年にD’erlangerが最後から2番目のコンサートとなった日比谷野外コンサートホール。
7月22日の京との最初のショーの後、彼らはSadisticalPunkTourに参加しました。 1989年のツアー中に、2月10日にデンジャークルーレコードと共にファーストアルバムLa Vie En Roseをリリースしました。すべてのコピーは予約注文だけで完売したため、11日後に別のプレスをリリースしました。アルバムのサウンドは、以前の素材とは大きく異なり、元々持っていたスピードとパワーメタルではなく、パンクとオルタナティブロックでした。その後、バンドは短いIncarnation of EroticismTourに参加しました。
1990年は、当時BMGのサブレーベルだったメジャーレーベルAriolaとバンドが契約したことから始まりました。 1990年初頭の愛から市へのココツツアー中に、1月25日に最初のメジャーシングル「ダーリン」をリリースした。 3月7日、2枚目のアルバムバジリスクをリリースした。彼らはシングル「Lullaby-1990-」をリリースした後、9月10日にムーンアンドメモリーズツアーを開始した。ツアーは10月31日に大阪の厚生年金会館で終了した。
1990年12月24日、D’erlangerはファンが解散したことを突然発表し、ファンに衝撃を与えました。 1991年3月6日にホームビデオとMoonand the Memories … the Eternities Last Live1および2というタイトルの2つの別々のライブアルバムがリリースされました。これらはすべて10月27日の最後から2番目のコンサートから録音されました。 1990年28日、東京の日比谷野外コンサートホールにて。
1995年4月21日、両方のスタジオアルバムがリマスターされ、再リリースされました。
再会:2007–2012
2007年3月14日、大ヒットアルバムとDVDパンドラがリリースされました。また、エイベックスグループのサブレーベルであるCutting Edgeで同日リリースされたのは、D’erlangerが17年ぶりにリリースした3枚目のアルバムLazzaroでした。 4月22日、彼らはバラいろいない世界と題した彼らの「若返りのパフォーマンス」を果たした-のロージー視力ZEPP 9月19日にDVDで発売された東京、 2007年9月22日には、D’のアーランガーは禁欲のドアを開催しました#001は、MuccとMerryが共演したイベントでした。
彼らは2008年3月19日にシングル「Zakuro」をリリースしました。これには、Cipherが16歳のときに最初に作曲し、「Telephon」という名前で「Blue」デモテープに収録された「LoveAnymore」が含まれています。京の歌詞。バンドは4月30日に4枚目のアルバム「 ThePriceof Being a Rose is Loneliness」をリリースしました。その後、D’erlanger Tour ’08 -A RoseInsane-ツアーに乗り出しました。ツアーは5月6日に日本武道館で開催されたD’erlanger25周年記念コンサートから始まりました。このコンサートの映像は12月10日にバラいろの人生-LaVie enRose -DVDとしてリリースされました。D’erlangerは9月21日にAbstinence’sDoor#002を開催しました。イノラン、メリー、ハイジ。実行されます。禁欲の扉#003が11月8日に開催され、UnderneathとLa; Cen-zhowが参加しました。実行します。翌日は禁欲の扉#004でした。、Sadie and theUnderneathが演奏しました。
2009年7月25日、彼らは中国台湾の台北でプレーしました。バンド初の海外公演でした。D’erlangerは10月24日のV-RockFestival ’09で演奏し、ショーはフェスティバルの公式ウェブサイトで世界中に生放送されました。彼らはまた、10月30日に韓国でギグを開催しました。その後、バンドは2009年11月11日に5枚目のアルバム、セルフタイトルのD’erlangerをリリースしました。アルバムには「EasyMake、EasyMark」のスタジオバージョンが含まれています。彼らが80年代に書き、再生した曲。
2010年9月19日と20日、Abstinence’s Door#005とAbstinence’s Door#006が開催されました。ヘッドフォン社長、defspiralとギルガメッシュは一方で、最初の夜に行わ酸のAndroidとぴあは二日目の夜に行わ。各コンサートは、Ustream.tvで世界中にライブ配信されました。 Abstinence’s Door#007は3日後に台北で開催され、中国台湾のバンドOverdoseと韓国のPiaが演奏しました。
D’erlangerは、2010年9月29日に、A Fabulous Thing in Roseというタイトルのアルバムをリリースすると発表しました。このアルバムには11のトラックが含まれています。最初の2つのスタジオアルバムの曲のセルフカバーバージョン8つ、英語版の「La Vie EnRose」です。 」に加えて、新しいトラック「Everything is Nothing」(80年代に彼らが書き、再生した曲)とインストルメンタル「Adameve」。2つのバージョンが通常版には、「XXX for You」、「Zakuro」、「Angelic Poetry」(カムバック後にリリースされた3枚のアルバムから選択)の3つの「ベストトラック」と「ボーナストラック」「DummyBlue」(限定版には同じ3つの「ベストトラック」が含まれていますが、3つの「ボーナストラック」:「DummyBlue(英語の歌詞)」、「La Vie En Rose」、「An Aphrodisiac(トランスロックリミックス)」 、特別な本、64ページの写真集、ポスターなど。
12月13日に、それは彼らの公式ウェブサイト上で発表されたD’のアーランガーはで実行されることをモスクワ、ロシア4月30日、2011年にXO-クラブでしかし、後の3月29日、上の東北地方太平洋沖地震います日本で3月11日に発生したバンドは、新しい日付が発表されるまでショーを延期することを決定しました。これはヨーロッパの国でのバンドの最初のコンサートだったでしょう。彼らは再び中国台湾に戻って、で、パフォーマンスのために、この時間Hohaiyanロックフェスティバル7月15日には、2012年D’のアーランガーはのための「因習打破」をカバーバック-Tick-のパレードII -Respectiveトラックへのトリビュートアルバムバック-TICK、そして9月23日のアルバムのツアーBuck-TickFest 2012 OnParadeに参加した。
ワーナーミュージックジャパン:2013年〜現在
D’のアーランガーは、その第六スタジオ・アルバム、リリース#Sixxを5月22日、2013年には、それはにエッジカッティングから、レコードのラベルを切り替える以来、彼らの最初のリリースだったワーナーミュージック・ジャパン。彼らはカバー皮の歌『玄海Haretsuための』トリビュートVII -Rock Spirits- 2013年12月にリリースされ、 2014#シックス-69-題しのこぎり6枚目のアルバムのツアーの継続を、。次のアルバム「スペクタキュラーナイト-くるおしい夜にツイテ- 」は2015年4月22日に続きました。5月2日、ダーランガーは6月14日に赤坂ブリッツで終了した25周年を記念して全国ツアーを開始しました。彼らはまた、二日目に行っLUNA SEA「6月28日、上のルナティックフェスタなどでアンジェロ」8月5日にドグマコンサートの年次交差点
グループは2017年5月3日にJ’aimeLa Vieをリリースしました。これは、再会以来、最も魅力的なスタジオアルバムになりました。彼らはまた、彼らの再会の10周年を祝い始めました。 D’erlanger Tribute Album〜Stairway to Heaven〜というバンドへのトリビュートアルバムが2017年9月13日にリリースされました。 Dir en Grey、Hyde、Teru、Hisashiなどのアクトによる彼らの曲のカバーが含まれています、およびPsycholeCému。その後、D’erlangerは9月15日と16日にEXシアターロッポンギのAbstinence’s Door#008と#009でホストされ、演奏されました。最初はアンジェロとデゼルト、2番目はソーリンチでした。PsycholeCémuが演奏し、D’erlangerが最初の夜にHydeと演奏し、2番目の夜に清春と演奏しました。
D’ERLANGERは彼らの第九のアルバムリリースRoneveをそれは7月-5月から15-日の全国ツアーでサポートされていた2019年、5月22日に。
メンバー
D’erlangerのメンバーは、芸名だけでクレジットされています。
イチロー””暗号””滝川(瀧川一郎、滝川一郎) -ギター、バックボーカル1983年から1990年、2007年〜現在(ボディ→、クレイズ)
知弘””Seelaの””中尾(中尾朋宏、中尾智博) -ベース、バックボーカル1983年から1990年、2007年〜現在(→修正、ビニール、アトミックザザ、ノースターイノベーション)
哲菊池(菊地哲、菊地哲) -ドラム2007 -現在、1987年から1990年に(例:ウサギ、デッドワイヤー、セイバータイガー、メフィストフェレス、→紫:キル、ボディ、クレイズ)
ひろし””京””磯野(磯野宏、磯野宏) -ボーカル1988年から1990年、2007年-現在(例:暴走少年、デッドワイヤー、セイバータイガー、Baの-Raは、→叫びで死ぬ、バグ)
元メンバー
宮原薫(宮平薫、宮原薫) –ボーカル1983–1984
正「志道」宇野(宇野忠、宇野正) –太鼓1983–1987
福井喜文「めまい」福井(福井祥史、福井喜文) –ボーカル1984–1988(→ストロベリーフィールド、ビニール)
ディスコグラフィー
アルバム
La Vie En Rose(1989年2月10日)、オリコンアルバムチャートのピーク位置:No。25
バジリスク(1990年3月7日)第5号
ラザロ(2007年3月14日)第32号
バラであることの代償は孤独です(2008年4月30日) No。22
D’erlanger(2009年11月11日) No。19
#Sixx(2013年5月22日)No。16
壮大なナイト-Kuruoshii夜にTsuite- (スペクナイト-狂おしい夜について-、2015年4月22日)第18号
J’aime La Vie(2017年5月3日)No。14
Roneve(2019年5月22日)No。15
ライブアルバム
月と思い出…永遠の最後のライブ1(1991年3月6日)第5号
Moon and the Memories … The Eternities Last Live 2(1991年3月6日)No。7
#Sixx -Discordantly-(2013年12月18日)No。117
D’erlanger Reunion 10th Anniversary Live 2017-2018(2018年9月12日)No。115
その他のアルバム
パンドラ(2007年3月14日、DVDによる最大ヒット曲のコンピレーション)No。54
ローズの素晴らしいもの(2010年9月29日、セルフカバーアルバム)No。26
D’erlanger Tribute Album〜Stairway to Heaven〜(2017年9月13日、トリビュートアルバム)No。4
シングル
「少女」(1987年2月20日)
「ラ・ヴィ・エン・ローズ」(1989年1月)
「ダーリン」(1990年1月25日)、オリコンシングルチャートのピークポジション:No。9
「子守唄-1990-」(1990年9月5日、カセットとCDには異なるB面が含まれています)No。12
「ざくろ」(柘榴、2008年3月19日)第26号
デモ
「今夜」(1984)
「華麗な獣の誕生!!」(1985年12月26日)
「ブルー」(1985)
「サディスティックエモーション」(1987年2月22日)
ホームビデオ
媚薬(1989年10月15日)
La Vie En Rose(1989年10月28日、日比谷やがい音楽堂ギグにて抽選)
エロティシズムの化身〜Live at Hibiya Yaon〜(VHS:1990年2月7日、DVD:2001年5月23日)
キッズブルーPYX’90 SPR(1990年3月、雑誌で販売)
金団の扉〜禁断の扉〜(禁断の扉〜禁断の扉〜、VHS:1990年10月3日、DVD:2001年5月23日)
月と思い出…永遠/最後のビデオ(VHS:1991年3月31日、DVD:2001年5月23日)
バラいろの世界(薔薇色の視界、2007年9月19日)、オリコンDVDチャートピーク位置:No.16
ばらいろの人生-LaVie En Rose- (薔薇色の人生-La Vie En Rose-、2008年12月10日) No。36
13e交差中毒(2010年3月24日)No。63
ディープ・インサイド・オブ・ユー(2011年9月28日、DVD&CD)No。25
#Sixx -Flick-(2013年12月18日)No。51
Spectacular Nite -Kuruoshii Yoru ni Tsuite- Tour 2015 Final at Akasaka Blitz 2015.06.14 (Spectacular Nite-狂おしい夜幕-TOUR2015 FINAL at赤坂BLITZ20150614、2015年11月4日、Blu-ray&2 CDS)、Oricon Blu-raysチャートのピーク位置:No。19
D’erlanger Reunion 10th Anniversary Live 2017-2018(2018年9月12日)DVD:No。46、 Blu-Ray:25
参考文献
^ B 「D’ERLANGERの京インタビュー」。kanzennijrock.net。2011年7月23日にオリジナルからアーカイブされました。 ^ a b “”伝説のモザイク・バンドが復活!(伝説のビジュアルバンドが再会)””。barks.jp(日本語)。
^ 出島、こうじ。「バウンスディクショナリー第13回-ヴィジュアル系」。bounce.com(日本語)。2008年3月1日にオリジナルからアーカイブされました。
^ a b c d e f g “”D’ERLANGERJaMEプロファイル””。jame-world.com 。
^ a b c d e f g “”D’ERLANGERmusicJAPANplusバイオグラフィー””。musicjapanplus.jp 。
^ 「D’ERLANGERが団に完成た実は?トリビュート盤に検索」ジャンルでかんして「個性」。リアルサウンド。2017年9月26日。
^ a b 「D’ERLANGER、LA録音の新アルバムリリース決定「DARLIN」」と「LULLABY」の新アルバムも」。リアルサウンド。2015年2月16日。
^ 「D’ERLANGER新作に「Loveanymore」到、新アー写は27年前と再構図」。ナタリー(日本語)。2017年4月7日。
^ 「V-ROCKFESTIVAL:10月24日土曜日-Sステージ」。jame-world.com 。
^ 「禁欲の扉のライブストリーム#005、#006」。jame-world.com 。
^ 「D’ERLANGERLIVEINRUSSIA」。musicjapanplus.jp 。
^ 「7月にリリースされる新しいBUCK-TICKトリビュートアルバム!」。musicjapanplus.jp 。
^ 「D’ERLANGERのニューアルバム」。jame-world.com 。
^ 「トリビュートVII-ロックスピリット-を隠す」。cdjapan.jp 。
^ 「D’ERLANGERのニューアルバム」。jame-world.com 。
^ 「LUNASEAはLUNATICFESTを主催しています。ラウンド2のDEADENDとD’ERLANGERを含む6人の伝説的なアーティスト」。barks.jp。2015年5月14日。2015年7月6日のオリジナルからアーカイブ。
^ 「アンジェロの毎年恒例の夏のイベント:D’ERLANGERとcali≠gariを含む4人のアーティスト」。barks.jp。2015年5月14日。2015年5月18日のオリジナルからアーカイブ。
^ 「【ダウンロード】D’ERLANGER、復活10昇ライヴで到なる絶頂期到来の予感」。barks.jp(日本語)。2017年4月23日。
^ a b “”D’ERLANGERトリビュートアルバム””。jame-world.com 。
^ 「D’ERLANGER、5/22に約2年ぶりと第9アルバム 『roneve』もう決定!」。激ロック。2019年3月25日。
^ a b c d “”D’ERLANGERのアルバム売上高ランキング””。オリコン。2012年12月19日にオリジナルからアーカイブされました。
^ a b c d e f g h i j k “”D’ERLANGERのアルバム売上高ランキング””。オリコン(日本語で)。
^ 「D’ERLANGERTRIBUTEALBUM〜天国への階段〜」。オリコン(日本語で)。
^ a b “”D’ERCAGERの販売売り上げ””。オリコン。2013年2月18日にオリジナルからアーカイブされました。
^ 「D’ERLANGERの3売上高ランキング」。オリコン(日本語で)。
^ bはCのDのE F
“”D’ERLANGERのDVD売り上げランキング””。オリコン(日本語で)。
^ a b “”D’ERLANGERのBlu-ray売上高ランキング””。オリコン(日本語で)。
外部リンク
公式サイト”

投稿日:
カテゴリー: D