D’Holbachの同人

D’Holbach’s_Coterie
D’Holbach’s Coterie(la coterie holbachiqueはJean- JacquesRousseauによって造られたフレーズ)は、無神論者の哲学者Baron d’Holbachのサロンで1750年から1780年頃に定期的に会った、急進的なフランス啓蒙思想家のグループでした。非常に裕福な男である男爵は、彼の富を使って、より有名で豪華なパリのサロンの1つを維持しました。このサロンは、すぐにフィロゾーフとそのゲストの重要な待ち合わせ場所になり、ディドロは百科全書への寄稿者の少なくとも数人を採用しました。 。ミーティングは、週に2回、日曜日と木曜日に、サンロッシュのビュート、ロワイヤル通りにあるドルバッハの家で定期的に開催されました。サロンへの訪問者は男性のみであり、議論のトーンは活発で非常に哲学的であり、他のサロンよりも広範で一般的に率直で真剣なトピックにまで及びました。タブーの対象はほとんどなく、激しい意見の不一致は歓迎された。
毎週木曜日と日曜日には、12人のゲスト(常に同じとは限りません)が2時から夜7時か8時までサロンに集まります。サロンの常連客には、ディドロ、ヘルベティウス、ダランベール、レイナル、ブーランジェ、モレレ、サンランベール、マルモンテルが含まれていました。そして、時折、ブッフォン、テュルゴー、ケネー。サロンに参加した他の人には、ルソー、アッベガリアーニ、ルロイ、デュクロ、ベネル、バルテス、ルエル、ルー、スアードが含まれていました。 パリの外国人は、その名声のためにサロンへの招待を取得しようとしました。やがて、サロンにはヒューム、スターン、ガリック、ホレスウォルポール、フランクリン、プリーストリー、アダムスミス、ベッカリア、ギボンが頻繁に訪れました。
参考文献
^ a b d’Holbachの「同人」の詳細については、Alan Charles Kors、D’Holbach’s Coterie:An Enlightenment in Paris(Princeton University Press、1976)を参照して ^ a b c ウィリアム・ダラント(1965)。文明の物語第9巻:ヴォルテールの時代。サイモン&シュスター。pp。695–6。

投稿日:
カテゴリー: D