D’Om le Vrai Sens

D’Om_le_Vrai_Sens
D’Om le Vrai Sens( Man’s True Sense)は、フィンランドの作曲家カイヤ・サーリアホによるクラリネット協奏曲です。この作品は、フィンランド放送交響楽団、 BBC、FundaçãoCasadaMusica、スウェーデン放送交響楽団、ラジオフランスによって共同で委託されました。これは、クラリネット奏者で世界初演を与えられたカリ・クリイック導体の下やフィンランド放送交響楽団サカリ・オラモでフィンランディアホール、ヘルシンキ協奏曲はカリ・クリイックに専用されている9月8日、2010年には、。
内容
1 組成
1.1 バックグラウンド 1.2 構造 1.3 計装
2 受信
3 参考文献
組成
バックグラウンド
カイヤ・サーリアホは、2006年に2番目のオペラAdriana Materを作曲しているときに、クラリネット協奏曲を書くことを最初に考案しました。長年の計画にもかかわらず、サーリアホは2009年の秋まで作品の作曲を始めませんでした。
この音楽は、5つの伝統的な感覚と追加の未定義の第6の感覚を描いた、一連の6つの中世のタペストリーであるThe Lady and theUnicornに触発されました。したがって、協奏曲の最初の5つの動きは、それらが表す5つの感覚にちなんで名付けられています。「L’Ouïe」(聴覚)、「La Vue」(視覚)、「L’Odorat」(嗅覚)、「Le Toucher 」(触覚) 、および「LeGoût」(味)。6番目の最後のムーブメントは「AmonseulDésir」というタイトルで、英語では「私の唯一の望みに」と大まかに翻訳されています。名を冠したタペストリーの意味は広く解釈されてきましたが、サーリアホは「感覚と人類の真の意味の両方」をほのめかす運動を意図していました。
スコアは、ソリストが演奏中にコンサートホールを動き回ることを独自に要求します。サーリアホはこの決定をスコアプログラムのメモで次のように述べています。「作品がその空間で活気づき始めたこと、そしてクラリネット(それ自体がユニコーン)がソリストの音楽の一部しか演奏していないことは私にも驚きました。このスペースの割り当ては、作曲段階での作品の固有の要素になりました。」
構造
D’Om le Vrai Sensの持続時間は約25分で、6つの接続された動きで構成されています。
L’Ouïe La Vue L’Odorat
ルタッチャー LeGoût モン・スール・デシル
計装
ソロクラリネットと2つのフルート(1回目のダブリングピッコロ、2回目のダブリングアルトフルート)、2回のオーボエ(2回目のダブリングコルアングレ)、2回のクラリネット(2回目のダブリングEフラットクラリネット)、バスクラリネット、ファゴット(バスーン)で構成されるオーケストラのスコアが付けられます。倍増コントラバスーン)、4つのホーン、トランペット、ティンパニ、4つのパーカッショニスト、ハープ、セレスタ、ストリングス。
受信
D’Om le Vrai Sensは、音楽評論家から賞賛されています。ワールドプレミアパフォーマンスの録音をレビューして、GramophoneのGuyRickardsは次のように書いています。
6つの相互に関連した動きでキャストされ、協奏曲(サブタイトルは大まかに「男の本当の感覚」としてレンダリングされます)は、中世のタペストリーシリーズ「貴婦人と一角獣」に描かれているように五感を探求します。聴覚、視覚、嗅覚、触覚、味覚は連鎖を形成し、作品の内容の驚くべき統合と発展において、最後のAmonseuldésir(タイトルのアナグラム)で解決します。Kriikkuは、Musgraveのように、ライブパフォーマンスで講堂と聴衆の周りを移動するように招待されています。録音ではこの空間的側面を実際には捉えていませんが、音楽的にはほとんど失われ
ガーディアンのアンドリュー・クレメンツは、この作品には「いくつかの印象的なアイデアがありますが、模倣的な演劇性も避けられませんでした」と述べました。彼は特に、ピーター・セラーズによるその英国初演のために振付されたソリストの妨害を批判し、「サーリアホの美しく段々になったソロとオーケストラの作曲も、クリクの驚異的な演奏もそれを必要としなかった」と述べた。協奏曲のデイヴィッドニースから同様に混合した評価を受けアートデスク。
参考文献
^ a b c Saariaho、Kaija(2010)。「D’OmleVraiSens」。G. Schirmer Inc.
^ エリソン、コリ(2010年9月16日)。「セブンの魔法を探る」。ニューヨークタイムズ。
^ Rickards、Guy。「SAARIAHOクラリネット協奏曲、D’om le vrai sens:フィンランド作曲の「グランデダム」からの最近の作品」。蓄音機。
^ クレメンツ、アンドリュー(2010年10月24日)。「BBCSO /デビッドロバートソン–レビュー」。ガーディアン。
^ ニース、デビッド(2010年10月23日)。「BBC交響楽団80歳の誕生日コンサート、バービカン:パンとバターのストラヴィンスキーが積み重ねられた現代的なサンドイッチでその日を勝ち取ります」。アーツデスク。

投稿日:
カテゴリー: D