D’Wayne Eskridge

D’Wayne_Eskridge
D’Wayne Eskridge(1997年3月23日生まれ)は、西ミシガンブロンコスのアメリカンフットボール ワイドレシーバーです。
D’Wayne Eskridge
西ミシガンブロンコス– No. 1
ポジション
ワイドレシーバー
クラス
上級
職業履歴
カレッジ
西ミシガン(2016年–現在)
ボウルゲーム
2021年シニアボウル
高校
ブラフトン(インディアナ州ブラフトン)
個人情報
生まれ:
(1997-03-23)1997年3月23日(23歳)
高さ
5フィート9インチ(1.75 m)
重量
190ポンド(86 kg)
キャリアのハイライトと賞
MACスペシャルチームプレーヤーオブザイヤー(2020)
最初のチームAll-MAC(2020)
ESPN.comの統計
内容
1 幼少期と高校
2 大学でのキャリア
3 参考文献
4 外部リンク
幼少期と高校
エスクリッジはミシシッピ州ウィノナで生まれ育ちましたが、小学校時代に家族がインディアナ州ブラフトンに引っ越しました。彼はブラフトン高校に通い、そこでサッカーをし、トラックチームのスプリンターでした。彼はシニアとしてインディアナ州のトラックアンドフィールド氏に指名されました。彼は、彼に奨学金を提供した唯一の他のFBSプログラムである、ボール州を越えて西ミシガンで大学フットボールをすることを約束しました。
大学でのキャリア
エスクリッジは、新入生としての予備のレシーバーとしてプレー時間を見ていた。エスクリッジは2年生のシーズンに入るスターターになり、506ヤードで30回のレセプション、3回のタッチダウンで1年を終えました。ジュニアとして、彼は776ヤードと3回のタッチダウンで38パスをキャッチしました。 Eskridgeはオフシーズンをコーナーバックで過ごし、攻撃と防御の両方のスターターとして彼の4年生に入りました。彼は鎖骨をシーズンに4試合壊し、医療用レッドシャツを使用しました。レッドシャツの先輩として、エスクリッジはブロンコスのキックオフリターンの任務を引き受けながら、レシーバーのプレーに戻った。シーズンの終わりに、彼は、34回のレセプションで784ヤードと8回のタッチダウンで会議をリードした後、レシーバーとして最初のチームAll-MACに選ばれ、467ヤードで16回のキックオフを返した後、MACスペシャルチームプレーヤーオブザイヤーに選ばれました。ワンタッチダウン。シーズンの終わりに続いて、Eskridgeは2021年のシニアボウルに参加しました。
参考文献
^ a b Buckley、Nick(2019年4月1日)。「双方向D’Wayne:ボールの両側でプレーする西ミシガンバーナーEskridge」。バトルクリークエンクワイアラー。 ^ Nothaft、Patrick(2019年9月24日)。「WMUフットボールの双方向スター、ディー・エスクリッジが2019年の残りを負傷で欠場する」。MLive.com。
^ Goricki、David(2020年11月30日)。「西ミシガン州西部のタイトルの瀬戸際にある、すべてを行うD’WayneEskridge」。デトロイトニュース。
^ Nothaft、Patrick(2020年12月15日)。「WMUフットボールは12をAll-MACリストに送ります; Eskridgeは特別チームプレーヤーオブザイヤーを獲得します」。MLive.com。
^ Brugler、Dane(2021年1月26日)。「シニアボウル:D’Wayne Eskridge、Shi Smith、およびワイドレシーバーは1日目に優れています」。アスレチック。
外部リンク
西ミシガンブロンコスバイオ

投稿日:
カテゴリー: D