ジュリー・メフタ

Julie_Mehta

 「ジュリー・メフタ」  
Julie B. Mehtaは、トロント大学のユニバーシティカレッジで教えています。彼女のコース「カナダのアジア文化」は、名誉首相のヴィヴィアン・ポイ上院議員から授与されています。Mehtaは、東南アジアを専門とする作家兼ジャーナリストです。
内容
1 バイオグラフィー
1.1 初期の人生と教育
2 学問的な仕事
2.1 ジャーナリズムのキャリア 2.2 結婚と子供
3 公開された作品
4 参考文献
バイオグラフィー
初期の人生と教育
メタ博士は修士号と博士号を取得しています。英文学と南アジア研究の博士号を取得し、ジャダフプール大学カルカッタ校の金メダリストです。トロント大学の南アジア研究センターで、彼女の博士号を取得しました。論文のタイトルは「ポストコロニアルフィクションの水景における神聖な女性のイメージを通して植民地時代以前のアイデンティティを取得すること」です。
学問的な仕事
から12月の講師、「カナダの執筆における声」(UNI 218S、カナダ研究、トロント大学)。
2006年-2011年12月講師、「カナダのアジア文化と文学」。(UNI307Y)、カナダ研究、トロント大学)。
から4月の講師、「シングルインディアンライタープレムチャンド」(HIND 3610、ヨーク大学、トロントの言語、文学、言語学科)。
2010年冬のコースインストラクター、ENGB05、文学について批判的に考える、トロント大学スカボロ校英語学部。2009年秋コースインストラクター、ENGD57H3 F(最終学年の英語スペシャリスト学生)、カナダの一人の作家「マイケル・オンダーチェ:プライベートIとしてのナレーター」の作品の詳細な研究。トロント大学スカボロ校英語学科。
2009年夏コースインストラクター、トロント大学英語学科、効果的なライティング。
トロント大学英語学科、クリティカルエッセイライティングスキルコースインストラクター。
ジャーナリズムのキャリア
キャンベラのオーストラリア公務員で1980年代初頭にジャーナリストグレードA1 。退役軍人省(主にベトナム戦争退役軍人を担当)と科学技術省の2つの省に勤務。
1980年代半ば、ボンベイのスターリング新聞グループのテクノロジーおよびビジネス誌であるテクノクラートの
者。
1990年代初頭、シンガポールを拠点とする文学、芸術、文化の雑誌であるConnoisseur’sAsiaの
者。
フィーチャーエディター、Times Periodicals、シンガポール、1990年代半ば。
現代文学の文学評論家、ブッカー賞受賞者のインタビュアー、アルンダティ・ロイ、ロヒントン・ミストリー、ベン・オクリ、デイヴィッド・マルーフ、ノーマン・メイラー、マリオ・バルガス・リョサ、クリストファー・J・コッホなどの著名な作家。ジュリーはまた、タイ、ベトナム、ラオス、インド、カンボジアの宗教、芸術、文化に関する特集作家でもありました。そしてコラムニストのための国家、バンコク、そしてザ・ストレーツ・タイムズ、シンガポール。
結婚と子供
彼女はジャーナリストで作家のハリッシュC.メタと結婚しています。
公開された作品
フンセン:ハリッシュC.メタと共著したカンボジアのストロングマン(Graham Brash、1999)
Dance of Life:カンボジア文化の神話、歴史、政治(Graham Brash、2001)
バンコク:市場を歩く。バンコク:A&M Media、2002年。
トロントのプレアデス劇場の劇場メンバー、翻訳ユニットの翻訳:ラビンドラナートタゴールの演劇「郵便局」をベンガル語から英語に翻訳しました。この劇は、2011年5月7日から6月4日まで、カナダのインドの年のお祝いとしてトロントで行われました。
本の章:
「オンダーチェの無分別な声:歴史を思い出すために家族の絆を追跡する。」オーストラレーシア-アジア:変化、紛争、収斂。エド。シンシアヴァンデンドライセン。Swan-Longmans、2010年。
「フェミニンの再構成:クメールラーマーヤナのネアンセダ(シーター)のリアル、リール、リエルの生活。」国際ラーマーヤナコレクション。エドガウリクリシュナン、国家遺産局、シンガポール、2010年。
「ラビンドラナート・タゴールのグローバルな魂:ナショナリズムとリベラリズムの間の飛行中。」エド。キャスリーンオコネルとジョセフオコネル。ヴィシュワバラティ大学、インド、コルカタ、特集号、2009年。
「日本の鎖国文化における外人であることと女性であること:メイラチャンドのゴッサマーフライにおける文化的亡命」。アジアを書くことにおいて:英語の文学。ボリューム1:内側から。エド。Edwin Thumboo、Ethos Books、シンガポール、2007年。
「アミタヴ・ゴーシュの空腹の潮の水景における文化的衝突。」L’eau et les mondes indiens(Water and the Indian Worlds)で、SARIの支援の下、フランス、ジョンザック、2007年。
「タイとクメール文化のラーマーヤナ。」ラーマーヤナの章の再考。エド。マンダクランタボズ。ニューヨーク:オックスフォード大学出版局、2004年。
参考文献
^ 「アーカイブされたコピー」。2011年5月24日にオリジナルからアーカイブされました。 CS1 maint:推奨されないパラメーター(リンク)CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク) ^ B 「アーカイブコピー」。アーカイブされたオリジナルの2008年12月21日に。
CS1 maint:推奨されないパラメーター(リンク)CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク)

投稿日:
カテゴリー: Ju