MAfestivalブルージュ

MAfestival_Brugge
MAフェスティバルブルージュ、祭りのために短いムジカAntiquaのブルージュでブルージュ、ベルギーのお祭りです古楽や古楽器1960年にスタートし、プログラムはコンサート、含まれるマスタークラス、会議、地域の訪問、展示会、楽器をオルガン、ハープシコード、ピアノフォルテ、その他の時代の楽器、ボーカル、バロックアンサンブルに3年周期で集中する市場および国際大会。専門フェスティバルはフランダースフェスティバルの一部です。
MAフェスティバル
ジャンル
古楽
日付
毎年8月
場所
ブルージュ、ベルギー
主催
MAフェスティバル
ウェブサイト
https://mafestival.be/en/news
内容
1 歴史
2 祭りの使命
3 コンペ
3.1 オルガンの国際コンクールと2000年以降の古楽アンサンブルの国際コンクール 3.2 チェンバロ、通奏低音、1983年以降はピアノフォルテの国際コンクール 3.3 国際コンクールムジカアンティクア:リコーダーやその他の楽器、ボーカル、そして(1996年まで)アンサンブル
4 コンサート
5 VéloBaroque
6 毎年恒例のテーマ
7 パートナー
8 文献 9 CD 10 外部リンク
歴史
ブルージュ市は1960年にフランダースフェスティバルに参加しました。初期の頃は、主にヨーロッパが所有するフランドル派の原始人の隔年展示会に重点が置かれていました。フランダースフェスティバルがほぼ音楽的な方向に進化したことを考えると、ブルージュでも音楽のパートを編成するというアイデアが徐々に成長しました。これを達成するために、1962年に非営利団体が設立されました。ピエールヴェナンメ市長と2人の市会議員が、主に音楽部門に所属していた人々(Kamiel D’Hooghe、Jan Briers、Robrecht)とともに、市を代表して創設者の1人になりました。 Dewitte、Herman Sabbe、CanonPaulFrançois、Raymond Van Wassenhove)。1963年に「オルガンデイズ」が開催されました。最初の公式フェスティバルは1964年に開催されました。
その年から2004年まで、フェスティバルは共同創設者であり原動力であるRobrechtDewitteが主導しました。
主催者は、音楽パフォーマンスの進化についての知識を持っている専門家に良いアドバイスを求めました。その中には、グスタフ・レオンハルト、カミエル・ドゥーゲ、教授がいます。マルセル・ボエレブーム教授 Jozef Robijns、Pieter Enriessen、JohanHuys。
管理タスクは、2004年以降次のように引き継がれました。
•2004-2005:バート・デモイト。
•2005-2007:Stefan Dewitte;
•2007-2009:TomasBisschopとHendrikStorme;
•2009-2019:Tomas Bisschop;
現在のディレクターは、Tomas Bisschop(芸術監督)とGoedele Bartholomeeusen(ビジネスディレクター)です。
祭りの使命
彼らは当初から、街の過去のハイライトを示し、スペシャリスト、パフォーマー、楽器メーカー、教育者、学生、音楽愛好家のための待ち合わせ場所を提供したいと考えていました。
この道は、1961年からブルージュでプロムジカアンティクアとの夏のコースの調子を整えたサフォードケープによって準備されていました。1964年から、競技会の組織は、定期的に連続する3年周期の中で具体的な用語で作成されました。すぐに、フェスティバルの活気とイメージをサポートし、主催者が若い世代に広めているアイデアを紹介する主な機会として、これらのコンテストにも重点が置かれました。
音楽制作は、展示会や見本市、通訳コースやマスタークラス、フォーラム、講義、フランダースの歴史的な楽器へのガイド付き訪問によって補完されています。コンサートのパフォーマンスは、1800年頃まであまり知られていない音楽に焦点を当てています。
コンペ
この権威ある国際コンペティションの初版以来、MAコンペティションはトレーニングと専門家の統合および若い有望な才能との出会いのためのユニークなプラットフォームとしての地位を確立してきました。それは芸術的プロセスと平等、多様性、包含を含むいくつかの重要な価値観を積極的にサポートします。
MAコンクールは1964年にオルガンのトリエンナーレコンクールで始まり、1965年にはチェンバロと通奏低音のトリエンナーレコンクールが続き、1983年からはピアノフォルテも行われました。1972年にリコーダーを含むように競争が拡大され、アンサンブルの競争も開始されました(2000年からのオルガンの競争と一致しました)。バロック楽器のプログラムはますます広範になりました。リストを完成させた:トラヴェルソ、バロックオーボエ、リュート、コルネット、バロックヴァイオリンとチェロ、ヴィオラデガンバ… 1984年以来、歌も取り上げられています。
2020年のコロナパンデミックにより、MAコンペティションは1969年以来初めて開催されませんでした。組織の迅速かつ効率的なオーバーホールのおかげで、残りのプログラミングはオンラインで継続できました。この危機もあって、2021年にフェスティバルの組織は状況に適応し、コンテストの最初のラウンドはデジタルで行われました。今年から、この大会は隔年で開催され、鍵盤楽器(チェンバロとピアノフォルテ)とメロディック楽器(トラヴェルソ、リコーダー、バロックオーボエ、バロックヴァイオリン、バロックチェロ、ヴィオラダガンバ)が交互に演奏されます。
2008年以降、最優秀賞の受賞者は、賞金に加えて、ベルギーおよび海外で開催される一連のコンサートに招待されるチャンスを獲得します。これには、MAコンペティションの次のエディションでの保証された場所も含まれます。さらに、2013年以降、候補者の1人が国際的に有名なRicercarレーベルでCDを録音する機会が
オルガンの国際コンクールと2000年以降の古楽アンサンブルの国際コンクール 1964年 審査員:キャサリン・クロージャー、アルバート・デ・クラーク、カミエル・ドゥーゲ、ポール・フランソワ、ハンス・クロッツ、失明したオルガニスト、ガストン・リテーズ
候補者数:30名
受賞者:1位:Niels Henrik Nielsen(デンマーク)-2位:Rolf Stenholm(スウェーデン)-3位:Gerard Gillen(アイルランド)-4位:RenéRakier(オランダ)-5位:Chris Dubois(ベルギー) 1967年 審査員:Kamiel D’Hooghe、Wolfgang Auler、Norbert Dufourcq、PaulFrançois 、Piet Kee
候補者数:24
受賞者:1位:GüntherKaunzinger(ドイツ)-2位:Jack Hennigan(米国)-3位:Bengt Berg(スウェーデン)-4位:LeoKrämer(ドイツ) 1970年 審査員:ミシェル・シャピュイ、カミエル・ドゥーゲ、ポール・フランソワ、フリードリッヒ・ヘグナー、ピーター・ハーフォード
候補者数:45名
受賞者:2位:ルーシー・マッデン(カナダ)&ウラジミール・ルソ(チェコスロバキア)-3位:ヘレン・デュガル(カナダ)-4位:M。シュミット(スイス) 1973年 審査員:カミエル・ドゥーゲ、ルートヴィヒ・ドーア、バーナード・ラガセ、ライオネル・ロッグ、ダビド・ピサーロ、ガブリエル・ヴェルシュレーゲン
候補者数:53
受賞者:1位:RéjeanPoirier(カナダ)-2位:Dee Ann Crossley(米国)-3位:Bram Beekman(オランダ)、MartinLücker(ドイツ)、Bernhard Marx(ドイツ) 1976年 審査員:グザヴィエ・ダラッセ、アルバート・デ・クラーク、ルートヴィヒ・ドーア、バーナード・ラガセ、ピエール・セゴンド、ガブリエル・ヴェルシュレーゲン、ポール・フランソワ(会長)
候補者数:84名
受賞者:1位:Istvan Ella(ハンガリー)-2位:Christa Rakich(米国)-3位:Alfred Halbartschlager(オーストリア)-4位:Roman Summereder(オーストリア)-5位:WolframSyré(ドイツ) 1979年 審査員:ニコラス・ダンビー、グザヴィエ・ダラッセ、トン・コープマン、バーナード・ラガセ、ミヒャエル・ラドゥレスク、ガブリエル・ヴェルシュレーゲン
候補者数:80名
受賞者:1位:James David Christie(米国)-2位:Michael Kapsner(ドイツ)-Karol Golebiowski(ポーランド)-4位:Robert Bates(米国)&WolfgangGlüxam(オーストリア) 1982年 審査員:Robert Enerson、Odile Bailleux、Chris Dubois、Johan Huys、Ton Koopman、Michael Radulescu、Jean-Claude Zehnder
候補者数:臓器:64-臓器陽性:8
受賞者オルガン:1位:Wolfgang Zerer(ドイツ)-2位:Guido Mayer(オーストリア)&Reitze Smits(オランダ)-3位:鈴木正明(日本)-4位:GillesHarlé(フランス)
オルガンポジティブ賞受賞者:2位:Wolfgang Zerer(ドイツ)-3位:Geert Bierling(オランダ)&John Finney(米国) 1985年 審査員:ジェームズ・デイヴィッド・クリスティー、グザヴィエ・ダラッセ、スタニスラス・デリエマーカー、ヨハン・ホイス、トン・コープマン、サイモン・プレストン、ミヒャエル・ラドゥレスク
候補者数:85名
受賞者:2位:Christoph Anselm Noll(ドイツ)-3位:Isolde Kittel(ドイツ)-4位:Patrick Ayrton(イギリス)&Markus Malin(オーストラリア)-5位:David Adams(アイルランド)&Enrea Marcon(イタリア)
laureaat Bachprize:Michael Kapsner(ドイツ)-名誉ある言及:Geert Bierling(オランダ) 1988年 審査員:ジェームズ・デイヴィッド・クリスティー、グザヴィエ・ダラッセ、ヨハン・ホイス、トン・コープマン、レオ・クレーマー、ミヒャエル・ラドゥレスク
候補者数:79名
受賞者:2位:Bine Katrine Bryndorf(デンマーク)&Gerhard Gnann(ドイツ)-4位:N.Imaï(日本) 1991 審査員:ジェームズ・デイヴィッド・クリスティー、グザヴィエ・ダラッセ、ヨハン・ホイス、レオ・クレーマー、ミヒャエル・ラドゥレスク、ルイジ・フェルディナンド・タリアヴィーニ
候補者数:45名
受賞者:1位:ベルンハルト・クラププロット(ドイツ)-3位:ルカ・アントニオッティ(イタリア)&伊藤順子(日本)-4位:和田純子(日本) 1994年 審査員:Jean Boyer、Dorthy de Rooij、Johan Huys、EnréLuy、Karl Maureen、Luigi Ferdinando Tagliavini
候補者数:ソロ:58-デュオ(オルガンポジティブ):28
受賞者オルガン:1位:David Yearsley(アメリカ)-2位:Luca Antoniotti(イタリア)-3位:Roberto Menichetti(イタリア)-4位:Luca Scenali(イタリア)&Enrea Vannucchi(イタリア)
受賞者デュオ:1位:AntonioGalantiとEnreaVannucchi(イタリア)&Annette Richards(イギリス)とDavid Yearsley(アメリカ)-2位:Hadrien Jourdan(スイス)とJean-ChristopheLeclère(フランス)-3位:ChristopheKörberとクリスチャンリヒター(ドイツ) 1997年 審査員:Jean Boyer、Dorthy de Rooij、Lorenzo Ghielmi、Johan Huys、MartinLücker、Michael Radulescu
候補者数:オルガン:38-デュオ(オルガンポジティブ):18
受賞者オルガン:1位:フランシス・ジェイコブ(フランス)-2位:廣江理恵(日本)&ダミアン・サイモン(フランス)-3位:ヴィム・ウィンタース(ベルギー)
受賞者デュオ:1位:Edita Keglerova&Iva Vedralova(チェコ共和国)-2位:Olivier Fortin&Karoline Leblanc(カナダ)-Sebastien Guillot&Pascal Dubreuil(フランス)-3位:Debora Villani&Maurizio Stefania(イタリア) 2000 審査員オルガン:ミシェル・ブヴァール、バイン・カトリン・ブリンドルフ、ヨハン・ホイス、ドーシー・ド・ルーイ、エンレア・マルコン、ヴォルフガング・ゼラー
審査員アンサンブル:Bine Katrine Bryndorf、Johan Huys、MaríaCristinaKiehr、Enrea Marcon、Philip Pickett、Agata Sapiecha
候補者数:オルガン:45-アンサンブル:16
受賞者オルガン:1位:Tobias Lindner(ドイツ)-2位:FrédéricChampion(フランス)&ErichMichaelTürk(Roemenië)-3位:Hye-Sun Park(韓国)&Christian Schmitt(ドイツ)
受賞者アンサンブル:1位:La Trulla de Bozes(スペイン)-2位:La Calendola&La Fontaine Tokyo(日本)-3位:Les Cornets Noirs(ドイツ) 2003年 審査員オルガン:ヨハネス・ゲフェルト、ヨハネス・ホイス、エンレア・マルコン、ヨリス・バードン、デビッド・イヤーズリー
審査員アンサンブル:Florian Heyerick、Johan Huys、MaríaCristinaKiehr、Agata Sapiecha、Stevie Wishart
候補者数:オルガン:49-アンサンブル:21
受賞者オルガン:1位:Marketa Reindlova(チェコ共和国)-2位:Maude Gratton(フランス)-3位:Benjamin Righetti(スイス)-4位:Els Biesemans(ベルギー)&Francesco Pedrini(イタリア)
受賞者アンサンブル:1位:L’Ornamento(ドイツ)-2位:Maude Gratton&Rossi Piceno(国際)-3位:La Loge Olympique(フランス)&Ensemble Esperanto(ポーランド-ドイツ) 2006年 審査員オルガン:ミシェル・ブヴァール、ジャン・フェラード、ヨハネス・ゲフェルト、ロレンツォ・ギエルミ、ヨハン・ホイス、デビッド・イヤーズリー
審査員アンサンブル:ヤン・デ・ウィネ、ヨハン・ホイス、リンダ・ニコルソン、アガタ・サピエチャ、バルバラ・シュリック
候補者数:オルガン:45-アンサンブル:12
受賞者オルガン:1位Wolfgang Kogert(オーストリア)-2位:Wouter Koelewijn(オランダ)-3位:Paul Goussot(フランス)-4位:Bart Jacobs(ベルギー)-5位:Krzysztof Pawlisz(ポーランド)-
受賞者アンサンブル:バロックアンサンブル:1位:Xacona-2位:Wooden Voices-アンサンブルモーツァルト:1位:Duo Shichijo-Yamaguchi&QuatuorFratres。 2009年 審査員オルガン:ニコラウ・デ・フィゲイレド、ヨハネス・ゲフェルト、ロレンツォ・ギエルミ、テオ・ジェレマ、ヨハネス・ホイス
審査員アンサンブル:ブルース・ディッキー、ドミニク・ヴィス、ヨハン・ホイス
候補者数:オルガン:10-アンサンブル:14
受賞者オルガン:1位Ben Van Nespen(ベルギー)-2位:Jean-Philippe Merckaert(ベルギー)-3位:Simone Vebber(イタリア)-Laureaat:Litz Aoki
受賞者アンサンブル:1位:レ・ティンブルのアンサンブル版画-2位ex aequo:アンサンブルディアマンテ&ラルトデュボワ
チェンバロ、通奏低音、1983年以降はピアノフォルテの国際コンクール 1965年 審査員:グスタフ・レオンハルト、ロベール・ヴェイロン・ラクロワ、エメ・ヴァン・ド・ウィーレ、リー・シュターデルマン。
候補者数:25
受賞者:2位:クリステアーヌジャコット(スイス)、佳作:ロスヴィータトリムボーン(ドイツ) 1968年 審査員:グスタフ・レオンハルト、イゾルデ・アールグリム、サーストン・ダート、ロベール・ヴェイロン・ラクロワ、チャールズ・ケーニッヒ
候補者数:36
受賞者:2位:マーサ・ブリックマン(カナダ)&ズザ・ペルティス(ハンガリー)-3位:アン・ガレ(スイス)-4位:コリン・ティルニー(イギリス)-5位:ヨハン・ソンライトナー(オーストリア)
証明書:トン・コープマン(オランダ)-スコット・ロス(米国)-ロスヴィータ・トリムボーン(ドイツ)
受賞者通奏低音:1位:トン・コープマン(オランダ)-2位:コリン・ティルニー(イギリス) 1971年 審査員:イゾルデ・アールグリム、ケネス・ギルバート、チャールズ・ケーニッヒ、グスタフ・レオンハルト、レイモンド・シュロイエンス、コリン・ティルニー、ロベール・ヴェイロン・ラクロワ
候補者数:33
受賞者:1位:スコット・ロス(アメリカ)、2位:ジョン・ホワイトロー(カナダ)、3位:クリストファー・ファー(イギリス)、5位:アレクサンダー・ソン(中国香港)
受賞者通奏低音:2等:クリストファー・ファー(イギリス)
佳作:クリストファー・ホグウッド(イギリス) 1974 審査員:ヘトヴィヒ・ビルグラム、クリステアーヌ・ジャコット、アラン・カーティス、ケネス・ギルバート、グスタフ・レオンハルト、コリン・ティルニー、ジョゼフ・ロビンス
候補者数:41
受賞者:2位:ヘンク・カッパーズ(オランダ)-3位:エリック・リン・ケリー(アメリカ)&マーティン・パールマン(アメリカ)-4位:ゴードン・マレー(カナダ)-5位:ラリー・フィリップス(アメリカ) 1977 審査員:Isolde Ahlgrimm、Christiane Jaccottet、Johan Huys、Gustav Leonhardt、Herbert Tachezi、Colin Tilney、Jos Van Immerseel
候補者数:64
受賞者:2位:FrançoiseLengellé(フランス)-4位:Michel Kiener(スイス)&Christopher Kite(イギリス) 1980年 審査員:ケネス・ギルバート、ロバート・コーネン、グスタフ・レオンハルト、スコット・ロス、ヨハン・ゾンライトナー、ヘルベルト・タヘジ
候補者数:82名
受賞者チェンバロ:2位:グレンウィルソン(アメリカ)-3位:ベアトリスベルステル(フランス)&シャーロットマタックス(アメリカ)-4位:マルコムプラウド(アイルランド)-5位:ケティルハウグセン(ノルウェー)
通奏低音:2位:グレン・ウィルソン(アメリカ)&鈴木雅明(日本) 1983年 審査員:ケネス・ギルバート、クリストファー・ホグウッド、ヨハン・ホイス、グスタフ・レオンハルト、トレヴァー・ピノック、ヨハン・ゾンライトナー、ヘルベルト・タヘジ
候補者数:チェンバロ:61-ピアノフォルテ:7
受賞者チェンバロ:1位:クリストフ・ルセット(フランス)-2位:ピエール・アンタイ(フランス)-3位:曽島恭子(日本)-5位:ボルバラ・ドボジ(ハンガリー)
受賞者pianoforte:2位:Linda Nicholson(イギリス)&FrançoisVerry(フランス)-3位:David Mason(イギリス) 1986 審査員:ケネス・ギルバート、ヨハン・ホイス、グスタフ・レオンハルト、スコット・ロス、ヘルベルト・タヘジ、ヨス・ファン・イマーシール
候補者数:チェンバロ:74-ピアノフォルテ:18
受賞者チェンバロ:2位:桑形明子(日本)&高橋美幸(日本)-3位:オッタヴィオ・ダントン(イタリア)-4位:クリスティン・ウィッフェン(イギリス)-5位:曽根まやこ(日本)
受賞者ピアノフォルテ:1位:ジョフリー・ランカスター(オーストラリア)&バート・ファン・オールト(オランダ)-2位:コジジマヨシコ(日本)-3位:ジャンニ・ガンビ(イタリア) 1989年 審査員:ケネス・ギルバート、ヨハン・ホイス、グスタフ・レオンハルト、ヨハン・ゾンライトナー、ヨス・ファン・イマーシール、グレン・ウィルソン
候補者数:チェンバロ:59-ピアノフォルテ:21
受賞者チェンバロ:1位:ニコラス・パール(オーストラリア)-3位:ジョヴァンカ・マービル(スイス)&ケネス・ワイス(アメリカ)
受賞者ピアノフォルテ:2位:ヴォルフガング・ブルナー(ドイツ)-4位:テレサ・ボガード(アメリカ)、グイド・メイヤー(オーストリア)-5位:宮坂淳子(日本) 1992年 審査員:イェスパー・クリステンセン、スタンリー・フーグレン、ヨハン・ホイス、フランソワーズ・レンゲレ、グスタフ・レオンハルト、ゴードン・マレー、ヨハン・ゾンライトナー、グレン・ウィルソン
候補者数:チェンバロ:75-ピアノフォルテ:30
受賞者チェンバロ:2位:Blenine Rannou(フランス)-4位:Yves Rechsteiner(スイス)
受賞者pianoforte:2位:Enrij Kutasevich(ウクライナ)&Henrike Seitz(ドイツ-3位:Natalja Solotych(ウクライナ)-4位:Carole Cerasi(スウェーデン) 1995年 審査員:Abraham Abreu、JesperBøjeChristensen、Johan Huys、Geoffrey Lancaster、Gustav Leonhardt、Davitt Moroney、Gordon Murray、LudgerRémy
候補者数:チェンバロ:103-ピアノフォルテ:26
受賞者チェンバロ:3位:Roberto Menichetti(イタリア)-4位:Katrina Brown(オーストラリア)&Giampietro Rosato(イタリア)
受賞者pianoforte:1位:小倉貴久子(日本)-Florian Birsak(オーストリア)-3位:Arthur Schoonderwoerd(オランダ)&Bart Van Sambeek(オランダ) 1998年 審査員:FrançoiseLengellé、Wolfgang Brunner、JesperBøjeChristensen、Johan Huys、Gustav Leonhardt、Davitt Moroney、LudgerRémy
候補者数:チェンバロ:99-ピアノフォルテ:29
受賞者チェンバロ:1位:ベアトリス・マーティン-2位:ハッポ・ハッキネン(フィンランド)-3位:クリスチャン・キュイラー(フランス)-4位:マイケル・スポンセラー(アメリカ)
受賞者pianoforte:Elena Privano-Karl(ドイツ)&Soo-Huyen Park(韓国) 2001年 審査員:チェンバロ:ボルバラ・ドボジー、イェスパー・ボジェ・クリステンセン、ヨハン・ホイス、グスタフ・レオンハルト、デイヴィット・モロニー、ルドガー・レミ、クリストフ・ルセ
審査員ピアノフォルテ:ウルフギャング・ブルナー、ヨハン・ホイス、リンダ・ニコルソン、ルドガー・レミ、バート・ファン・オール
候補者数:チェンバロ:109-ピアノフォルテ:33
受賞者チェンバロ:3位:Isabelle Sauveur(フランス)-4位:Michael Sponseller(アメリカ)&StéphaneGuion-Fuget(フランス)-5位:JohannesHämmerle(オーストリア)
受賞者pianoforte:1位:Kris BeSouthenhout(オーストラリア)-2位:Jerry Jantunen(フィンランド)-3位:平井千絵(日本)-4位:RémyCardinale(フランス) 2004年 審査員チェンバロ:ブレニン・ラノウ、ケティル・ハウグセン、ヨハン・ホイス、グスタフ・レオンハルト、デイヴィット・モロニー、ルドガー・レミ
審査員ピアノフォルテ:ウルフギャング・ブルナー、ヨハン・ホイス、リンダ・ニコルソン、アレクセイ・リュビモフ、ルドガー・レミ、バート・ファン・オールト
チェンバロとピアノフォルテの候補者数:137
受賞者チェンバロ:1位:Benjamin Alard(フランス)-2位:Maria Uspenskaya(ロシア)-3位:Adam Pearl(米国)&Mikhail Yardzhembovskiy(ロシア)
受賞者pianoforte:2位:Keiko Schich ijo(日本)-3位:Maria Uspenskaya(ロシア)&Irina Zahharenkova(エストニア)-4位:Nicoleta Ion(ルーマニア) 2007年 審査員チェンバロ:ケティル・ハウグセン、ヨハン・ホイス、フランソワーズ・レンゲレ、グスタフ・レオンハルト、デイヴィット・モロニー
審査員のピアノフォルテ:ウルフギャング・ブルナー、クレア・シュヴァリエ、アレクセイ・リュビモフ、リンダ・ニコルソン、ルドガー・レミ、バート・ファン・オールト
候補者数:チェンバロ:71-ピアノフォルテ:41
受賞者チェンバロ:2位Ex Aequo:Julien Wolfs(ベルギー)&Francesco Corti(イタリア)-3位:松岡朋子(日本)-4位:Susan Toman(カナダ)-5位:山本真澄(日本)
受賞者pianoforte:2位:Stefania Neonato(イタリア)-3位:Alexenra Koreneva(ロシア)&Olga Enryushchenko(ロシア) 2010年 審査員チェンバロ:ヨハン・ホイス、フレデリック・ハース、グスタフ・レオンハルト、ベアトリス・マーティン、クリス・ヴェルヘルスト
審査員ピアノフォルテ:ルドガー・レミ、クレア・シュヴァリエ、アレクセイ・リュビモフ、リンダ・ニコルソン、バート・ファン・オールト
候補者数:チェンバロ74-ピアノフォルテ:26
受賞者チェンバロ:2位:グンジカズヤ(日本)&マキシムエメリャニチェフ(ロシア)-3位:パオロザンズ(イタリア)&スタニスラフグレ(ロシア)
受賞者pianoforte:一等賞:Petra Somlai(ハンガリー)-2等賞:Olga Pashchenko(ロシア)-3等賞:KseniaSemënova(ロシア)-ファイナリスト:Anthony Romaniuk(米国) 2012年 審査員チェンバロ:ヨハン・ホイス、クリスティン・ショーンズハイム、スキップ・サンペ、メノー・ファン・デルフト、ケネス・ワイス
候補者数:36
受賞者:1位:マーク・エドワーズ(カナダ)とジャン・ロンド(フランス)-2位:オルガ・パシュチェンコ(ロシア) 2013年 審査員ピアノフォルテ:ヨハン・ホイス、ウルフギャング・ブルナー、アレクセイ・リュビモフ、クリスティン・ショーンズハイム、バート・ファン・オールト
候補者数:30名
受賞者:1等賞/西フランダース州賞:エリザベタミラー(RU)-2等賞:ギリロフタス(CA / IL)-3等賞:芳賀美穂(JP)-外部賞:ボビーミッチェル-一般賞:ギリ・ロフタス(CA / IL) 2015年 審査員チェンバロ:ヨハン・ホイス、リチャード・エガー、エンレア・マルコン、ベアトリス・マーティン、クリスティン・ショーンズハイム
候補者数:60名
受賞者:1位:ジャスティン・テイラー(フランス)-2位:ソフィア・ジェニリアン(ロシア)-3位:メリセン・マクナブニー(カナダ)-佳作:エレーヌ・ディオ(フランス)-ナジャ・レサウルニエ(フランス) 2016年 審査員ピアノフォルテ:ヨハン・ホイス、ピート・クイケン、アレクセイ・リュビモフ、クリスティン・ショーンズハイム、バート・ファン・オールト
候補者数:36
受賞者:2位:川口ナルヒコ(日本)-Viacheslev Shelepov(ロシア)3位:MartinNöbauer(オーストラリア)佳作:Carlos Goicoechea-ESOuthere賞:川口ナルヒコ-JP 2018年 審査員チェンバロ:ヨハン・ホイス、キャロル・セラシ、アンドレア・マルコン、オルガ・マルティノヴァ、スキップ・サンペ、メノー・ファン・デルフト
候補者数:77
受賞者:1位:Andrea Buccarella(イタリア)-2位:Alexander von HeiBen(ドイツ)-3位:Anastasia Antonova(ロシア)&Critsiano Gaudio(イタリア)一般賞:Rossella Policardo(イタリア) 2019年 審査員ピアノフォルテ:ヨハン・ホイス、ウルフギャング・ブルナー、ピエト・カイケン、バート・ファン・オールト、クリスティン・ショーンズハイム、七条恵子
受賞者:1位:Aurelia Visovan(ルーマニア)-2位:Dmitry Ablogin(ロシア)-3位:Emil Duncumb(No / Uk / Hr)佳作:Ekaterina Polyakova(ロシア)佳作:Tzu Yu Yang(中国台湾)賞公衆の:Dmitry Ablogin(ロシア)
国際コンクールムジカアンティクア:リコーダーやその他の楽器、ボーカル、そして(1996年まで)アンサンブル 1972年 審査員:ルース・ダイソン、シルバ・デボス、フランス・ブリュッヘン、フェルディナンド・コンラッド、ハンス・マルティン・リンデ、ウィーレン・カイケン
候補者数:リコーダー:41-アンサンブル:8
受賞者:リコーダー:2位:コンラッド・シュタインマン(スイス)-3位:リカルド・カンジ(ブラジル)&マリオン・ヴェルブルゲン(オランダ)
受賞者アンサンブル:2位:Huelgas Ensemble(ベルギー)-4位:KölnerBlockflötenensemble(ドイツ) 1975 審査員:ヨゼフRobijns、社長、シルバDEVOS、フランス・ブリュッヘン、カールDolmetsch、ギュンター大声、Wielenクイケン、グスタフScheck、フリードリヒ・フォン・ヒューネ、横山勝也
候補者数:リコーダー:38-トラヴェルソ:15-アンサンブル:9
受賞者:リコーダー:geen-traverso:1位:有田M.(日本)-4位:W。Hazelzet(オランダ)
受賞者アンサンブル:1位:東京レコーダーカルテット(日本)-2位:サラトガ(フランス)-3位:プファイファーガッセザルツブルク(オーストリア) 1978年 審査員:Anner Bijlsma、Barthold Kuijken、Hans-Martin Linde、Colin Tilney、Paul Van Nevel
候補者数:アンサンブル:18
受賞者:カテゴリーI:2等賞:Duo J.Cohan-St。Stubbs(USA)-カテゴリーII:3位:Collegium Musicumブダペスト(ハンガリー)&Les Ennemis Confus(ベルギー) 1981年 審査員:RenéClemencic、Christopher Hogwood、Johan Huys、Hans-Martin Linde、Judith Nelson、JaapSchröder
候補者数:ボーカル:9-バロックチェロ:2-バロックオーボエ:1-バロックトラヴェルソ:10-バロックヴァイオリン:2-レコーダー:28-ヴィオラダガンバ:1-
候補アンサンブルの数:10
受賞者ソリ:2位:トラヴェルソ:小川T.(日本)– 3人のベルギー人が名誉ある言及を受けました:マルセルポンゼーレ(バロックオーボエ)、フィリップピエルロ(ガンバ)、G。ハルセン(リコーダー)。
受賞者アンサンブル:2位:アムステルダム・ルッキ・スターダスト・カルテット(オランダ) 1984年 審査員:ジュディス・ネルソン、イングリッド・ザイフェルト、レネー・クレメンチッチ、ヨハンHuysの、コンラッド・ジャンガネル、ハンス・マルティン・リンデ、パトリックPeire
候補者数ソリ:リコーダー:36-バロックチェロ:1-バロックオーボエ:1-バロックヴァイオリン:5-リュート:12-トラヴェルソ:4-ヴィオラダガンバ:6-ボーカル:6
候補アンサンブルの数:12
受賞者:ソリ:2位:リコーダー:アルド・アブレイユ(ベネズエラ)&J。トール(オランダ)-リュート:ロバート・バルト(米国)-3位:バロック・ヴォーカル:D。ミンスター(米国)-バロック・ヴァイオリン:M。ユータイガー(米国)
受賞者アンサンブル:1位:Lous Lenes Consort(フランス)-2位:Fontana Musicale Wien(オーストリア) 1987年 審査員:Anthony Bailes、Jessica Cash、Bruce Dickey、Johan Huys、Barthold Kuijken、MarcelPerès、Nigel Rogers、Jordi Savall、Paul Van Nevel
候補者数:ソリ:52-アンサンブル:14
受賞者:traverso:2位:Jan De Winne(ベルギー)-レコーダー:4位:B。Karst(ドイツ) 1990年 審査員:Robert Barto、Johan Huys、Marie Leonhardt、Hans-Martin Linde、Barbara Schlick、August Wenzinger
候補者数:バロックヴァイオリン:4-リコーダー:47-ヴィオラダガンバ:4-リュート:12-トラヴェルソ:18-ボーカル:22-アンサンブル:19
受賞者:1位:リコーダー:Matthias Maute(ドイツ)-2位:リュート:Joachim Held(ドイツ)-3位:traverso:Isabelle Lamfalussy(ベルギー)&ボーカル:Kai Wessel(ドイツ)
受賞者アンサンブル:1位:La Fenice(アンサンブル)(フランス)&Vier op’n rij(アンサンブル)(ベルギー)-2位:La Folia(アンサンブル)(オーストリア)。 1993年 審査員:レネー・クレメンチッチ、エンリコ・ガッティ、ヨハン・ホイス、バルトルド・クイケン、ジュディス・ネルソン、佐藤豊彦、パウル・ファン・ネーベル
候補者数:バロックオーボエ:8-バロックヴァイオリン:5-リコーダー:54-リュート:7-トラヴェルソ:19-ボーカル:27-アンサンブル:19
受賞者:traverso:1位:Kate Clark(オーストラリア)-ボーカル:2位:Elisabeth Scholl(ドイツ)-レコーダー:3位:MichaëlForm(ドイツ)-バロックヴァイオリン:3位:HélèneSchmitt(フランス)-ボーカル:4位賞品:千夏木島(日本) -バロック・オーボエ:第四賞:アン・ヴァンLancker(ベルギー)
受賞者アンサンブル:1位:Trio Van Beethoven(日本)-2位:FlûteHarmonique(ドイツ)-3位:Lesagréments(カナダ)-4位:Les Hauts et les Bas(スイス) 1996年 審査員:キアラ・バンチーニ、ウィーレン・カイケン、バルバラ・シュリック、フィリップ・ピケット、ギュンター・ヘラー、佐藤豊彦、ヨハン・ホイス
候補者数:リコーダー:42-リュート:8-弦楽器:17-トラヴェルソ:21-ボーカル:28
候補者アンサンブルの数:27
受賞者:ソリステン:1位:トラヴェルソ:ベネデク・サログ(ハンガリー)-2位:ボーカル:小林悠(日本)-3位:ガンバ:イムケ・デビッド(ドイツ)-4位:ボーカル:ヘドヴィグ・オーベルグ(スウェーデン)-5位:ボーカル:Jan Van Elsacker(ベルギー)-6位:レコーダー:Martin Schmeding(ドイツ)-7位:バロックチェロ:MimèYamahiro(日本)
受賞者アンサンブル:1位:トリオエロイカ-2位:カロリニアンコンソート-3位:レキャトル 1999年 審査員:アガタ・サピエチャ、バルバラ・シュリック、パオロ・グラッツィ、ヨハン・ホイス、バルトルド・クイケン、ウィーレン・クイケン、佐藤豊彦、マリウス・ファン・アルテナ
候補者の数:
受賞者:1位:ヴァイオリン:桐山武(日本)-2位:リコーダー:ルース・ヴァン・キレゲム(ベルギー)&トラヴェルソ:前田リリコ(日本)-3等:トラヴェルソ:菅清美(日本)&ボーカル:エリザベス・ホルメルツ(スウェーデン) )-4等:ボーカル:Knut Schoch(ドイツ)、-5等:リコーダー:CarlesVallés(スペイン) 2002年 審査員:有田正広、パトリック・ブッケルズ、ディエゴ・ファソリス、ヨハン・ホイス、エヴァ・レジェン・エネルソン、マルセル・ポンゼーレ、バルバラ・シュリック、ヤープ・テル・リンデン、ルーシー・ファン・ダール
候補者数:ボーカル:51-リコーダー:39-トラヴェルソ:25-オーボエ:4-バイオリン:12-チェロ:11
受賞者:1位:ヴァイオリン:フィオレンツァ・デ・ドナティス(スイス)-2位:テノール:桜田誠(日本))-3位:アルトゥス:ヨセメ・アジェイ(ドイツ)-4位:トラヴェルソ:ジョージズ・バーテル(フランス)-5位:altus:Alexander Schneider(ドイツ)-6de賞:ex aequo cello:Marian Minnen(Belgium)、tenor:Seung-Hee Park、cello:Ariane Spiegel(Germany)、traverso:Stefanie Troffaes(Belgium) 2005年 審査員のボーカルとストリングス:Kees Boeke、Patricia Bovi、Jill Feldman、HélèneSchmitt、Marius van Altena
審査員の木管楽器とリュート:Johan Huys、Jan De Winne、Bruce Dickey、Michael Schneider、Paul O’dette
候補者数:ボーカル:38-バロックヴァイオリン:15-ヴィオラダガンバ:5-バロックチェロ:7-リコーダー:36-バロックオーボエ:7-コルネット:1-リュート:6-トラヴェルソ:20
受賞者:1位:ヴァイオリン:高橋美希(日本)-2位:リコーダー:宇治川朝政(日本)-3位:ヴァイオリン:スワンチェ・ホフマン(ドイツ)&トラヴェルソ:月木玲子(日本)-4位:ソプラノ:掛田直子(日本)-5位:チェロ:クレア・グラットン(フランス) 2008年 審査員:Jan De Winne、Vittorio Ghielmi、Johan Huys、Marcel Ponseele、Anton Steck、Florian Heyerick、Barbara Schlick、Jan Van Elsacker
候補者数:ヴァイオリン:22-ガンバ:18-リコーダー:41-トラヴェルソ:26-ボーカル:14
受賞者:1位:ヴァイオリン:ドミトリー・シンコフスキー(ロシア)-2位:オーボエ:ブノワ・ローラン(ベルギー)-3位:ヴァイオリン:平崎真弓(日本) 2011 トラヴェルソ、バロックヴァイオリン、バロックチェロ、ヴィオラダガンバのための国際コンクールムジカアンティクア。
審査員:ヤン・デ・ウィネ、ヨハン・ホイス、フィリップ・ピエルロ、アントン・シュテック、レイナー・ジッパーリング
候補者数:ヴァイオリン:15-トラヴェルソ:14-チェロ:14-ヴィオラダガンバ:7
受賞者:1位:トラヴェルソ:アン・フライターク-2位:ヴィオラ・ダ・ガンバ:ミリアム・リグノール-3位:ヴィオラ・ダ・ガンバ:ルシール・ブーランジェ-佳作:チェロ:山本徹。 2014年 リコーダー、バロックフルート、バロックヴァイオリン、バロックチェロ、ヴィオラダガンバのための国際コンペティションムジカアンティクア
審査員:Johan Huys、Amenine Beyer、Erik Bosgraaf、Jan De Winne、Sergei Istomin、Mieneke van der Velden
候補者数:60:リコーダー28-バロックフルート11-バロックチェロ12-バロックヴァイオリン11-ヴィオラダガンバ6。
受賞者:1位:バロックチェロ:Anna-Lena Perenthaler(ドイツ)-2位:ヴァイオリン:Fiona-Emilie Poupard(フランス)-3位:バロックチェロ:Hyngun Cho(クロアチア)&リコーダー:Jan Van Hoecke(ベルギー)EUBO開発トラストアワード:リコーダー:Jan Van Hoecke(ベルギー)佳作:viola da gamba:TeodoroBaù(イタリア) 2017年 リコーダー、トラヴェルソ、バロックオーボエ、バロックヴァイオリン、バロックチェロ、ヴィオラダガンバのための国際コンペティションMusica Antiqua 2017
審査員:Johan Huuys、Jan De Winne、XeniaLöffler、Dorothee Oberlinger、Enrico Onofri、Marco Testori、Mieneke van der Velden、Peter Van Heyghen
候補者数:124
受賞者:1位:バロックヴァイオリン:Evgenii Sviridov(ロシア)-2位:レコーダー:Yeuntae Jung(クロアチア)-3位:レコーダー:HyeonHo Jeon(クロアチア)EUBO Development Trust Award:レコーダー:Friederike Vollert(ドイツ)佳作:リコーダー:Friederike Vollert(ドイツ)&バロックヴァイオリン:Alfa Bakieva(ロシア)一般賞:バロックヴァイオリン:Evgenii Sviridov(ロシア) 2021年 リコーダー、トラヴェルソ、バロックオーボエ、バロックヴァイオリン、バロックチェロ、ヴィオラダガンバを対象とした国際コンペティションMusica Antiqua2021。
コンサート
フェスティバルは毎年、古楽に関する多くのコンサート、マスタークラス、ワークショップをプログラムしています。通常、イベントは特定のテーマに集中しています。2002年以来Concertgebouwで行われているいくつかの主要なコンサートと午後のコンサートに加えて、ほとんどの夜のコンサートと夜は、聖ジェームズ教会、聖ジル教会、カルメル会教会、聖アン教会などの教会で開催されます聖ヴァルブルガ教会、ブルージュの他の歴史的な場所(Stadsschouwburgまたは市庁舎)およびブルージュの近く(Ter Doestの納屋やLissewege教会など)。場所は、部屋の音響と演奏される音楽の時間の精神に応じて選択されます。
フェスティバル期間中は、ブルージュの鐘楼のホールで、歴史的な楽器と販売されている新しい楽器の見本市についての展示も行われます。特にトリエンナーレのチェンバロとピアノフォルテの博覧会は世界的に有名です。 VéloBaroque 2013年、MAフェスティバルは、一連のコンサートとブルージュの田園地帯を巡る自転車ツアーを組み合わせた、新しいコンセプトのヴェロバロックで充実しました。それ以来、毎年開催されています。コロナ危機のため、2020年になって初めてこれを行うことができませんでした。
毎年恒例のテーマ
1964年:オルガンウィーク
1965年:ヨハン・セバスチャン・バッハ・ウィーク
1966年:ポリフォニーウィークとヴィヴァルディウィーク
1967年:ゲオルクフリードリッヒヘンデルウィーク
1968年:ヨハン・セバスチャン・バッハと同時代の人々
1969年:バロックとルネッサンスを聞く
1970年:英語音楽の週
1971年:ヨハン・セバスチャン・バッハとその同時代人
1972年:ボーカルアートの勝利
1973年:ムジカブリタニカ
1974:ムジカポリフォニカ
1975:モンテヴェルディ-モーツァルト
1976年:ムジカブリタニカ
1977年:ヨハン・セバスチャン・バッハとその同時代人
1978年:ラテン世界-ヴィヴァルディウィーク
1979年:ムジカアンティクア
1980年:ムジカアンティクア:パーティーコンサート
1981年:ムジカアンティクア
1982年:ムジカアンティクア
1983年:バロックからクラシックへ
1984年:ラテン世界のパノラマ
1985年:音楽の王子
1986年:バロックからクラシックへ
1987年:ラテン世界
1988:ムジカブリタニカ
1989年:ウィーンとブリュッセルのチャペルマスターズ
1990年:ラテン世界
1991年:ムジカブリタニカ-ヴィヴァルディとヴェネツィア-モーツァルトと同時代人
1992:Spanje en de NieuweWereld-バッハと同時代人
1993年:中世から初期のロマン主義まで
1994:ムジカブリタニカ-ムジカサクラ
1995年:バッハと同時代人-ヘンリーパーセル
1996年:地中海世界-オーストリアの千年
1997年:ムジカサクラ-ムジカブリタニカ
1998年:バッハと同時代人
1999年:啓蒙時代
2000:ムジカサクラ-ムジカブリタニカ
2001年:バッハと同時代人
2002:Musica Festiva-Musica Polyphonica-Musica Medditeranea
2003:ムジカフェスティバ-ムジカサクラ-ムジカブリタニカ
2004年:バッハについて
2005:MusicaAntiquaのコーパス
2006年:ベネチア-モーツァルト
2007年:L’Annéed’Orphée&Paris
2008:ルール・ブリタニア!
2009年:古楽の現代
2010年:オリエント急行
2011年:証-生と死への賛美
2012:Triste plaisir et douloureuse joye
2013年:このお祭りを祝う
2014:メタモルフォーゼ
2015年:オムニアヴァニタス
2016年:愚かさの称賛
2017:La Divina Commedia
2018:Cherchez la femme
2019:ExMachina。神、人、そして機械
2020:古楽への窓
2021:心と体
パートナー
Concertgebouwブルージュ
フランダースの祭り Nationale Loterij スタッドブルージュ
クララ
コンサバトリーブルージュ
邪悪なペンギンTV Outhere Music Westtoer
フェスティバルミュージカルデュエノー
VlaanderenのFederatievan Muziekfestivals(FMiV)
欧州フェスティバル協会
Rema –ヨーロッパの古楽
Orgelmaker deMunck-Claessens
ボザール
文献
Programmabrochures 1964〜2021
Robrecht Dewitte:40 Jaar Musica Antiqua、1964-2003、ブルージュ、2003 CD 2013年以来、MAコンペティションの候補者の1人は、国際的に知られているリチェルカーレのレーベルでCDを録音する機会を与えられています。
ボビーミッチェル– 2013
Jan Van Hoecke – 2014
ジャスティンテイラー– 2015
川口成彦– 2016
Evgeny Sviridov – 2017
アンドレア・ブッカレラ– 2018
Aurelia Visovan-2020
外部リンク
MAフェスティバルのウェブサイト(英語、フランス語、オランダ語)
MAコンペティションのウェブサイト(英語)
ブルージュハープシコードウィーク1974ハワードショット
Instagram : https ://www.instagram.com/mafestival_brugge/
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCbpgA7xLlCK4md0ew0ogApQ/about

投稿日:
カテゴリー: M