MAŤO

MAŤO

 「MAŤO」  
 「MAŤO」  
マト(マタイ)であった8ビットの パーソナルコンピュータ前者で製造チェコスロバキア彼らの主な目的は、安価に可能な限りパーソナルコンピュータを製造することであった1989年から1992年まで、ŠtátnymajetokZávadkaS.P.、ZávadkaNAD Hronomによって、及びそのため、自己組織化キットとしても販売されました。これは基本的に変更されたPMD85でしたが、下位互換性はありませんでした。これは、市場への到着が遅れたことと相まって、MAŤOを商業的に失敗させました。
マオ
仕様
MHB 8080A 2.048 MHz CPU
48 KB RAM
16 KB ROM
システムモニターと組み込みのBASIC – Gまたはシンプルなゲーム
テープレコーダーインターフェース
単色 テレビ出力
288×256の解像度
内蔵電源
外部リンク
Old-computers.com-Mato
マオ(チェコ)
PMD85のエミュレーターおよびWin32との互換性
Stub icon   このコンピューティング記事はスタブです。

投稿日:
カテゴリー: M